千葉科学大学教員免許更新講習  NPO光と風 防災教室
    平成27年度教員免許更新講習
 例年実施されている講習会にNPO光と風として「防災教育のかたち 旭・飯岡被災地編」に協力しました。
 8月4日、午前中は避難タワー(車いす体験)・防災資料館・仮設住宅見学・避難道、そして午後からは海上キャンプ場で
@オリエンテーション
A食の確保・湯を沸かす
B紙芝居・詩の朗読・語り部・歌唱(稲むらの火)
C試食・意見交換
など「家族、保護者との安否確認が出来、引き渡すまで学校で保護する事になった生徒を指導し、一夜を明かす」という設定条件で実施されました。

*海上キャンプ場を活用した防災教室について
 今年度「子どもゆめ基金」に応募していましたが発表があり採択されました。
 受給者 NPO法人 光と風
 プログラム 自然から学ぶこども防災体験キャンプ(宿泊型)
 会 場 海上キャンプ場
     旭市・銚子市・東庄町・神栖市などの広報紙に体験キャンプ応募の知らせをお願いする予定です。

 種火と焚き火を起こす法
クリックすると元のサイズで表示します

 語り部との交流
クリックすると元のサイズで表示します

 食事
クリックすると元のサイズで表示します
2

 

学校法人YWCA他防災教室  NPO光と風 防災教室
      女子学園他関東地区中高YWCAの皆さん
 7月30日、31日、8月1日に跨り、夏期講習として50数名の学生及び先生方が訪れました。30日は夜にユートピアセンターで劇団「ふく」の紙芝居、語り部との交流、翌31日は資料館・仮設住宅の見学、そしてジオパークとして刑部岬・屏風ヶ浦の見学(地質など)、午後には海上キャンプ場で防災時の応対として「火の興し方」、「防災食」、「川や池の水をきれいにする方法」など厳しい暑さの中で奮闘しました。

 屏風ヶ浦海岸でジオパーク体験
 クリックすると元のサイズで表示します
 海上キャンプ場で防災食
 クリックすると元のサイズで表示します
2

 

防災教室「日韓文化交流基金」様  NPO光と風 防災教室
          韓国の学生さんを迎えて
 7月17日公益財団法人日韓文化交流基金様による防災教室を開催、関係者を含め77名様がバス2台で飯岡地区に訪れました。
 今回の目的は日韓の交流として韓国の学生さんが被災にあった飯岡地区に研修として訪れたものです。訪問者は、外務省の推進する事業の一環として来日する「韓国青年訪問団」で韓国内にある日本大使館や総領事館で韓国全土から選抜された大学生です。
 研修に紙芝居「がんばれまーくん」を企画し提案しました。通訳の方が就くことになりましたが理解を深めるため日本語を韓国語に翻訳するなどの作業を行いました。


 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

  防災教室の現地案内資料
 
 クリックすると元のサイズで表示します

 この案内資料を韓国語に翻訳
 
クリックすると元のサイズで表示します

紙芝居「がんばれまーくん」も韓国語に翻訳し画面の下に掲載
 クリックすると元のサイズで表示します
1

 

いいおか津波 防災教室  NPO光と風 防災教室
       いいおか津波 4年目の防災教室
 震災から5ヶ月後の8月4日、震災を後世に伝える活動として「親子防災教室」を開催した。募集は千葉の産経リビングさんが呼びかけ、30数名の親子のみなさんが参加された。企画は千葉科学大学の船倉先生、語り部さんは聞き取り調査に応じて頂いた仲條さん、高橋さん、和久さん、小野さんが、これに大勢のボランティアの参加で運営された。
 これを機に「いいおか津波語り継ぐ会」の結成、復興かわら版の取材・発行へと繋がりことになった。そして、お出でになった皆さんにお土産となり「いいおか菓子研究会」が生まれた。こうして「いいおか津波」固有の防災教室へと今日のスタイルとなった次第である。
 1年間に約1000人の皆さんがいいおか地区に訪れ、現在ではNPO法人光と風の事業として定着しつつある。

 最近の防災教室

@語り部さんとの交流
クリックすると元のサイズで表示します

A仮設住宅の見学
クリックすると元のサイズで表示します
B避難タワーの見学
クリックすると元のサイズで表示します
C防災資料館
クリックすると元のサイズで表示します

◎7月12日連合千葉外房地域協議会の皆さん(防災資料館)
クリックすると元のサイズで表示します
1

 

語り継ぐ 防災教室  NPO光と風 防災教室
      震災から4年目を迎える防災教室
 今年に入ってから2月14日までに防災教室は6回開催されている。
1月17日 赤十字ボランティア第1ブロック様 20名
1月24日 君津市婦人会様 45名
1月27日 荏原地区第4連合会様 42名
2月 1日 荏原地区防災協議会様 41名
2月14日 習志野市大久保連合町会様 33名
2月14日 君津市小糸婦人会様 17名
 主なコースは震災資料館の見学⇒仮設住宅見学⇒避難タワー見学⇒昼食(復興どんぶり・復興弁当)⇒語り部との交流(刑部岬展望館)⇒おみやげ品販売などである。
 NPO光と風は申し込みを受け、コースの設定、施設の使用申し込み、昼食の手配、語り部・現地案内人の派遣、おみやげ品の業者手配など事務局で行なっている。
 NPO光と風では年間に約1500名から2000名の方を迎え防災教室を開催し延べ6000人に達している。
 参加される団体はボランティア、町内会、老人会、婦人会など地域の皆さん、学校関係では主に高校の校外活動や修学旅行の皆さんである。そして、語り部さんとの交流を中心に行程が組まれている。

仮設住宅の見学
クリックすると元のサイズで表示します

展望館多目室で語り部さんと交流会
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

防災資料館の見学
クリックすると元のサイズで表示します
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ