2009/11/11

和のひらめ棒寿しー1  地域産品の創出
 地域の産品を活かしたロングラン商品創りを目指し3年前、銚子近隣の事業者で研究会を組織、今回、5点目の商品を開発した。11月10日に商品発表会を開き、取材記事が11日、読売、朝日、毎日などの紙面を飾った。
 開発は熟成タレの特許を持つカントリーハウスとヒラメを用い寿しと料理を開発する銚子の創作料理店「和」が共同で取り組んだ。
 今年の6月から10月まで試行錯誤を経ながら従来に無い「ひらめ棒寿し」を商品化した。独自な製法のため他には無い「和」固有の商品として期待出来ると思っている。
何回に分けて開発の経過を踏まえながら展開していきたい。
 クリックすると元のサイズで表示します
51


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ