影絵と防災紙芝居  紙芝居
   旭中央小お話ボランティアの影絵とNPO光と風の防災紙芝居
 6月24日、旭市中央小学校の体育館で低学年、高学年の生徒さんを対象にNPO光と風では「防災赤ずきんちゃん、お話ボランティアでは「花さきやま」を上演し好評を頂きました。
    防災赤ずきんちゃんを上演した紙芝居劇団「ふく」のメンバー

        クリックすると元のサイズで表示します

    旭中央小お話ボランティアの皆さんと一緒に

        クリックすると元のサイズで表示します
6

 

旭いいおか文芸賞出版記念  旭いいおか文芸賞「海へ」
 2019作品集出版記念を兼ねて高橋順子氏の講話と第4回文芸賞募集要項の発表が6月23日に行われる。会場は千葉県東部図書館3階、午後1時30分から3時45分まで 作品集は入選者に無料で配布されます。

           案  内    

      クリックすると元のサイズで表示します

           高橋順子さん
      クリックすると元のサイズで表示します
8

 

志木市いろはの会防災教室  NPO光と風 防災教室
   埼玉県志木市の民生委員の皆さんが飯岡地区を訪ねNPO法人光と風の防災教室に参加しました。51名の皆さんは10時半から避難タワーを見学、防災資料館でビデオ視聴、その後防潮提の見学、ユートピアセンター内で語り部の小野さんから被災体験を聞き交流しました。
 今年の1月には同じく志木市の商工会青年部の皆さん30名の方がお出でになり防災教室に参加しています。
           防災資料館でビデオ視聴

       クリックすると元のサイズで表示します
           防潮堤の見学
        クリックすると元のサイズで表示します
           語りべの小野芳子さん
        クリックすると元のサイズで表示します
9

 

旭いいおか文芸賞作品集  旭いいおか文芸賞「海へ」
 旭いいおか文芸賞作品集の発行のお知らせ
 この作品集は応募者が会場に集まり自筆原稿を読み・歌い・パホーマンスで表現し、語り継ぐことへの実践である。その編集も終わり印刷中である。19日に出来上がり23日に出版記念が開かれる。その内容はB5サイズ(横置き)
ISBNコード付き
ページ数  80ページ 
冊数   300冊
出版日  6月19日
扉もくじモノクロ  4ページ
写真カラー     8ページ
本文カラー    48ページ(原稿用紙コピー)
あとがきモノクロ 20ページ(佳作リスト・審査委員講評等)
定価は\1500円、予約は\1300円


問い合わせ先 NPO光と風事務局 0479−57−5777まで

             表紙   
   
      クリックすると元のサイズで表示します
   大賞に選ばれた作品 楽しい運動会
      クリックすると元のサイズで表示します
      受賞写真
         クリックすると元のサイズで表示します
8

 

銚子うめぃもん入梅いわし祭り  食によるまちづくり
    入梅いわし祭りの開催

 銚子うめぃもん研究会は6月1日から7月31日までイベント開催、銚子市、旭市、茨城県神栖(かみす)市にある参加店舗で、「入梅いわし おまかせ御膳(ごぜん)」を提供しています。
 銚子港は日本一の水揚港として知られているがこの時期のイワシはちょうど沖合で黒潮と親潮がぶつかりそこに利根川からの淡水も加わり、プランクトンが豊富に発生する好漁場となっている。
 水揚げされるイワシは太って丸みを帯び、1年の中で最も脂るのが6月から7月にかけての梅雨の時期。特別に「入梅いわし」と呼ばれている。
濃い口の特製ダレと入梅いわしとの相性で「漬けどんぶり」、揚げ物、つみれ汁、それに各店おまかせの何品かを加えて、2500円のコースで料理が味わえる。
◎6月12日朝日新聞朝刊「天声人語」で入梅いわしが取り上げられた。うめぃもん研究会のメンバーである「膳」の長谷川さんを取材、入梅いわしまつりが紹介された。

        おまかせ御膳の例      

        クリックすると元のサイズで表示します
        案内チラシ
        クリックすると元のサイズで表示します
        
6


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ