2010/5/26

こい口ですケド、それがなにか・・・  水曜:これは好物!


人間の好みは千差万別。
その中でも日本のように味覚に対応した商品が地域毎に細分化しつつ進化している国も珍しいのではないかな。



温かいそばのつゆは醤油とカツオがガッツリと効いた濃口が好みです。
そのくせ、温かいうどんのつゆは昆布といりこが効いて透き通った薄口が好みです。

僕でさえ関西文化圏で育った味覚と関東文化圏で見つけた味覚がミックスされてまぁ、わがままなこと。

どこかの国なら「うどんもそばもつゆは一つで当たり前」って言われそうだなぁ。

そうめんはどうするのさ、などと言ようものなら、デーンと「めんつゆ」と書かれた瓶を出されそうな、そんなのが世界標準だよ、と言うと「えーっ?」って言う人は多いはず。

世界各国を見渡しても、「そばつゆ」と「うどんつゆ」と「そうめんつゆ」と「めんつゆ」が個別のパッケージで販売されている国なんて他にない。せいぜい「めんつゆ」と書かれたパッケージが複数のメーカーで販売されているくらいだ。

で、

あなたはマヨネーズ派?
それともソース派?
はたまたケチャップ派?

僕はケチャップ派なんですよ。これが。
でもね、醤油に「濃口」と「薄口」があって料理で使い分けるのは知ってますが、意外と地味なのにいろんなテイストが用意されているのが、マヨネーズでもなくケチャップでもなく、実はソースなんです。

最近は大手メーカー以外の健康志向や高級志向のマヨネーズやケチャップも流通していますがまだまだ特殊な部類。
ところが、日本人の食卓に醤油以上に多彩なテイストで細分化されているのがソースなんです。
実はみんなソース大好きだったりして。

思いつくままに挙げると・・・

定番のウスターソース、もはや市民権を得たとんかつソース、ふくよかな風味の中農ソース。
まだまだあるよ。
お好みソースに、たこ焼きソース、照り焼きソースにステーキソース、ハンバーグソース、最近は串揚げソースなんてーのまで売ってる。

ね?

凄い数のソースがあるでしょ。

しかもこれらは殆どが食卓の上で最後にかけるもの。
醤油やケチャップのように調理の隠し味的な使われ方は滅多にしない。

凄いねー、日本はソース天国だ!

そんな中に、ごく当たり前の顔をしているのに、ある特定の地域にしかないソースがある。

はい、これー!

クリックすると元のサイズで表示します

うん?

普通に大手メーカー「カゴメ」のソースと「イカリ」のソースが並んでるだけじゃん!って。

よく見てくださいよー。っあ、イカリソースは単に並べただけです。ウスターソースの我が家の定番なので。

クリックすると元のサイズで表示します
「濃口ソース」となっ! カゴメ食品製http://www.kagome.co.jp/sauce/top/index.html

ね?

醤油で「濃口」は当たり前に見ますが、ソースで、しかも普通のウスターソースのジャンルで「濃口」を名乗るとは。。。

実はこれ、名古屋近郊のショッピングモールで見つけたんです。
あまりにも当たり前の顔して棚に並んでいたんですが、通りかかって「ヲイヲイ、ちょっと待てよ?」と何度も我が家の近所のスーパーの陳列棚とか思い起こしてみても、、、、ソースで「濃口」表示はないよなぁ、、と。

きっとカゴメの新商品なんでしょー。って?

僕もそう思ったのですが、その棚の他のメーカーにもあるんですね、これが。
思わずミニボトル買っちゃいました(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
『コーミ・ソースこいくち』 コーミhttp://www.komi.co.jp/top.html

カゴメもコーミも名古屋ベースの食品メーカー。
どうやら名古屋食文化圏ではソースの「濃口」は当たり前のようです。

中農ソースと何が違うの?って。

中農ソースはどろどろしているのに対して、濃口ソースは普通のウスターソースと同じでサラサラした形状。

名古屋食文化圏は独特のテイストを生みだす宝庫なので、その内にこの「濃口ソース」も全国の食卓に並ぶのでしょうか。どうやら「濃口ソース」はコーミが先発しているようです。

さっそく試してみました。

ちょうど大丸ピーコックに寄ったら水泳の北島選手の実家の「北島商店のメンチカツ」というのがあったので購入。初「濃口ソース」の友に。

クリックすると元のサイズで表示します

まずは濃口ソースそのままではどんな感じなのか?

クリックすると元のサイズで表示します

あっ! なるほど@@;
これは「あり」ね。

要するに熟成ソースなのだけど、中農ソースのようにどろどろした重たい感じがありません。普通のウスターソースと同じサラサラ系。
しかし、ウスターソースよりも酸味は熟成させた分だけマイルドに感じる。
その代わりにソース本来の味にこくが出ている。
「濃い」+「スッキリ」という図式がピッタリかも。

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっとたっぷりめにソースに浸しても大丈夫。
マスタードとの相性も問題なし。

これはなかなか面白い。
まいうー。

これならこのソースを使って焼きそばとかスッキリ系に出来そう。

食の宝庫、名古屋食文化圏からまた面白いものが飛び出して来そうですよ。
地域密着型ソース、バンザイ!!

でも、名古屋付近ではホント“当たり前”に陳列してあるので、僕らがコレを見つけて「おおー!」「うーーむ!」と棚の前に関心しきり顔でいたら、横のおばちゃんにヘンな顔で見られた。。。。

「濃口ソース。それがなにか・・・?」って。


世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter


auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します
≪着JAZZフル≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うたフル・ビデオクリップ>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ