復興かわら版62号  いいおか津波復興かわら版
        復興かわら版62号  
 震災から10年 いいおか津波「復興かわら版」62号を発行しました。復興と震災後のまちづくりを目指し取り組んできたNPO法人光と風の代表からと、二面では第5回を迎え文芸を通じて震災を語り継ぐ応募者からの考えを取材しました。震災への体験はそれぞれ異なっていましたがその思いを語って頂きました。
 13日の夜、福島・宮城県で起きた震度6強の地震は多くの方が一瞬10年前の事態が蘇ったのではないかと思いました。
 ◎「NPO法人光と風10年の歩み」展示 
  日時 2月21日から3月14日まで
  場所 刑部岬展望館2階 
  問い合せ 090−8747−5684 渡邉
             かわら版表面        
         クリックすると元のサイズで表示します
             かわら版裏面
         クリックすると元のサイズで表示します
3

 

復興かわら版61号  いいおか津波復興かわら版
       いいおか津波復興かわら版の発行
 来年の3月には震災から10年目を迎えます。かわら版も61号の発行に際しこれを特集に記事を掲載しました。
 表面には旭市の津波被害を記録する会の代表春川光男さんに「なぜ旭市に津波被害が集中したのか」、「津波はどんな風に襲ったのか」など活動の成果を語って頂きました。裏面では被災した方々を取材しました。10年という歳月の重さを感じた次第です、いずれの皆さんも高齢になり、また亡くなった方も多いことが判りました。
 10年目にあたり来年の2月後半から3月の中旬に刑部岬展望館で「かわら版10年の歩み」として1号から61号まで展示する予定です。
              表   面
         クリックすると元のサイズで表示します
              裏   面
         クリックすると元のサイズで表示します
7

 

復興かわら版60号  いいおか津波復興かわら版
 復興かわら版60号がまもなく発行されます。3月から今日まで新型コロナウイルス感染症の拡大・緊急事態宣言・その解除をめぐり先行きが見えない事態の中で取材、発行となりました。編集部では出来るだけ前向きに歩む人たちを訪ねて取材しました。
 一方、先行き不安な姿も見えて来ました。旭市の夏は恒例の花火、ユーユーフェステバル、砂の彫刻展や海水浴場の閉鎖などで淋しい夏になりそうです。
              表 面          
      クリックすると元のサイズで表示します
裏 面
      クリックすると元のサイズで表示します
6

 

復興かわら版第59号  いいおか津波復興かわら版
         復興かわら版59号
 58号に続き59号は「公財ちばのWA地域づくり基金」の助成事業として発行しました。特集に養豚業の平野建治さん、シクラメン栽培の阿部一裕さんを取材しています。
 2月に入り台風15号、19号で被災した中小企業への復旧支援補助金が決まりその案内が届きました。既に復旧した事業所やこれから復旧を考えている事業所の皆さんに是非とも取り組んで頂きたいと考えています。
 当NPO光と風でも事務所の再建にこの補助金を活用する方向で作業を進めています。

            かわら版表面       
   クリックすると元のサイズで表示します
              裏   面
   クリックすると元のサイズで表示します
6

 

復興かわら版58号  いいおか津波復興かわら版
かわら版58号の発行
 10月の初旬に発行する予定であったかわら版の発行は台風15号、19号で中断を余儀なくされました。事務所が水浸しになり機能がマヒし電話、ネットの回復に多くの時間を要した次第です。10月に入り被害があちこちに想像以上に発生していることも判りかわら版で知らせる必要に迫られました。
 その際、公益財団法人ちばのWAさんの2019千葉台風・豪雨支援基金助成を知らされ応募したところ採択されました。58号、7000部そして59号はこの基金からのお陰て発行することを報告します。

◎12月3日讀賣新聞千葉版「教訓伝承台風も NPOが最新号」取材記事掲載
             58号表面
       クリックすると元のサイズで表示します

               裏面
       クリックすると元のサイズで表示します
7


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ