2010/3/31

移動はリフレッシュ・タイムなり・・・  水曜:これは好物!


思いのほかサーバーメンテが早く終わっているようなので本日更新します。

3月30日午後9時50分。

松山を午後7時36分に出た特急“いしづち32号”に坂出で接続するいつもの寝台特急“サンライズ瀬戸”。乗換えてベッド脇の小テーブルにパソコンをセットしてブラインドを開けると、夜の瀬戸大橋を渡るところだった。

クリックすると元のサイズで表示します
本日は9号車26番個室

クリックすると元のサイズで表示します
いつもの二階シングル部屋だ

クリックすると元のサイズで表示します
窓の外は真っ暗。瀬戸大橋で海を渡る途中には無数の灯りが見える

本日は遅めの夕飯。
今夜選んだのはコレ!

クリックすると元のサイズで表示します

あらら、恥ずかしがらないでこっちを向いて!(笑)

ハイ!

クリックすると元のサイズで表示します
『マドンナ弁当』(JR松山駅・鈴木弁当店製)

JR松山駅の駅弁です。
10年くらい前に駅舎を明治レトロ調にリニューアルした時に登場した比較的新しい駅弁。
以前紹介した『坊ちゃん弁当』とカップリングしたシリーズになっています。

桜の花のような包装を解くと・・・

クリックすると元のサイズで表示します
二段重ねの重箱風

クリックすると元のサイズで表示します
正方形の重箱が二段

重箱を並べてみますと・・

クリックすると元のサイズで表示します
幕の内風のおかずと錦糸卵がかかった酢飯という構成

クリックすると元のサイズで表示します
何のことはない幕の内弁当で御馴染みのおかず類ですが、鈴木弁当店の味付けは濃くなくて昔からお気に入り。

クリックすると元のサイズで表示します
松山地方の郷土料理のバラ寿司風のちょっぴり甘めな酢飯。

どれもこれも特別な品があるわけではないけれど、見た目も味付けも鮮やかで価格は870円と駅弁ではかなりの廉価。『坊ちゃん弁当』ともども特殊弁当風の細工がされている新シリーズだ。

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっぴり気が利いているのがデザート。
いよかんとキーウィという組み合わせで後口はさっぱりに。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、夕食が終わる頃には列車は岡山駅へ。
ここで後ろに山陰からくるサンライズ出雲を繋ぐ。

停車中にシャワーを浴びて、さっぱり。

今日は早めにベッドに入る。

なぜならリフレッシュ行事があるから・・・



大阪駅など遠い夢の中で過ごして目が覚めたら豊橋に到着するところだった。
時刻は午前2時40分。
4時間ほど熟睡したので起きる事に。

寝台列車の楽しみ方に読書がある。

クリックすると元のサイズで表示します

本、そしてブラックコーヒー。

快走する寝台特急の中で読む本もまた格別。
サスペンスでもドキュメンタリーでも、普段なかなか読めない本をじっくりと読むのに寝台特急の個室ほど適した場所はない。
夜行バスだと揺れるし、周りとはカーテン一つだからおいそれと読書灯で明るくもできないし、窓のカーテンを開けるのも気を使ってしまう。
寝台特急だとそういう周りとは遮断された個室だから自分の思うままに何でも出来る。

クリックすると元のサイズで表示します

心地良く快走する深夜の車内。時折先頭車がタイフォンではなくピューッという汽笛を鳴らしているのが聞こえたりしながら読書に没頭。

ブラインドを全開にし、読書灯だけを点して読んでいると、街に近づくのが外の灯りでわかる。

クリックすると元のサイズで表示します

深夜の浜松だ。
ここでは運転士の交代だけで乗客の乗降はない。
午前3時30分過ぎ。

クリックすると元のサイズで表示します

駅の横にある楽器博物館には開館当時から父親の写真が飾られていた。しばらく立ち寄っていないがまだあるのだろうか? 今度久し振りに行ってみようかな。

クリックすると元のサイズで表示します

浜松を出ると次は静岡まで停まらない。
ちょうど一時間くらいかかるから今読んでいる章を読み切る頃に着くはずだ。
こういう区切りがあるので読書も集中出来るんだと思う。

静岡を出て本も頃合いの良いところで読み納めた。
また次に寝台特急に乗る時の楽しみに取っておこう。

ここからはまた別のイベントがあるんだ。

クリックすると元のサイズで表示します
時折通り過ぎる灯りに照らされてブラックコーヒーが「オレ、カッコいい?」って聞いてるみたいだが、東の空が少しずつ明けてきた。

クリックすると元のサイズで表示します

この時間帯からはどうしてもこれを聞きたくなる。

クリックすると元のサイズで表示します
ゲッツ=ジルベルト

iTunesでこのアルバムをチョイス。
ジョアン・ジルベルトのハミングで始まるこのベストセラーは、夜明けの太陽が昇る前のこの時間帯にぴったりなんだ。

今日の部屋は山側。
もうさっきから闇の中でもその存在をしっかりとキャッチしている。

クリックすると元のサイズで表示します
ゲッツ=ジルベルトは今の季節、この駅を発車してからスタートさせる

クリックすると元のサイズで表示します
東海道線「富士」駅

午前5時9分。「富士」駅発車。
それと同時にゲッツ=ジルベルトも再生スタート。

ジョアン・ジルベルトのハミングとぴったりに明けてくるその姿。

クリックすると元のサイズで表示します

この時間帯の空気や色合いが一番好きだな。
その中で今日は富士山を眺めながらのゲッツ=ジルベルト。

クリックすると元のサイズで表示します

新幹線では味わえないゆったりとした時間と景色の流れ。

クリックすると元のサイズで表示します

それはゲッツ=ジルベルトをバックに・・・

クリックすると元のサイズで表示します

沼津を過ぎる辺りまで続く。

三島を過ぎて丹那トンネルに入るとこのボサノヴァ・タイムも終了。

熱海、小田原、と徐々に首都圏入り。

クリックすると元のサイズで表示します

所々に桜が淡い色彩を振りまいている早春の東京まで、あと少し。

クリックすると元のサイズで表示します

赤い京急が出迎える品川を過ぎ、寝台特急サンライズは今日も時刻通りに東京駅へと滑り込んだ。

クリックすると元のサイズで表示します
午前7時8分、東京駅着。

移動の時間にリフレッシュ。
今日も一日頑張りましょうー、っかねー!


世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter


auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します
≪着JAZZフル≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うたフル・ビデオクリップ>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ