避難道(遊歩道)の清掃  飯岡津波 復興への歩み
     旭市防災士・介助士ネットワークの活動
 10月13日、旭市飯岡地区の下永井と上永井を結ぶ遊歩道(旧銚子海道)の清掃を企画、避難誘導訓練を兼ねて実施した。
 多忙の中、木更津ロータリークラブの渡邊さんが昨年に続いてボランティアの仲間20数名を引き連れ参加して頂いた。遊歩道・海津見神社(永井の妙見様)の清掃を汗水流しながらの作業となった。
 先々は避難道として整備するに当たり調査をすること、花と緑で旭を元気にするプロジェクトの一環にすること、市民の散歩道にすること、などを目指していきたいと考えている。
写真の2番目は清掃後の写真、3番目は雑草を刈り込ん後の海津見神社(天の岩笛)
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
3

 

復興かわら版25号  飯岡津波 復興への歩み
      復興かわら版25号
 8月にNHK千葉・千葉大学園芸学部・旭市との協働事業として「花と緑で旭を元気にするプロジェクト」が発足することになった。協議会を作り9月から本格的な活動を開始した。来年3月に併せてイベントの開催まで地元の町内会を中心に取り組むことになる。
 裏面では震災から3年目の夏、海の現状、また、実行委員会に参画する活動団体の報告・予定を掲載した。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
2

 

小泉進次郎 「TEAM−11」いいおか訪問  飯岡津波 復興への歩み
    8月11日小泉進次郎「TEAM11」被災地いいおかを訪問
 当日は復興どんぶりと磯がきを昼食として当店で食べることになった。自民党の青年局などバスで27名、地元の衆議院議員や旭市長などが加わり37名が一堂に会した。
 小泉氏も大きな磯がきは始めてとあって興味を示された。磯がきの説明やカキ採りの漁師を紹介したり、帰りには写真を撮りたいなど気さくな一面を示した。
 小泉氏のブログ

 クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
3

 

復興かわら版24号  飯岡津波 復興への歩み
     いいおか津波復興かわら版24号ー2
 今月号では旧「食彩の宿 いいおか荘」の再開を取上げた。屋上は緊急避難場所、2,3階は民間事業者による宿泊施設、1階の1部分は震災祈念館の利用が確定している。
 このスペースは今月中に実施設計に入り年内には工事が完了の予定という。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
3

 

防災教室ー4  飯岡津波 復興への歩み
     柏市大木戸町会の皆さん
 会長の石戸さんとは以前からの知り合いで今回の企画になった次第です。
11時に刑部岬展望館に到着、仮設住宅、避難タワーを見学。昼食は復興どんぶり、午後は語り部さんとの交流、おみやげ品の購入、再建した山中食品の工場見学し帰途に着きました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ