2012/12/25

もうすぐ消えます、ね・・・。  火曜:街ぶら・街ネタ


クリスマスらしさはあまり無いですが、クリスマスです。

クリックすると元のサイズで表示します

寂しい木・・・・

いえいえ、木が寂しいんじゃなくて後ろの光景。

夏の終りに世紀の大転換で地下線化された京王線の調布付近。まさにこの木は調布駅の南口の正面にあったものですが、今ではすっかりただの木に戻っています。

【地下線化切換え前日の調布駅南口と木】2012年8月18日撮影
クリックすると元のサイズで表示します

つわものどもの夢の跡・・・でしょうか。


クリックすると元のサイズで表示します

すっかり撤去が進んだ仮の橋上駅舎。
元々は地上にあった駅舎を地下化するために一旦橋上化、その間に地下駅を作り完成したら撤去するというものでしたが、実際に地下化されて撤去が始まると、どこか物足りなさを感じてしまいます。

同じ場所からの光景は

【地下線化切換え前日の調布駅仮橋上駅舎】2012年8月18日撮影
クリックすると元のサイズで表示します


人工土台の部分を残してほぼ姿を消した仮駅舎。

クリックすると元のサイズで表示します

仮とは言えこの間の東日本大震災にも耐えたものでした。

【地下線化切換え前日の調布駅仮橋上駅舎】2012年8月18日撮影
クリックすると元のサイズで表示します

構造はとても単純でブロックパネルによるいわゆるプレハブ構造でしたから、撤去しだすと早いのですね。

かえって古い建築物よりも安全なんじゃないかと思ったりするくらいです。


まぁ、鉄分多めの人に限らず、この世紀の大転換は興味津々の出来事で、切換え前日のこの付近はカメラをかざす人で大混雑でした。

クリックすると元のサイズで表示します

地上のホーム跡もすっかり撤去が進み、もはやホームと推測できる形は残っていませんね。

【地下線化切換え前日の調布駅ホーム】2012年8月18日撮影
クリックすると元のサイズで表示します

あの夏の日の熱狂ぶりはどこへ行ったのでしょう。


クリックすると元のサイズで表示します

今、こうして南口から北口へ地上で繋がっているので行き来しているこの道路は・・・・

【地下線化切換え前日の調布駅】2012年8月18日撮影
クリックすると元のサイズで表示します

鉄分多めの人達のカメラの砲列が並ぶホームの直下。
数秒毎に電車が行き交う、まさに歩くのはあり得ない場所でした。


クリックすると元のサイズで表示します

北口側から眺めると、かすかに階段の跡で橋上駅舎の名残りが感じられますが、何も知らないとただの建築現場か解体現場にしか見えなくなりました。

【地下線化切換え前日の調布駅北口】2012年8月18日撮影
クリックすると元のサイズで表示します


来年のクリスマスの頃には、まったく新しい形へと生まれ変わり始めているのでしょうね。
ともあれ、もうすぐ、、、消えます。


クリスマスクリスマスクリスマス

遅ればせながら、我が家もクリスマス。

クリックすると元のサイズで表示します

今年はシンプルなクリスマスディナー。

クリックすると元のサイズで表示します

家人特製の料理と、ありもののオードブルで構成されたメニューです。

クリックすると元のサイズで表示します

コトコトと煮込んだお手製のビーフシチュー。

クリックすると元のサイズで表示します

お手製のハードパン。

クリックすると元のサイズで表示します

お手製のパン生地で作ったピザ。

その他いろいろ・・・

クリックすると元のサイズで表示します

栃木のヴィブラフォン奏者コバKこと小林啓一くんが遊びに来た時に持って来たスパークリングワインで乾杯カクテル

クリックすると元のサイズで表示します

お互いにプレゼント交換。

とってもシンプルなクリスマスを迎えました。

みなさまもどうぞ素敵なクリスマスを。カクテル



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ビデオカメラ【Crew Camera Series】TOSHIHIRO AKAMATSU meets HAKUEI KIM 2012. presented by T.KOYAMA. "SOUND OF FOCUS" comp by T.Akamatsu. 2010's album 『AXIS』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO オープニング"Be my love"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/2曲目"TRITON 2011" comp by T.Akamatsu. 1991's album 『Now's The Time Workshop vol-2』(BMG FunHouse)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/4曲目"I LET A SONG"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、ユキ・アリマサDUO 2011 演奏順/7曲目"DAA HOUD". 2005's album 『Synergy』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO 演奏順/9曲目 アンコール




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『BEST LIVE 2011(動画)』


2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目



★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]




ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ