2012/2/29

悔し紛れに素朴なお味で・・・・  水曜:これは好物!


昨日とは打って変って・・・

今朝の景色は、、、

クリックすると元のサイズで表示します

大陸からの寒気の吹き出しが関東地方にかかり、低気圧が八丈島付近を東に進路を取ると東京には必ず雪が降ります。
長年の経験から、この予測はほぼ100%の確率。

クリックすると元のサイズで表示します

これから昼にかけてかなり降り積もるという予報。
お出掛けの人は、いつもよりも早め、早目の予定で。
とにかく雪には滅法弱い東京の交通事情ですから。。。

よかったぁ〜。
これが昨日だと、今ごろ大変な渋滞にハマって一日の予定がめちゃくちゃになるところでした。。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし。。。

まだ、温暖化とおっしゃるか!
プチ氷河期だと思うけどなぁ、、、。






へえ〜、もうそんなに経つんだ。

何に感心しているかって?

このチラシ。

クリックすると元のサイズで表示します

いえ、東京ではないよ。
実家のある松山のチラシ。

クリックすると元のサイズで表示します
松山三越

65周年。
地方の街に東京がやって来た!じゃありませんが、
その当時は超ブランドだったデパートが開店してから65周年だそうです。
合わせて三越が立地している大街道(おおかいどう)という商店街もアーケード設置55周年というフェアをやっており、本来ならライバルの商店街がデパートとタッグを組んでいるのが時代の経過を感じさせます。
もっとも、三越によって潤っているわけですからライバルではなかったという事でしょう。

実家は、まぁ、とにかく三越家族。
信号一つ、ワンブロックですからお洒落着から大根まで三越。
スーパーよりも何よりも三越が一番近い、というのもあります。

65周年という事は、僕の母親の時代の人達のランドマークという事ですね。
父親もブランド族でしたから地元では三越がお得意さんでした。

いろいろとデパートを取り巻く環境はどこも厳しいようだけど、原点でもある対面販売の良さを生かして頑張ってほしいものだ。品物をただ並べるだけだったら何処でも出来る、ならば・・・というところにデパートの強みがあると思うな。普通の目線とか客に迎合する必要なんか無いのだ。

そんな三越が65周年記念として地元の人気テレビ番組とタッグを組んだフェアのようです。

クリックすると元のサイズで表示します

なんか僕にはわかりませんが、きっと凄い顔ぶれなんでしょう・・・

クリックすると元のサイズで表示します

きっとこのチラシを見ただけでヨダレが出て来るんでしょうね、たぶん。

クリックすると元のサイズで表示します

っあ、プランタン!
三越の斜め前にあった地元で一番人気のケーキと喫茶の店でした。最盛期には市内に何店舗もありました。
子供の頃の週末は家族で外食に出た最後はココに立ち寄ってチョコパフェというのが僕の定番でしたが、バブルの時代と共に消えてしまいました。

今でも地方の街に行くと、いかにも! という感じで昔スタイルを貫いている地元ブランドのケーキ屋さんとか見つけるとついつい入ってしまいます。こういうのって、きっと一生すきなんでしょうね。何か買って応援しましょう。

それにしても懐かしい〜

でも・・・・・

このフェア>へ<>へ<>へ<

僕が滞在した次の日から始まるって、、、

くやしいなぁ〜TдT

っま、世の中、そんなにいつも上手くは行きませんって、ね。

切り替えは滅法早いほうですから、何事もポジティヴに。

そこで、この日、夕飯に買ったのが・・・

クリックすると元のサイズで表示します
“肱川かわガニめし”(愛媛県大洲市・おおいしフーズ製)http://www4.ocn.ne.jp/~bussan/pages/ot-ooishi.html

三越の地下食料品売り場はこの辺り随一と言ってよいほど充実した内容。
特にチーズ、ワイン系は他のデパートやモールでは手に入らないものが多く(結局それだけ専門知識がある目利きの店員がいると言う事)店員と話しながらいろいろと試す事が出来るのでソソラレるのだけど、惣菜コーナーも最近はローカル色を強め始めて、今まで知らなかったものが時々お目見えするので帰る度に「初物」に出会うのが楽しい。

この大石フーズは、最近愛媛付近でもとんと姿が減った「三角いなり」が健在だったり、街の洋食屋風な「オムライス」があったり、と、昭和レトロな雰囲気が満点。

その大石フーズのある大洲市を流れる肱川で獲れた川ガニと見れば、手が出てしまうじゃありませんか。

クリックすると元のサイズで表示します

ほう〜

肱川は知ってるが川ガニは食べた事がない。

しかもカニは思ったよりも大きい。

クリックすると元のサイズで表示します

そう言えば、川の甲殻類は昔ツアーで立ち寄った高知県の中村市のライブハウスで「川エビ」を食べた事がある程度。意外と川ガニって無かったなぁ。

クリックすると元のサイズで表示します

蟹で炊き上げたごはん、それに大根の焼酎漬けがあるのみ。

クリックすると元のサイズで表示します

超シンプル!

ゆえに、やはり一口目の印象が肝心。

クリックすると元のサイズで表示します

お〜!!

この“ほのかな”蟹の香り、いいねぇ。

う〜ん!

この大根の焼酎漬け、歯応え、味とも、実にいいアクセント。

クリックすると元のサイズで表示します

この辺りでは、炊き込みご飯や釜めしでは海の具が一般的だけど、これはいいね。
味が優しい。

これだけシンプルだと、余計なおかずはホント、いらない。
上手く配分を考えながらいただく。

食べる側も、正に無心にいただく。

何だか、とっても身体に優しい食べ物な気がして、“ほのかな”味わいがいつまでも記憶に残りそうだった。

悔しまぎれのちょっとした収穫でした。

ご・ち・そ・う・さ・ま!





今度はデュオだ!

赤松meetsハクエイが今度はデュオで登場!

只今予約受付中。良いお席のお求めはお早めに!

“赤松敏弘(vib) ハクエイ・キム(p) DUO”

昨年(2011年11月)大反響を呼んだ赤松meetsハクエイの初共演から今回はデュオをたっぷりと!
最も斬新なヴィブラフォンとピアノのデュオの誕生。2012年イチオシのステージです。

クリックすると元のサイズで表示します

今回はお互いのオリジナル曲やスタンダードの他、初めての試みとして二人による純粋な即興演奏も予定しています。
即興演奏と言っても、よくありがちな現代音楽風、又はフリージャズ風にドシャメシャやる表現ではないやり方が我々二人なら出来そうなのです。
二人ともそれがどんな音になるのか、当日始めるまでわかりませんが、お互いに予期するところあっての挑戦です。


どうぞお楽しみに。

本公演は要予約です。良い席はお早めにお求めください。

クリックすると元のサイズで表示します
Toshihiro Akamatsu (vib)    Hakuei Kim(piano)

クリックすると元のサイズで表示します

○日時: 2012 年 3 月 18 日(日)、午後2時半開演 午後4時頃終演予定

○会場:東京都大田区鵜の木3-4-15 “アトリエひらり”
    東急多摩川線・鵜の木駅(改札口左へ)線路沿い徒歩8分

○出演者:赤松敏弘(vib) ハクエイ・キム(p)

○料金:3.000円・完全予約制(お茶とお菓子のティータイム付き)

○問い・予約:03-5482-2838(アトリエひらり担当:つちや)

お見逃しなく〜〜〜!!!





『2011年ベスト・ライブ(動画)』公開中!


2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

・当日のセットリストは以下の通り

[1st set]

1.Trisoniqe......(by Hakuei Kim)
2..White Forest......(by Hakuei Kim)
3.Sound of Focus.....(by Toshihiro Akamatsu)
4.[duet] Newtown......(by Hakuei Kim)
5.Ruby, My Dear.....(arr Toshihiro Akamatsu)
6.Axis.....(by Toshihiro Akamatsu)

[2nd set]

1.The Gleaner.......(by Toshihiro.Akamatsu)
2.[Tribute to 1964's Miles]......So What
3.[Tribute to 1964's Miles]......Stella by Starlight

4.[Tribute to 1964's Miles]......Walkin'
5.[duet] Silent Butler.....(by Toshihiro Akamatsu)
6.Kuala Lumpur......(by Hakuei Kim)

[Encore]

1.Dear Old Stockholm
2.O Grande Amor

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

・セットリストの赤文字の演奏をアップしています。
・動画は従来通りMySpace版と、プラグインの関係でMySpaceビデオがご覧になれなかった人向けにYouTube版もアップしています。
・MySpace版YouTUbe版とも、どちらも同じ内容です。


[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目



★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]




[MySpace版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部1曲目



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]






ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■TSUTAYA DISCAS
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ