飯岡の昔話 通蓮洞物語り  いいおかの昔話
      紙芝居 「通蓮洞物語り」
 NPOの光と風ではこれまで防災紙芝居の一環として地域の昔話から紙芝居を作る試みを行って来ました。3年前には古くから伝えられて来た「天の石笛」を取り上げて上演しました。今回、飯岡、上永井の通蓮洞を舞台とした安倍の清明と延命姫の悲恋物語りを作り、紙面を印刷することが出来ました。9月28日、劇団「福」の皆さんが練習、10月22日の「景観まちづくりフォーラム」で上演することになりました。

◎10月22日は台風で中止になりました。11月5日午前10時からいいおかユートピアセンターで開催される飯岡地区文化祭で上演します。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
4


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ