2010/3/24

プロデュースノート2010-2011版始まる。その1/企画書を・・・  ■Produce Notes レコーディングルポ

新年度が間近なこの時期。
再び始まりましたプロデュースノート。
これからリアルタイムに進捗状況をアップして行きますのでレギュラー・プログラムと合わせてお楽しみ下さい。

本日の水曜ブログ『これは好物!』はにあります。

http://sun.ap.teacup.com/vibstation/1243.html

ゴールは来年の春。
それまでの間にこのプロデュース・プロジェクトがどのような形で進行して行くでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します

企画書を持って打ち合わせに。

昔はありとあらゆる言葉やデータを駆使して何枚にも渡る企画書を作成した時期もありました。
もう言い残す事はありません、みたいなー(笑)

今は如何に簡潔な企画書とするか、で行き着いたところが1企画1枚。
これから「こぼれる」ようなら必ず相手との間に誤差が生まれる。

人が出向く、人が対面する、人が時間をセッティングしてくれる・・・・
延々と続く長い企画書はそれらの価値を無視するものだと思うのですね。

このブロードバンドな時代に、もう、それはないでしょー、と。

相手に伝えるべき事を一枚にまとめる事が出来れば、会った時にそこから先の話しが出来る。
新たなアイデアが生まれる可能性もある。
共同のプロジェクトは、それぞれが暮らす時間軸を生かしながらやると、最小限で最大限の事が出来る。

格言!

譜面と企画書は短ければ短いほうがいい。


もっともこれは音楽の世界だけの話しかもしれない。
でも音はいくら事前に言葉やデータを並べても、本当のところは音を録る過程になるまで相手にはわからない。
だから「素晴らしい」とか「最高」とか「斬新」とかという言葉とは無縁の世界だ。
その中からどんな音が生まれてくるのかを想像しながら進めるというのは実に楽しい。

クリックすると元のサイズで表示します

近所の日活撮影所の横を通り。。。

クリックすると元のサイズで表示します

多摩川沿いの桜の名所を通って世田谷へ。。。

これからこのプロジェクトの時はこのコースを何度も通る事になる。
差しあたって今は桜も「蕾(つぼみ)の段階」。
満開を経ていろんな道すがらも記録しておこうと思う。

次回に続く・・・(不定期更新)

世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter


auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します
≪着JAZZフル≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うたフル・ビデオクリップ>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ