サバがイイ  食によるまちづくり
  イイサバまたはサバがイイ
 年に5回ほど当店を訪れる千葉市のYさんが正月明けに見えた。帰り際に「サバの刺し身が美味しかった、実は鯖が大好きな孫がこんな番号にしました」と車を紹介した。何と1138ではないか!


         クリックすると元のサイズで表示します

         クリックすると元のサイズで表示します
3

 

サバの水揚げが始まりました  食によるまちづくり
     第10回銚子極上サバ料理祭の開催
 今月23日からさば料理祭を開催したがサバの水揚げが無く心配していたが先週が4500トン、昨日が5500トンと大きな漁なった。というのも岩手、宮城の港では漁の受け入れが満杯で銚子に集中しているとのこと、当施設の仕入れは先週が600g、今週は800gと大きく且つ脂が乗って来た。
 これで脂がのった秋サバを用いた例年同様の祭りを開催出来そうだ。当店では800グラム以上のサバを用いた特上熟成鯖寿し(1800円)が好評である。
           サバの水揚げ

       
       
 クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

さば祭りチラシ
       クリックすると元のサイズで表示します
7

 

第17回いいおかふぐ鍋祭り  食によるまちづくり
     飯岡宿泊組合の主催する天然フグ鍋祭り
 今年は夏から海水温も高くフグは順調なに水揚げされている。しかし9月の台風15号、19号の襲来によりキャンセルが発生、このままで行くと12月、年末年始は例年にない空室をかかえることになりそうだ。政府は今月12日被災地の観光客支援として一人宿泊すると5000円割引する「ふっこう割」を作り来年3月まで期間を設定した。だがいつから始めるのか!手続きはどうなのか!県の方から連絡がないという。
 試食会では12月1日からのふぐ鍋祭りにこの「ふっこう割り」を使って楽しんで頂きたいと組合からお願いした。

◎千葉テレビの取材があり今夜27日10時半からのニユース番組で放映とのこと

◎12月3日朝日新聞千葉版「宿泊者減の旭民宿」ふぐ鍋祭り取材記事

           試食会 
     クリックすると元のサイズで表示します
           テレビ取材のレポーター
     クリックすると元のサイズで表示します
           案内チラシ
     
     クリックすると元のサイズで表示します
7

 

塩タレの秘密!CISフォーラムでの報告  食によるまちづくり
  9月28日(土)千葉科学大学CISフォーラム報告
 10数年前からイワシ・サバなどアニサキス問題を何とか解決出来ないかと取り組み鮮度保持と急速冷凍の技術で成功することが出来ました。そして牡蠣殻アルカリ・熟成塩タレ製法で特許の取得に繋がり地域でのお土産品開発などで貢献しています。
 9月28日銚子プラザホテルで開催する千葉科学大学2019CISフォーラムでこうした経緯を展示することになりました。
 サバ、イワシなど青魚では日本一の水揚げを誇りますが地域が誇る産品・人を呼び込む名物にいたる途(地域の再生)には老若汗水を流すことに労を厭わぬことが必要ではないでしょうか!
      問い合わせ 090−8747−5684 海辺里 渡邉まで

              展 示 内 容

        クリックすると元のサイズで表示します              
4

 

秋を告げるシラス漁  食によるまちづくり
 シラスの産卵は主に春と秋、九十九里浜はカタクチイワシで知られているがその子供であるシラスの水揚げも盛んである。イワシは二層巻き船団の漁であるためシラス漁としてでなくシラウオ漁として営まれている。ここ数年カタクチイワシの水揚げは不漁でシラス漁も同様であった。
 夏場になってシラスがすこしづつ水揚げされている。秋を迎えシラスも大きくなり<生シラス>の美味い時期となった来た。飯岡の秋 シラス料理を味わって下さい。
         シラスの水揚げ 飯岡港      
       
   クリックすると元のサイズで表示します
         生シラス
   クリックすると元のサイズで表示します
         生シラス丼
   クリックすると元のサイズで表示します
5


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ