2010/5/31

ブレずに「変わらない」態度には拍手喝采!  月曜:ちょっと舞台裏


ですね、社民党。
政権離脱には、その趣旨の根源や政党としての支持率はともかく、「変わらない」という事を身をもって呈した姿にはまず拍手を送りたいな。
沈みかけの泥舟から逃げたという批評もあるけど。。。

マニフェストって何なのでしょうね。
「こんな感じになったらいいなー、みたいなー」的なスローガンだったのでしょうかねぇ。
それを公約とまで言っちゃうし、そうすりゃみんな期待するもの。
でも、高速道路の事もそうだし、財源が確保されないまま見切りの子供手当もそうだし、今回の基地の問題もそう。

掲げた目標は何一つとして間違ってないかもしれないし、理想とされるものかもしれない。
目新しいし、ひょっとしたら「こいつら本気でやってしまうかもしれない」という気持ちが半分。
それと同じように、それを実現したら何に影響が及びそれが将来どのような形になるのかがまったく見えない「こいつらに任せたらマジ、ヤバイかも」という気持ちが半分。

基地の問題にしてもまず「運営側」であるアメリカの意向も聞かずに「机上の論理」を展開する。
いくら「机上の論理」を展開しても、一言アメリカが「ノー」と言ったら終わり、である。

こんな簡単な事がわからずに半年も時間を浪費させていたとは、呆れてモノも言えない。
「5月末基地移転決議」という期限を自ら設けたのだから、それまでに何度も沖縄に出向いてアメリカが「移転ノー」と言っても民意と政府が一致団結して「移転イエス」といえるような状態を作っておくのが半年という時間が果たす役割だったはず。この中途半端さに沖縄の人が呆れかえってしまうのは当然だろう。

高速道路だって、ETCサービスを受けている多くのドライバーを全て敵に回している事にさえ気が付かない有様。しかも間際になって6月実施撤回(事実上)とは、もうこれで非ETC登載車のドライバーも含めて「6月以降の予定がむちゃくちゃ」にされて、結局全てのドライバーから顰蹙(ひんしゅく)をかうことになった。

何も手をつけなければETCに大きな問題でもあったのだろうか???
どちらにしても首都高など都市高速を使う人はETCが無いと割引を受けられませんから実質、東京は秋から値上げになります。(均一900円、ETC区間・距離別割引制あり)もう秋には政党が代わっている気もしますが・・・



この同じ事が子供手当でも言えそうで、結局「見つけてもいない埋蔵金」に目がくらんで先物買いしたおバカさん、になってしまいそう。

国民が「それに期待しているのに」という人と、「財源も無いのにそんな無茶な事はやめてくれ」という人に別れたあげく、クーポンか何かを渡された日には双方から顰蹙を浴びそうだ。
最初からそうしろ(現金支給以外の方法)と言ってた層からは「ほれみた事か!」と。

結局、どれも同じドタバタ劇を演じているだけ。
僕らは吉本新喜劇でそれに慣れてはいるものの、
政治の世界がそれじゃあなぁ。。。
トホホ、、、

「変わらない」のが良いかと言えば、「出来る事から変える」のが一番いいと思う。
「変わって良くなるのか?」という確証を提言者がしっかりとサーチした上での事で、誰も「今出来ない事を無理にやれ」とは言っていない。

そうなると、やっぱりみんなの党が強くなるかなぁ。
前代未聞の超少数政党による連立政権なんて図が見えてきたりして。。。



「変わらない」もの。

最近スナック類がおかしい。
とにかく目新しさだけで買い手を惹きつけようとするので食傷気味だ。

元々、そんなに悪くない、と思っていたフレーバーのスナック菓子が、ある日突然「新味」なるものに豹変してあぼーんされる事が多い。

御当地味に、期間限定味に、、、、何か目を引くキャッチとパッケージで店頭の景色がコロコロと変わる。

最初は興味を持っていた新しモノ好きでも、さすがにそれが数年も続くと「もーいい。もー飽きた」。
残るのは小銭の散財ばかりなり。
だから半分以上は惰性で買ってる状態なので、確実に売れているというモノが無くなってしまった。

やはり「変わらない」というのは大きなブランドに繋がる。
平らにすれば、新味と名乗るものよりも売り上げは大きいはずで、新しくも何ともない目先の新味を乱発するくらいなら、じっくりと開発した新商品を消費者は望むようになるばかりだ。
しいてはお菓子離れに繋がらないように、開発すべきは開発し、継続すべきは継続し、がやはり商売の基本だと思う。
最後に“勝つ”のは、それを手にしたメーカーですね。

クリックすると元のサイズで表示します

「変わってほしくない」と言えば、僕が使っていたプロバイダ。
新しくなってコンテンツ類を整理してネット接続業に特化する、という大鉈振いでユーザーは大混乱したものの、何とか無事に落ち着き先に移りポジティブに生きているのだけど、一つだけ超不便な事がある。

いろんな打ち合わせやらスケジューリングは完全にメールに移行しているのでこれまで通りのプロバイダを使っているのだけど、新しいフォーマットになって旧式バージョンで出来た事が出来なくなってしまった。

どうしても打ち合わせやスケジューリングでは同時に複数のメールを一つの画面に表示出来ないと話にならないのだけど、新しいフォーマットだとそれが出来なくなってしまった。

クリックすると元のサイズで表示します

そこで旧バージョンをiMacに温存しておいて、開けたメールを一旦新着メールとしてiMacの旧式バージョンで取り込むという事に。

クリックすると元のサイズで表示します
旧式バージョンだとご覧の通り12通くらいは楽に並べられる。しかもオフラインで。

新しくなる、と言うのが良い事だけではない典型かな。

そういえば、今年に入って突然携帯でパソコンからのメールが受けられなくなった人が機種を新しくしたらメールが受けられるようになったと。。。

古くなったから、という理由で切り捨てるようなサービスは最悪だ。
また最近、携帯会社から紙による請求書を口座引き落としに変更するよう迫られた人もいる。
これらはサービスとして無茶をユーザーに求めている事になる。

どのような契約を結んだのかは最初に記述されている。
それを一方の都合によって勝手に変えてはいけないのだ。
そういう常識がないメーカーはいずれ潰れてしまうだろうな。


世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter


auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します
≪着JAZZフル≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うたフル・ビデオクリップ>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ