2011/11/22

続・最も斬新なヴィブラフォンとピアノの組合せ・11/23(祝)赤松敏弘meetsハクエイ・キム  火曜:街ぶら・街ネタ


完全に題名が広報化してます(笑)^_^^v^^▽^^v ゜

でも、ちゃんと今日の曜日カテゴリーの話題とリンクするからエライ!(自画自賛)

昨日は午後からスタジオでリハーサル。
もちろん水曜日のスペシャルライブ用でピアニスト、ハクエイ・キムくんと二人だけで、だ。
昔、ライブの時、当日午後四時入りで客入れの時間までにサクサクとやる、みたいな感じで続けていたが、やっぱりそれではその日の本当のポイントに触れる事なく終わる事が多い。

もちろん、手慣れたナンバーを馴染みのメンバーとやる場合はそれでいいんだけど、「これ!」というポイントを絞った本番の場合は、事前にスタジオでリハーサルをやるのが最近の方針に。
共演者だって何処にポイントを置いてやって来れば良いかがわかって精神的にも余裕が出来る。
当日ぶっつけだと、音楽で会話する前に時間だけが過ぎてしまう事が多く、いくらなんでも毎回それでハップンするわけがない。

ライブが面白くないとおっしゃる人がいるのも、まるでリハーサルのようなぶっつけ本番を見せられてしまうからかもしれない。
昔はそれで済んでいたが、今はそのやり方では店も客も持たないと思う。
済んでいると思っているのはミュージシャンばかりなりぃ。。。(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

快晴で気温は15℃。

やっぱりなんだかんだと言っても、秋ですねぇ。

クリックすると元のサイズで表示します

空が秋そのものの表情の中を目黒のスタジオへ。

クリックすると元のサイズで表示します

途中から首都高が激混みし、初台で捨てて下路へ。するとこれがガラガラなんだなぁ。
そうそう、首都高が来年から区間料金制になるのだけど、こういう場合「混んで来たから早めに降りる」と料金が安くなる場合がありそう。今でも末端区間では300円とか特定料金の区間があるけど、途中には無い。
1ランプ使っても700円だ。

それが6km未満だと500円、12km未満だと600円、18km未満で現状維持、18kmから24km未満だと800円、それ以上使うと900円になる。

しかし、、、首都高には環状ルートがあるぞ?
都心環状線をグルグルと回ったらどうなるのだろう・・・?
今だと何周しても700円だ。

。。。。

スタジオで初対面となったハクエイ君。
お互いの曲を何曲かピックアップしてリハは続く。

途中休憩中の会話で思わぬハプニング。
首都圏のとある街の話しになって、「僕はあの街、結構好きだったんだよねー。ちょっと丘陵になっているからか空が近かったから夕日がきれいでね。十年住んだよ。」と。
すると彼が「えッ?、僕も実はその街に住んでいたんですよ。今でも懐かしくて時々行きます」と。

これが目黒や池尻とか、都心の住宅地なら珍しくも何ともない。
そこに生息するミュージシャンなんて当たり前にいるもの。

少なくとも都心から電車で50分くらいはかかる、車では1時間はかかる場所だから、よっぽどじゃなきゃミュージシャンという職業柄住む場所の選択肢として順位が高いとは思えない。

ただ、何かがその街の雰囲気にはあって、都心で仕事をして帰ると身も心もすっかり切り替えられるところが僕は気に入っていて、彼もまったく同じ感触を持っているようだ。
これはそこに住んだ人じゃなきゃわからない、いや、元々そういう雰囲気をキャッチする何かが無いとわからない事だと思う。

面白いねぇ、この世界は音楽以外でも何か繋がりがある事がまったく無いわけではないけれど、少なくとも「あの街」に関して同じような郷愁を抱いている人間がここで出会っているなんて。

それがどこの町なのか・・・・

それは、スペシャル・ライブのMCでのお楽しみに!

それぞれの曲が程良くこなれ、お互いの距離も程よくほぐれたところでリハーサルは終了。

帰りは渋滞しながらも山手トンネルから首都高へ。

さらに拍車のかかった渋滞が続く首都高新宿線と合流した先に・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

高圧線!

そうそう、「あの街」の夕焼けには、遥か遠くまで続く高圧線の鉄塔が続いていたなぁ。
それが遠近法の作用を果たしていて、本当に遠くまで見渡せた気がする。
駅から線路沿いに丘陵地帯に沈む夕日を見ながら歩く、あの感じはなかなか他の街では味わえないものだ。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、そのスペシャルライブ。いよいよ明日です。

その前に本日は早起きスケジュールの日。
無事に起きられますか・・・・・
目下、そちらが気掛かりな午前3時半です。。。。


いよいよスペシャルライブ!
---------------------------------------------
■11月23日(水/祝)17:30-横浜・関内「KAMOME」(開場16:30、終演20:30予定) 
料金:4000円(1ドリンク込み)
クリックすると元のサイズで表示します
赤松敏弘 meets ハクエイ・キム w/小山太郎 & 生沼郁生

毎度こだわりの25-25プロデューサー・プレゼンツ第六弾! 今回は注目の若手ピアニスト、ハクエイ・キムと赤松の初コラボ。祝日の夕方というセッティングなので横浜観光がてらにお食事も出来るKAMOMEへ!! 人気メンバー集結の為、御予約はお早めに!
※予約席(ソファー席)がほぼ満席となっておりますので御相席、又はカウンター席となる場合があります。申し訳ございませんが予め御了承願います。

出演:赤松敏弘(vib)ハクエイ・キム(p)生沼郁生(b)小山太郎(ds)

問い合わせ・予約は以下まで。

(TEL予約)
090-3139-9200(担当:森本)
(e-mail予約)2011年11月22日締め切り
taka2525@s2.dion.ne.jp

横浜・KAMOME
http://www.yokohama-kamome.com/
アクセス:
クリックすると元のサイズで表示します
市営地下鉄 関内駅 徒歩3分
東急東横線直通 みなとみらい線 馬車道駅 徒歩5分
JR 関内駅 徒歩5分

〒231-0013 神奈川県横浜市中区住吉町6-76
Tel 045-662-5357
Mail kamome@yokohama-kamome.com
---------------------------------------------


ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■TSUTAYA DISCAS
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ