2006/3/29

3月28日的ジモティー・街ぶら街ネタ合体編  火曜:街ぶら・街ネタ


ただいま私用で実家のある四国は松山から
昨日はホストメンテで接続が出来ないものと思っていたら、みなさんご覧になってます。見てないのは僕だけ大変失礼しました〜
で、アクセス出来たので今日一日の時系列的ジモティー・ブログを臨時アップ

松山、本日は晴れ時々雨時々曇りで雨の後急に寒くなった。

1:00PM
いつもなら寝ている午前中から用事を済ませ、小腹が空いたので何を食べようかと思い実家界隈に出る。
実家の界隈はこんな感じ。
クリックすると元のサイズで表示します
車の渋滞を尻目に道路の真ん中を丸っこいのやら四角いのやら様々な形の市電がスイスイ走る
信号が変わると車・バイク・バス・市電が猛ダッシュ!
クリックすると元のサイズで表示します
どさくさに紛れてこんなのまで道路の真ん中を走る
クリックすると元のサイズで表示します
観光客用ながら夏目漱石の小説に出てくる復元版“坊ちゃん列車”

背景の某有名量販店や後ろの四角い21世紀型の市電とかなり妙なコントラスト
クリックすると元のサイズで表示します
こんなのが走るんだから子供の頃から電車に興味が沸くはずでしょ

で、近くのアーケード街までの100mにまた雨・・・傘無しで出たから見事に濡れた
思い立った店はアーケード街から一本路地に入ったこの店
クリックすると元のサイズで表示します
(「ことり」松山市湊町3−7−2)
いい感じで昭和してます。メニューはこれのみ
クリックすると元のサイズで表示します
由緒正しいアルマイトの鍋焼きうどん(関西以西の定番)といなりずし(三角いなり)。高校時代の帰省中にこの界隈にたくさんあったジャズ喫茶詣での合間にここでよく食べたものです。それで家の夕飯も食べてたんだから
久しぶりに食べた。

1:30pm
一度実家に戻って用事に。途中東京の市川秀男(p)さんから連絡あり。

4:30pm
用事を済ませて実家に戻ると今度は某事務所から5月のスタジオ予定の連絡が留守電に。一段落で近くのジャズ喫茶に向かう。
クリックすると元のサイズで表示します
先のビルを一筋曲がると・・・・
クリックすると元のサイズで表示します
(「プレーム」松山市大街道3−1−2F)
以前は電車通りのこちら側にあったが最近向こう側に引っ越した。信号渡るのがちょっと億劫かな
勿論ジャズ喫茶とくれば・・・・
クリックすると元のサイズで表示します
ジャズ喫茶。ライブハウスとは違ってまたまたいい感じです
何処へ行ってもあるカフェなんかより僕は好きだな。

6:30pm
プレームを出てアーケード街の入り口のある大街道(おおかいどう)電停から5番の電車で松山駅(JR)へ。
クリックすると元のサイズで表示します
髪をなんとかしたくなり贔屓の美容室へ。松山駅からタクシーで5分。この時間道路の渋滞を尻目にスイスイ走る市電を活用。何処まで乗っても何回乗っても一日300円!ICカードをかざすだけでOK。田舎の私鉄と侮る事なかれ、これで市電・鉄道・バス・タクシー全部清算出来てしまうのだ。
クリックすると元のサイズで表示します

7:00pm
松山滞在時の「髪」はここ“HANAVI”(松山市生石町153−2F)。以前はここのオーナーが実家60mのチェーン型の美容室に居たが独立した。夕方予約が取れたのはラッキー。かなり盛り上がりトークで爆笑するうちのあっという間に完了。最後は「なぜ店の前の道が西環状通り」ではなく「フライブルグ通り」と言うのか、、、というローカルな話題に。

7:50pm
松山(JR)駅前から2番の市電で松山市駅(私鉄)に向かう。夕飯をここの駅前にある“DUET”というパスタとジャズの店にしようと思ったから。
クリックすると元のサイズで表示します
ここのデパートの屋上には観覧車がある。由緒正しい関西系の店だ。

あらら、店の前に行くと休み。仕方なく駅前の地下街に入って夕食を済ます。

9:30pm
再び松山市(私鉄)駅前から3番の市電に乗り実家界隈の大街道電停に。そこから7分ほど歩いて松山滞在時の行き着けのジャズバー“キーストン”へ。
クリックすると元のサイズで表示します
(「キーストン」松山市三番町1−10−13−3F)

先日甲府に行ったときの日本酒の原酒をジャズドラマーでもあるマスターにおみや。
クリックすると元のサイズで表示します
今夜のカウンター担当は地元E大でクラシックの作曲を専攻しているI君。
クリックすると元のサイズで表示します
しばらく飲みながら談笑していると今夜のステージ。W君(as)率いるバンドの演奏が始まる。
クリックすると元のサイズで表示します
彼らの演奏を2セット見てから、5分歩いて実家に戻った。

おしまい



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ