渚を考える!侵食の神奈川から報告  自然災害との付き合い
      侵食が進む神奈川県西湘から
 今月の始めから神奈川新聞で「砂浜漂流」と題し6回にわたった砂浜の再生記事が届いた。この記事を追った渡辺 渉記者は8年前から「いいおか津波」を取材、毎年のように紙面をさいて報道していただいている。
 旧飯岡の屏風ヶ浦は鎌倉時代から6キロも後退を余儀なくされ文字通りの侵食の歴史であった。そして暮らしを奪う波除けに注いだ地域と住民の思いは今で語り草となっている。あの湘南が今、台風や高波・高潮で海岸の侵食が進行し、海岸の風景は一変し観光への影響も出始めているという。
 九十九里浜は自然的な海岸がほぼ全滅し人工的な護岸により海岸の姿は一変している。これとどう付き合って行くのか定かではない。

◎神奈川新聞「カナロコ」記事
     

           神奈川新聞の紙面
     
   クリックすると元のサイズで表示します

    クリックすると元のサイズで表示します
5

 

旭いいおか文芸賞「海へ」の活動報告  旭いいおか文芸賞「海へ」
 第4回旭いいおか文芸賞の日程を令和2年3月8日から3月1日(日)に変更 
 5月15日「高橋順子を囲む会」の拡大役員会があった。当面の活動と6月23日の「2019作品集・高橋順子・講話」について確認した。作品集はほぼ編集が終わり最終的な修正に移った。
 作品集では千葉文化遺産(県内の文化資産のうち、県民参加により選定した、多様で豊かなちば文化の魅力を特徴づけるモノやコト)のことが話題になった。隣の銚子市で数箇所が選定されたが旭市はゼロであった。ただ、旭市・東庄町のまたがる「天保水滸伝を伝えるゆかりの地が選定された。その内容は飢饉や疲弊で社会不安な天保時代(1830〜44年)に実在した、笹川繁蔵と飯岡助五郎の二人の侠客の勢力争いは、「天保水滸伝」という物語で浪曲や講談、そして映画となり有名となりました。町にはゆかりの品や場所も多く残り昔から語り伝えられてきました。」
 そういえば行政から「千葉文化遺産」の情報が伝えられていなかった。住民も関心することなく地域の将来へ投票する機会を失った。
 3月に「飯岡の幕末を考える会」で飯岡助五郎を見直すこともあって7月12日(金)「天保水滸伝史跡バスツアーを計画、選定された史跡の見学となり参加者を募っている。問い合せはNPO光と風事務局まで0479−57−5777
 

            役員会
    
     クリックすると元のサイズで表示します
           文化遺産
       クリックすると元のサイズで表示します
県のホームページより
[天保水滸伝を伝える ゆかりの地]
飢饉や疲弊で社会不安な天保時代(1830〜44年)に実在した、笹川繁蔵と飯岡助五郎の 二人の侠客の勢力争いは、「天保水滸伝」という物語で浪曲や講談、そして映画となり 有名となりました。町にはゆかりの品や場所も多く残り昔から語り伝えられてきまし た。 旭市 東庄町
5

 

       平成最後の食事
 明日から令和の時代を迎え、今宵は平成最後の食事になります。テレビのアンケートで二番目は焼き肉、一番は「寿し」だそうです。
 宿泊業という業では夕食のテーブルに地魚寿しの盛り合わせにさせて頂きました。さば寿し・さんま寿し・さより寿し・ほうぼう寿し・花鯛寿し・など
 個々の日常でどう迎えるか!平成の有り様に従い令和の行方を占って見ては!

         クリックすると元のサイズで表示します
6

 

「恋する灯台」飯岡灯台へ行こう!  飯岡地区の観光
飯岡灯台は戦後飯岡港の完成に伴い、航行する船舶の道しるべとして昭和31年10月31日に設置、コンクリート造りの白タイル張り高さ9,8メートルの建物である。技術の進歩でその役割を風前の灯火となっているが昨年8月14日日本ロマンチスト協会からロマンスの聖地にふさわしい魅力的な観光資源として「恋する灯台」に選ばれた。
 旭市観光物産協会はGWの期間、「恋する飯岡灯台へ行こう」!キャンペーンを行っている。灯台にあるスタンプを押した台紙を見せると協力店でのサービスを受けられる。恋愛中の皆さん、是非訪れては!
                飯岡灯台−1       
        クリックすると元のサイズで表示します

                飯岡灯台−2           
           クリックすると元のサイズで表示します

                飯岡港から夕日の灯台
           クリックすると元のサイズで表示します
5

 

文芸賞・NPO光と風の当面の活動予定  震災後のまちづくり NPO光と風
 
 第3回文芸賞の報告も終わり第4回に向けて活動を始めました。

     当面の活動予定

6月 6日(木)防災教室 志木市民生委員様 55名
6月 9日(日)防災教室 千葉県防災ボランティア第6ブロック様 30名
6月23日(日)旭いいおか文芸賞作品集発行記念・郷土の詩人高橋順子講話
         第4回文芸賞募集の発表  県立東部図書館3F PM13:15より
6月24日(月)紙芝居 旭市中央小学校AM9:30より
7月 1日 天保水滸伝史跡巡り研修バスツアー
7月12日(金)NPO光と風定例総会 
8月 1日(木)防災教室 千葉教育センター様 30名
8月 8日(木)千葉科学大学教員免許更新講習会
9月 1日(日)第4回文芸賞応募受付開始
9月      紙芝居 福祉センター予定
10月30日(水)講演・紙芝居 生涯大学東総学園
11月 2日(土)紙芝居 多古町文化協会
11月 3日(日)展示・紙芝居 旭文化祭

       6月23日旭いいおか文芸賞作品集発行記念・郷土の詩人高橋順子講話
      
クリックすると元のサイズで表示します
6


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ