千葉自然学校ーいいおか津波防災教室  自然災害との付き合い
 NPO法人千葉自然学校から被災地「いいおか」で防災教室を開催するので協力依頼があり、何度かの打合せを経て12月1日にこぎ付けた。
 まち歩きは天気予報と異なり突然の雨・雷で一部変更となったが午後の交流は充実した内容となった。
 今回はこちらの事情もあってボランティアによる防災の紙芝居をプログラムに取りいれてみた。初めての舞台であったが参加者からは好評であった。      クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
4

 

かつしか郷土の博物館 特別展のお知らせ  自然災害との付き合い
      いいおか津波被災の展示
 今月の7日から11月の24日まで葛飾区の博物館で特別展が開催され、その中で「忘れじの時計」や玉崎神社の絵図、福蔵寺の縁起の記載などが展示される。
 10月1日にはこうした品々の搬送が行われた。光と風キャンペーン実行委員会ではこの期間中に2回ほどバスで視察を予定している。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
50

 

葛飾区郷土と天文の博物館展示  自然災害との付き合い
   「いいおか津波」後世に伝える活動ー1
 今年の秋には幾つかのイベントが予定されている。その一つに葛飾区郷土と天文の博物館が主催する「東京低地災害史」、東日本大震災の中で「いいおか津波」に関する資料の展示についてお知らせしたい。
 これまで数回に渡って打合せ、撮影などが進みほぼ下記の内容で展示される見込みである。

会場
  特別企画展示室・・・ 
  1階体験学習室・・・ 飯岡のコーナーとなるそうです。

.展示構成
 V.東日本大震災
 5.飯岡からのメッセージ 時計などはここに飾られます。

併催企画
 3.津波被害を語る会(予定) 11月24日(土)午後 いいおか津波 語りつぐ会

借入・協力予定先
 いいおか津波プロジェクト光と風キャンペーン実行委員会
       ・・・忘れじの時計、復興かわら版、天石笛など
 玉崎神社・・・絵図など四点
 銚子市教育委員会・・・和田不動尊の絵馬
 名洗不動尊・・・・波切りの鉾
 福蔵寺・・・縁起由来(浅間山噴火・元禄津波・飢饉など)













最新2012展示概要(.pdfクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
44

 

夏休み親子防災教室 あそボーサイ の案内  自然災害との付き合い
      親子で夏のひとときを「あそボーサイ」で
 昨年の夏、8月4日に親子防災教室を開催した。その時は千葉市などから参加を募り被災地いいおかの地で後世に伝えて行こうという作業が開始された。
 あれから1年、今年は復興観光まちづくりの関連事業として被災地に住む親子さんを対象に催すことになった。静岡県を中心に活躍している津波防災人形劇の「わにこ」さんを招き開く。
 親子で気軽に楽しみながら「つなみ」を学ぶまたとない機会です。昼食は「わにこ」さんを囲ん過ごしたいと企画しました。

 クリックすると元のサイズで表示します
8月9日展望館の多目室で開催した。平日で参加者は少なかったが紙芝居と人形劇による防災教室は「語継ぐいいおか津波」にとって貴重な一日であった。クリックすると元のサイズで表示します
39

 

いいおか津波と宿泊業の現在  自然災害との付き合い
  神奈川新聞の取材                                 
 2週間前ごろ神奈川新聞の記者が訪ねて来た。津波にあった飯岡地区の宿泊業について取材の要請があり応対をした。
 横須賀や逗子は宿泊を営む業者も多く、ここ飯岡とは地形的に似ているので津波による被害について取材したいという内容であった。飯岡地区では13軒あった宿泊施設が現在5件のみ営業している。5施設は休業中で再開するかは不明である。
 市では海水浴の中止・イベントの中止、そして津波被害にあった観光施設の整備はは来年度以降になる。今回、取材があったペンションは近い内に再開の工事に入り11月には営業を始めるという。しかし、設備投資をしてこれに見合う集客があるかは判らない。
 ここままで行くと数年先に「なりわい」という自営業の衰退が地域の崩壊を一挙に進める事態になる可能性があるかも知れない。
 
 クリックすると元のサイズで表示します
16


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ