令和最後の刑部岬です  震災後のまちづくり NPO光と風
        令和1年の最後を彩る刑部岬
 刑部岬は市の観光関係者が秋口から周辺の雑草・雑木など刈り取り市独自な景観の創出を手掛けて来ている。その一つとして年末に飯岡灯台・展望台へイルミネーションの展示である。従来の夕陽・夜景のイメージに一つ付加出来無いかな!      

          クリックすると元のサイズで表示します
          クリックすると元のサイズで表示します
4

 

新発売!厳選 極上さば寿し  地域産品の創出
      「厳選 極上さば寿し」とは
 11月後半から秋サバが銚子港に水揚げされて来た。一日に5000トン前後のサバの水揚げである。その中から重さが1Kという大型サバを厳選!この朝穫れサバを他に例の無い熟成タレ製法(特許製法)で特製の箱を設え「極上の鯖寿し」をお土産品として定価¥3,000(税込み)販売することになった。
 従来の鯖寿司とは製法が異なるばかりか期間・個数限定である。試食の感想からはその味覚も従来のイメージをくつがえすのではないのか!という意見を頂いている。
 海辺里でのお持ち帰り品は¥1,800(800グラム)ですがお土産品「特製の箱入り」を¥2,100
として販売することにしました。
           脂がのった重さ1キロのサバ 
       
          クリックすると元のサイズで表示します

         海辺里 店内のチラシより
           「厳選 極上サバ寿し」

               クリックすると元のサイズで表示します
5

 

「銚子極上鯖うめぃもん水煮」缶詰  地域産品の創出
    厳選 銚子うめぃもん鯖缶詰
 11月の末から銚子港に秋サバが水揚げされ始めた。研究会では昨年に続き信田缶詰(株)に製造を依頼した。今週の月曜日(12月9日)水揚げされた6000トンから700グラム以上を選別
し手作業で製造、来週のそうそうにはラベルを貼り600個の限定で販売することになった。
 味が馴染むに3ヶ月を要するので食べ頃は春先になるとのこと。大変美味しかったと昨年の感想が寄せられらている。 値段は1缶 ¥1500円 
 海辺里ではレストラン内で販売、同時に厳選された1キログラムの生サバから製造する「厳選 極上さば寿し」を店頭で販売の予定としている。

          ラベルの表示

      クリックすると元のサイズで表示します

      クリックすると元のサイズで表示します
      クリックすると元のサイズで表示します
7

 

第4回旭いいおか文芸賞  旭いいおか文芸賞「海へ」
        文芸賞拡大委員会の開催  
 12月9日文芸賞実行委員会は審査委員会の審査が終わり今後の作業について話し合った。
@第4回の応募総数は全国各地から1746点、昨年は1568点で増えている。
A11月20日第2回目の予備審査会で入選候補が30点に絞られた。
B佳作候補に56点が決められた。
 今後の予定として25日までに応募者への結果を報告、2月に朗読練習会など3月1日本審査会まで了承された。 

            拡大委員会 
       クリックすると元のサイズで表示します

       
クリックすると元のサイズで表示します
6

 

サバの水揚げが始まりました  食によるまちづくり
     第10回銚子極上サバ料理祭の開催
 今月23日からさば料理祭を開催したがサバの水揚げが無く心配していたが先週が4500トン、昨日が5500トンと大きな漁なった。というのも岩手、宮城の港では漁の受け入れが満杯で銚子に集中しているとのこと、当施設の仕入れは先週が600g、今週は800gと大きく且つ脂が乗って来た。
 これで脂がのった秋サバを用いた例年同様の祭りを開催出来そうだ。当店では800グラム以上のサバを用いた特上熟成鯖寿し(1800円)が好評である。
           サバの水揚げ

       
       
 クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

さば祭りチラシ
       クリックすると元のサイズで表示します
7


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ