飯岡歴史民族資料館見学会  震災後のまちづくり NPO光と風
      飯岡歴史民俗資料館の閉館
 以前から旭市教育委員会では耐震性などもあって閉館とすることを決めていました。残念ながら3月末を持って閉館、旧飯岡町の歴史・文化財の資料は地域の人々から遠い存在になって行きます。
 飯岡歴史民俗資料館は旧飯岡町が昭和54年10月1日会館、農業、漁業水産、家庭用品、商業、古い考古関係などが展示されて来ました。そして事務室の隣にある小さな展示室には伊藤實先生が寄贈した天保水滸伝関係、特に飯岡助五郎関係の資料が展示されていました。なお、これらの天保水滸伝関係は、ユートピアセンターに展示する計画とのことです。
 このため最後の機会として見学会(観覧)を下記の日程で企画しました。観覧は自由ですのでお気軽にお出で下さい。
3月18日千葉日報東総版「旭・飯岡の歴史伝え40年 歴史民俗資料館閉館惜しみ29日見学会 地元NPO」記事掲載
4月16日東京新聞「親子で学べるスポット」飯岡歴史民俗資料館閉鎖の取材記事掲載
会場 飯岡歴史民俗資料館 旭市横根1355−9
日時 2020年3月29日 午前10時(開館)〜午後3時(閉館)
内容 1.自由観覧
   2.その他としてユートピアセンターの玄関ホールで
     ちば見聞録(天保水滸伝)ちば見聞録(九十九里海岸)などの視聴を予定。
   3,問合せ先
      NPO光と風 ☎0479−57−5777 渡邉 090−8747−5684
            資料館全景
      クリックすると元のサイズで表示します
            伊藤実先生の助五郎関係資料      
      クリックすると元のサイズで表示します
            資料の一つ飯岡土人形      
      クリックすると元のサイズで表示します
5

 

令和最後の刑部岬です  震災後のまちづくり NPO光と風
        令和1年の最後を彩る刑部岬
 刑部岬は市の観光関係者が秋口から周辺の雑草・雑木など刈り取り市独自な景観の創出を手掛けて来ている。その一つとして年末に飯岡灯台・展望台へイルミネーションの展示である。従来の夕陽・夜景のイメージに一つ付加出来無いかな!      

          クリックすると元のサイズで表示します
          クリックすると元のサイズで表示します
4

 

第15回旭市文化祭  震災後のまちづくり NPO光と風
    第15回旭市文化祭の開催
 11月2日、3日旭市文化祭で展示部門が旭市文化協会の主催でいいおかユートピアセンターで開かれた。
 これに参加した「海への会」(旭いいおか文芸賞「海へ」の略称)では文芸部発行の「あさひ文学」で千葉科学大学の船倉武夫がエッセイ「天保水滸伝を伝えるゆかりの地」、さざなみ俳句会の宮崎富士子が同じくエッセイ「「生きる」を発表した。
 同日、ユートピアセンターの1階で「海への会」はこれまでの「旭いいおか文芸賞」の作品やポスター、作品集など展示した。
 昨年までは合併前の旭地区・飯岡地区・干潟地区・海上地区で開かれ年に一度、会員が手作りの作品を持ち寄り交流と地域住民との楽しいひとときを過ごして来た。ところが今年からは「全地区合同」というなのもとに芸能部門と文化部門に別れて開催された。永年積み重ねて来た地域の文化が合併とう流れの行き着く先でこれからどうなって行くのか不問のまま漂流し始めた。
 
           「海への会」展示
    クリックすると元のサイズで表示します
           「あさひ文学」
      クリックすると元のサイズで表示します
4

 

台風15号その後(NPO光と風の被害)  震災後のまちづくり NPO光と風
 15号が千葉県に来襲してからまもなく1ヶ月になります。各地で強風と停電の長期化に伴い被害を様々な問題を引き起こしました。NPO光と風の事務所では強風で屋根が反り返り雨水が室内に入り書類・コピー・パソコン・電話など使用不能の事態になりました。また、建ててから十数年を経過し修繕より建て替えることを業者から進められました。
 止む無く事務所を移転することになり光回線を接続しその機能を回復するのに3周間を要した。そして幾つかの問題点を抱えることなっています。
@事務所の閉鎖に伴い使用不能になった粗大ゴミがは発生、これを運搬するのに軽自動車等が必要となり借用頂ければ助かります。 電話090-8747-5684 渡邉まで
A飯岡助五郎関係の資料について持ち主の伊藤 實先生より預かっていましたので市の生涯学習課と相談、その処遇について協議することになりました。
 その他当面の事業運営は何とか乗り切れそうです。
10月8日(火)千葉日報東総版取材記事掲載
◎台風19号は宿泊施設のガラス窓の破損等で済みましたが予約のキャンセルが多くなっています。
     クリックすると元のサイズで表示します


     クリックすると元のサイズで表示します
5

 

第4回旭いいおか文芸賞の応募  震災後のまちづくり NPO光と風
    第4回旭いいおか文芸賞の応募について
 2020第4回旭いいおか文芸賞の本審査会に向けて11月5日の締切の応募を始めました。公募ガイドの9月号(8月9日発行)に掲載されます。昨年度は地元を始め全国各地から1598点の応募がありました。震災・災害を後世に伝えることはいざという避難・その想像力を発揮する知力の養成に繋がります。下記の応募要項に従いお申し込み下さい。

          チラシ
    クリックすると元のサイズで表示します
          
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
5


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ