飯岡ふぐ鍋祭り  食によるまちづくり
     第16回目のふぐ鍋祭り
 12月1日からふぐ鍋祭りを開催中です。今日(12月16日)朝のフジテレビ番組で千葉県の「千葉の贈り物」でふぐ鍋祭りが放映されました。ふぐ刺し付きで¥4200円という割安な料金!予約の電話をたくさん頂いています。千葉県インターネット放映中
 また、1月4日にはベイFMで千葉県の旬をご紹介するChiba Prefecture UPDATES!で旭市で開催中の『飯岡ふぐ鍋祭り』をピックアップする予定です。


 アツアツのふぐ鍋
クリックすると元のサイズで表示します

 ふぐ鍋祭りの紹介
クリックすると元のサイズで表示します

 組合でお持てなし
クリックすると元のサイズで表示します
6

 

横芝光町社会福祉協議会防災教室  NPO光と風 防災教室
    12月12日午後、横芝光町社会福祉協議会の皆さん(16名)がNPO光と風が主催する防災教室に参加、交流会として飯岡地区にお出でになり仮設住宅、防潮堤の見学、防災資料館では展示資料の見学、そして旭市赤十字奉仕団の平澤つぎ子氏を講師味に迎え「東日本大震災からマナ防災」をテーマに「いいおか津波」の被災から復興に至る講演を受講されました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
4

 

12,11城西国際大学防災教室  NPO光と風 防災教室
      テーマ 地域における防災教室を通した子育て支援
 12月11日東金市にある城西国際大学で子供コース、ソーシャルサービスコースの3,4年生を対象に実践的な活動に役立つ講演会に参加しました。
 主な内容は
@NPO光と風副理事長・千葉科学大学教授の船倉教授による地域での親子防災教室・防災ャンプの活動」と紙芝居「がんばれ まーくん」、「赤防災ずきんちゃん」、質疑応答など。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
5

 

「銚子極上鯖うめぃもん水煮」缶詰  地域産品の創出
   極上鯖うめぃもん水煮缶の製造・販売

銚子産サバの価値向上を目指し発足した千葉科学大学の産学連携事業は12月8日(土)銚子青魚ブランド化委員会、銚子電鉄(株)、銚子うめぃもん研究会による「3891(サバ食い)列車」の運行イベントを開催。
 銚子うめぇもん研究会では極上さば料理祭にちなみサバ料理の提供、犬吠駅前にてさばのお土産品の販売、そして「銚子極上鯖うめぃもん水煮」缶詰の試食で参画いたしました。
 特に「銚子極上鯖うめぃもん水煮」については信田缶詰(株)のご協力により、従来困難とされた「11月からの生サバ、700グラム以上の希少サバ、手作業での加工・詰め込み作業」による製品が出来上がりました。
 この缶詰は現在のところ究極のサバ缶、日本一水揚げが多い銚子で日本一高い価格¥1500円、3か月後に食べ頃の熟成サバ缶、個数限定(500個)を製品に付して、うめぃもん研究会メンバーの店舗で販売を開始することになりました。

◎NHKひるまえほっと12月19日(水)11:05〜11:30「銚子のサバ」特集
◎12月8日取材フジテレビ「新説!所JAPAN]で1月下旬「日本人とサバ缶」特集

    
   銚子 信田缶詰工場での製造
クリックすると元のサイズで表示します       缶への詰め込み
クリックすると元のサイズで表示します

  出来上がったうめぃもん水煮缶
クリックすると元のサイズで表示します
4

 

第3回旭いいおか文芸賞の応募報告  旭いいおか文芸賞「海へ」
 文芸賞の審査会を開きました
 9月に応募を締め切り、その後11月14日、21日に審査会を開きました。全国各地からの応募総数は1598点、昨年は1613点でしたのでほんの少し減っています。審査会では多くの時間を費やし34点に絞られましたがこれから最終の審査を行い、12月に予備審査通過者のみにその結果をお知らせすることになっています。応募された皆様にはご苦労様でした。
 お問い合わせは旭いいおか文芸賞実行委員会事務局まで 0479-57-5769
 審査会の様子

クリックすると元のサイズで表示します

 2月17日の本審査会に向けてのチラシ
クリックすると元のサイズで表示します
5


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ