入梅いわし祭り  食によるまちづくり
     うめぃもん入梅いわし祭り!
 入梅の時期が間もなくやって来る。イワシで知られる銚子港では本格的でないが水揚げが始って来た。これから1年の中で最も脂がのって来るイワシ料理を楽しむことが出来る。
 銚子うめぃもん研究会に参加する6店が「おまかせいわし御膳」2,500円に仕立て提供。
◎問合せ 0479-57-3190 カントリーハウス海辺里
            いわし御膳

       クリックすると元のサイズで表示します
        クリックすると元のサイズで表示します
3

 

天然磯ガキ漁が解禁!  食によるまちづくり
 5月1日から磯ガキ漁が解禁、バラツキはあるものの、身はポックリと入っているので磯ガキ料理を始めています。今年の連休は予想以上のお客様で混雑、ご迷惑をおかけししました。
 コロナ禍につきご予約のうえお出でいただければ助かります。
             入荷した磯ガキ          
     クリックすると元のサイズで表示します
             なまガキ
     クリックすると元のサイズで表示します
6

 

銚子港水揚げ寒サバの活用  食によるまちづくり
    生サバの食習慣、関東でも根付くか!
 記者の方が有料でさば寿しをお買い求めた数日後の2月1日朝日新聞千葉版に「脂が乗った生サバ店頭に」と題し注目記事を掲載した。12月から3月にかけ銚子港ではサバの豊魚が続く。殆どは冷凍倉庫に回されその食用化は進んでいない。
 今から15年前にサバの刺し身を何とか食べる方法はないか!思考錯誤の結果、熟成タレ製法(特許)によってほぼ解決することが出来た。その後は銚子うめぃもん研究会で毎年「極上さば料理祭」に活用されて来た。
 昨年の暮から新型コロナで宿泊のキャンセル、昼食客の激減に堪えコロナ後に備えて何か出来ないか!身近な素材であるサバの活用に至った。脂が乗った大型サバの特徴を踏まえ、生に近い鮮度と確かな旨味を活かすにはサバ寿しであると考え開発した。「極上生さば寿し」とし販売したたところ「これは旨い」と評判をよびテレビなどに取り上げられた。
          朝日新聞千葉版記事

       クリックすると元のサイズで表示します
4

 

NHKおはよう日本で紹介  食によるまちづくり
  NHKおはよう日本で紹介される  
震災から間もなく10年を迎え、NHK千葉ではコロナ禍で一歩を踏み出す事業所を取材し1月23日の「おはよう日本」で放映した。
 海辺里では緊急事態宣言の中で宿泊のキャンセルが8割に達し、事態を乗り切るために新たな商品を企画・販売を始めたことが対象になった。
 脂がのった銚子港水揚げの寒サバで「極上さば生寿し」を製造、コロナ禍を凌ぐ「時期限定」の商品である。
 早朝から「テレビで紹介されたさば寿しを頂きたい」と求めるお客様が訪れた。なお、この番組が1月29日(金)NHK夕方の「首都圏ネットワーク」で再放送される予定であることを知らされた。
           放映されたテレビ画面 
      クリックすると元のサイズで表示します

      クリックすると元のサイズで表示します
4

 

コロナ禍にさば寿し製造販売  食によるまちづくり
    コロナ禍に「極上生さば寿し」を製造・販売しました
 例年、秋から冬にかけて銚子港で大量のサバが水揚げされます。800g以上の大型サバは肉厚でとろけるような旨みが巷で「トロサバ」とも呼ばれています。
 ここから特別に厳選された秋サバ、寒サバをその日の内に捌き、マイナス60度保存、熟成タレ製法(特許)によりアニサキス・ヒスタミン中毒を回避、年間を通じて「極上さば料理」を通じて提供していました。その食感と味わいは「サバ寿司界のシフォンケーキ」と言われたことがあります。また、このさば寿しはテレビ番組等でも絶賛され、今日、レストランでの昼食や「持ち帰り寿し」に好評を頂いています。
 令和2年12月、例年より遅れて水揚げが始まりました。飲食の生業からコロカ禍に心身ともに満たすことに何か出来ないか!この極上サバを最大限の旨味に引き出す「生という食感」に挑戦、完成したのが時期限定「極上さば生寿し」です。先週からメニーに出したところ「これは旨い」という評価を頂いています。出来上がった「極上生さば寿し」がこの写真です。
 ◎NHK千葉放送局が「震災から10年目、旭でコロナ禍にどう立ち向かっているか!」取材に入りました。海辺里の極上さば生寿しが1月23日午前7時40分頃「おはよう日本」で放送の予定です。
           「極上生さば寿し」
       クリックすると元のサイズで表示します
            極上サバ
       クリックすると元のサイズで表示します
4


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ