2006/8/29

異国情緒の新大久保に謎の水族館を見た!  火曜:街ぶら・街ネタ

何となく川口隊長を思い出すタイトルですが、思わずそう唸ってしまう光景の街。それが大久保界隈

一昔前の大久保は大小の楽器屋やリペアショップ、リハーサルスタジオなどがゴロゴロしていた記憶がある。東京に来て最初にこの街を訪れた頃もスタジオの仕事やリハーサルだった。何の録音だかわからずに来て最後まで不思議な音楽を演奏して帰ったり、恐ろしく細長いスタジオで大編成のサルサバンドのリハがあり最後まで端っこの楽器の音が聞こえない不思議な造りスタジオだったり、かと思えばちょっと裏道の奥に超近代的なスタジオがあったり、と、まあ、とにかくこの街を訪れる時はいつも「不思議」モードに包まれた。

80年代、90年代前半と訪れる機会が多かったけど、この10年ぐらいはご無沙汰だった。

で、なぜか昨年辺りから再びこの街に行く事が増えたから不思議だ。

バークリー時代のルームメイト、ドラマーの佐藤健君のコンサートで呼ばれたかと思えば、翌月にはポップスのレコーディングで迷いながらスタジオに出かけ(一歩横筋に入ると分かり辛い細い路地多数)、バークリーに行く元弟子の壮行飲み会で徘徊したと思えば、再びポップスのレコーディングで再訪。。。。なんだか公私共に気楽に行ってる感じ。

ご存知に方も多いと思うけど、今の山手線と中央線の駅を中心とした大久保通り界隈は、韓国商店が立ち並び、まるでリトル・ソウルだ
韓国ものだけではない。タイ料理を始めとしたエスニックテイストに溢れた街に生まれ変わっている。なかなか歩くだけでも楽しい

と、そんな大久保の街に、、、
ナント

水族館があるというのだから、街ネタで拾わない手はない

実は大久保に水族館があるらしい、、、という話しは随分前にネットで見かけた事があって、バークリーに留学した元弟子natsuko嬢と昨冬飲んだ時に、偶然見つけて入った事があるんだ。その時はブログもなかったのでBBSでの話題として盛り上がった。で、この夏に彼女が一時帰国するというので「じゃ、水族館で」を合言葉に新大久保駅で待ち合わせた。

そして、前回見つけた記憶を辿って線路沿いに進むと・・・・・

おっ

あそこだ、あそこ!

しっかり撮影モードで近ずくと・・・・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
ライブハウス『大久保水族館』

が〜ん

看板の灯りが点いてない。。。。。
階段を降りてドアを覗き込むも、営業の気配はない。。。。
natsuko嬢は「潰れたんだ」と言い張る。
ううん、、、、。

仕方なく看板だけに収め、さっさと他の店に飲みに行った。

後日ネットを調べると
ちゃんと現存してました
たまたま休みの時に行ったようです。

が、、、週末の金曜日という絶好の曜日に休むとは、、、、

やはり大久保界隈、侮れません
不思議だ。

おしまい



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ