2006/8/16

犬も歩けば・・・・ジャズメンに当たる?  ■“WE LIVE HERE”夏休暇日記

WE LIVE HERE

明日からは東京。このブログもレギュラー構成に戻ります。



最終日・松山から

犬も歩けば・・・・と言いますが、本日は私用で実家から信号一つの三越へ。

クリックすると元のサイズで表示します
『松山三越』(松山市一番町)

子供の頃は遊び場でした
当時はもう少し小振りな建物でしたが、大人も子供も“わくわく”する場所でした。松山店は今年で開店60周年だそうです。両親の時代から三越派なので店内に顔見知りの人も多く、行くと必ず誰かに会います。お偉いさんになった人も多いので、なるべく見つからないように歩きます(笑)。

おや?アーケード側のエントランスに何やら人だかりがしています
クリックすると元のサイズで表示します

どうやらバンドが演奏しているようです。
クリックすると元のサイズで表示します

今日はトリオの演奏のようですが・・・・・

おっ

早速演奏者にジャズメン1号発見
クリックすると元のサイズで表示します
吉岡英雄(b)

夜のライブハウスで会う事が多いミュージシャンに昼間会うと何となく不思議です。向こうも僕に気がついたようでお互い照れ笑いしてしまいました。こういうのって結構照れくさいんですよ。
ここでは毎日誰かが演奏しているので、実家に帰った時うかつにも地下の食品売り場で肉や野菜を買って、ネギなんか飛び出したまんまに通り過ぎると目撃されていたりします。「昨日三越でネギ買ってたでしょ〜」とかって(笑)。いいんです。近所で食料品売ってるのはココだけなんです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
ピアノを弾いてたのは越智さん。トランペットが専門です。何度かお話した事のある人です。後ろのお客さん、へばり付いて見てます(笑)。

演奏が終わって楽屋でミュージシャンと三越のH内マネージャーにご挨拶して帰りました。よかった!今日はネギ持ってなかった(笑)

そして。。。

夕食後午後10時を過ぎ再び徒歩5分のドラマー櫻井さんのお店“Key Stone”へ。。。

クリックすると元のサイズで表示します
『Key Stone』(松山市三番町1丁目10-13 トキビル3F)

エレベータのドアが開くといきなり店内からサックスやドラムの音が聞こえてきました。毎週火曜日は20代のジャズメンが出演しています。明日の松山のジャズを支える若手のツワモノ達です。

クリックすると元のサイズで表示します
“Zojil-4”リーダー・渡辺一弘(sax)
クリックすると元のサイズで表示します
烏谷澄香(p) 高橋直樹(b)
クリックすると元のサイズで表示します
河北洋平(ds) とカウンターで飲んでる常連のF岡氏。

渡辺君はアルトサックスに加えて最近テナーサックスにチャレンジ中、烏谷さんは仕事の合間に関西までジャズピアノを習いに行ってる努力家、高橋君と河北君はまだ学生ですが高橋君はすでにあちこちの店で活躍し、河北くんはドライヴの効いたビートを叩き出しています。
チックコリアのバド・パウエルを始め、今夜はかなりチャレンジャーな選曲です。僕らも若い頃に思いっきりやりたい事をやりながら、お店やお客さんからいろんな事を学びました。いいですね、そういう迎合しない姿勢って。

クリックすると元のサイズで表示します
結局途中からでしたが、彼らの若々しい演奏を最後まで聞いて帰りました。

今日はいろんな所でジャズに当たった一日でした。ワン!(?)

WE LIVE HERE

さあ!戻るゾ。

終わり



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ