詩人 高橋順子講演会の案内  震災後のまちづくり NPO光と風
   東日本大震災5周年祈念チャリティー「高橋順子講演会」の案内
 平成28年2月27日(土)千葉県東総文化開館で「読み書き歌い語り継ぐ 高橋順子 海へ」と題し講演会を開催することになった。
 これまでに講演の内容も決まり、共催、後援、協力等の依頼も済みチラシの原案が出来上がった。
 7月に発足した総会で「私たちは震災以来、この震災の記憶を次世代へと語り継ぐこと、そして震災をばねにして旭いいおかの復興まちづくりを目指す活動をしてきました。その活動の一つとして、「高橋順子さんを囲む会」をたちあげました。その目的は、郷土が生んだ詩人・高橋順子さんを囲んで、特に文化的活動に若い人たちの参加を呼びかけることで、震災で疲弊したまちの活性化と、まちの文化の発展にも寄与したいと考えました。あわせて、震災の記憶を語り継ぎ、震災などで疲弊した心の支援をめざす機会としたい」と趣旨を確認した。
 その後、集まりを重ねて先々に 旭いいおか文芸賞「海へ」の創設の準備委員会を目指し2月27日の講演会に至った次第である。

  ◎ 高橋順子を囲む会の会員募集

 7月の発足以来、定例会や寄付の募集などを通じて会への参加をお願いしている。
 地域では詩などの文芸的な活動は目立たない存在である。ありふれた言葉でいえば風土として蓄積を呼び込むほどその営みは皆無に等しいと考えられる。可能性からはある面では未開発の土地でもある。
 今回の震災を通じ詩人高橋順子の存在を介し、元禄以来の時間と予感される地域の消滅が呼び込まれた。こうした中で人づてに会への参加をお願いし募集をしたところ、12月11日現在で会員が54名となった。
 会費は年1000円、本会の趣旨に賛同される会員を募集しています。
 問い合わせはNPO法人 光と風内「高橋順子を囲む会」
            電話 0479−57−5769  
  

 チラシの原案
 
クリックすると元のサイズで表示します
2

 

自然から学ぶこども防災キャンプ  震災後のまちづくり NPO光と風
        こども防災キャンプ参加者募集
 わたしたちは東日本大震災で大きな被害があった千葉県旭市を拠点として、復興観光まちづくり活動をしています。「まちづくり」は「ひとづくり」から始まると考え、震災の年の夏から、市民ボランティアによる防災教室を開催してきています。
2014年秋、海上キャンプ場で親子防災キャンプを行いました。とても好評で、今年の夏、教員免許状更新講習(千葉科学大学)で防災教育の実例として現職の先生方へ内容を紹介もしました。
2015年秋、「子どもゆめ基金」の助成が決まり、内容をより充実しました。ぜひ、ご参加ください。
 問い合わせ・お申し込み  NPO光と風 0479-57-5769 fax0479-57-5769

  募集チラシ

クリックすると元のサイズで表示します

親子で防災キャンプ体験教室 11月7日(土)〜8日(日)宿泊プログラム

クリックすると元のサイズで表示します

 「自然の中で学ぶ 旭で親子キャンプ」

朝日新聞は親子防災キャンプを取材、11月17日千葉版で掲載
 
2

 

日韓文化交流 韓国浦項市中学生防災教室  震災後のまちづくり NPO光と風
       浦項市中学生、日韓文化交流として防災教室参加
 8月6日、韓国浦項(ポハン)市国際協力観光課の皆さんが旭市いいおか地区を訪ね防災教室に参加しました。一行32名の皆さんがバスで訪れ資料館・仮設住宅の見学、語り部には小野芳子さん、紙芝居の上演を行い交流を行いました。
 
 仮設住宅の見学
 クリックすると元のサイズで表示します


 劇団「ふく」による防災紙芝居
 クリックすると元のサイズで表示します

 記念写真
 クリックすると元のサイズで表示します
2

 

NPO光と風の総会&まちづくり円卓会議  震災後のまちづくり NPO光と風
        NPO光と風総会及び円卓会議の報告
 7月22日NPO光と風の通常総会を開催しました。暑さ厳しいなか出席されました会員の皆様にはご苦労さまでした。
 次第により定款に従って昨年度の活動報告、決算報告、そして本年度の事業計画、予算について審議いただき、一部修正のうえ了承頂きましたので報告いたします。議事録については追って報告の予定です。

 この総会の前に円卓会議を開きました。その内容は
◎詩人「高橋順子さんを囲む会」
  :発足と27年度の活動について
  :「海へ」詩の朗読

◎旭市における観光客の受け入れ“オモテナシ”
 夏の観光シーズンが始まり、観光の拠点「旧食彩の宿いいおか荘」が、今夏、「いいおか潮騒ホテル」として再開、今秋には道の駅「季楽里」が新設による新たな観光客や、防災教室、海釣り、サーフィンなどの目的に沿った方をお迎えするに当たり新たな「旭のオモテナシ」について参加者、関係者から意見の交換を行いました。

NPO総会                     
                                                                             

                                 
クリックすると元のサイズで表示します

円卓会議

クリックすると元のサイズで表示します
2

 

高橋順子さんを囲む会  震災後のまちづくり NPO光と風
       「高橋順子さんを囲む会」設立総会
 7月8日、NPO光と風主催で「高橋順子さんを囲む会」設立総会を開催した。
 ことの発端は昨年の10月26日、日本経済新聞の文化欄に「津波の安全神話」と題し記事が掲載された。
 この震災を後世に伝えようとして活動してきた訳だが、遠く離れた地で我がことのように語り伝える一人の詩人の姿に率直に言ってこころを打たれたといっていい。そして、震災と生まれ育った古里への思いを「海へ」という詩集の形で出版され藤村記念暦程賞と三好達治賞のダブル賞を受賞された。
 震災から4年、語り伝えることは次の世代に引き継ぐ時期に差し掛かっていたこともあり、郷土が生んだ詩人高橋順子さんの詩と古里への思いを通して何か出来ることはないかと何人かに呼びかけた。
 話を重ねるうちに取り敢えずは「高橋順子さんを囲む会」と作ることになり高橋さんに伝えたところ快諾いただいた。
こうした経緯で本日の総会に至った次第である。
   今後の主な活動予定
@講演会 平成28年2月27日(土)県立東総文化会館
A高橋順子作品展 平成28年1月から3月まで 県立東部図書館
B平成29年度 「海へ」文学賞の創設
C詩の朗読会・紙芝居など随時

7月12日読売新聞千葉版取材記事「詩人の作品で震災を語る」掲載

 設立総会

クリックすると元のサイズで表示します
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ