2006/4/2

桜からセリ七賢  日記

比較的早い夕方から久し振りのオフ天気も良かったので日没前に近くの桜並木を観に行った。
世は花見のシーズン。少し行けば映画会社のスタジオ周辺や、CMやドラマで度々使われる土手沿いの桜並木などもあるが、

桜の花の数ほどの花見客もいるわけで、

当然道路は渋滞、宴と喧噪が桜の花の数ほどあるわけで、

特に明日(日曜日)は天気が下り坂との予報にあおられて凄い事になってるのは予想がつくのでパス。近所でつかの間の花見もいいもんだ。

同行した家人が言う。
「木の幹のところに咲いてるのに最近気が付いたんだ」
なるほど。
よく見ると根っこのところにも咲いてるのがある。気がつかんかった

「サクランボはこの桜から採れるわけじゃないんだよね」
たしかに。
これは後でネットで調べてみよ〜っと

こと、草木に関して僕は知識がさっぱり足りない、、、、、自然を眺めるのは大好きだが、人工的に生育された鑑賞用の草木となると、そこに突然「置かれて」いるので植物の草は草・花は花程度の認識レベルしかなく、名称となると「桜(でも時々梅と混同している時があるらしい・・・)」「つつじ(これは少し自信がある。昔庭にあったから/笑)」「梅(これも時々桜や桃と勘違いしているかもしれない)」・・・・

ま、それはともかく、取りあえず間違い無く桜の下を歩いている。

そもそも桜は日本の国花とされているが、根源は何処だろう? ネットでいろいろと見るが諸説いろいろとあって何処とは特定しにくい。ふーむ。。
ならば家人の言ってた「サクランボ」ってどうなんだろ?
これはなかなか具体的だぞ。やはり食べ物となるといろいろと文献に記録があるらしい。諸説によれば食用としての「サクランボ」は中東地域からヨーロッパ、アメリカへと渡り、日本に入ってきたのはナント明治になってアメリカから、という事らしい。
つまり、桜並木にある桜とサクランボの生る桜は別の起源だという事はわかった
人生日々学習デス

ちなみに日本で「サクランボ」と呼ばれるようになったのは最初「桜の坊」と呼ばれていたものがカタカナでサクランボと変形していったらしい。
長年の疑問の百分の一であったCherryがなぜサクランボと呼ばれているのかがやっとこれで判明した(←かなりオーバー)

で、この時期、ココまでの文脈から行けば、ココでドーーンと桜の写真が載るはずだけど、



あえてコレ

クリックすると元のサイズで表示します

ど〜よ。
何の関連もないって?
いえいえいいんです。
桜の下で花見をするときに欠かせないのが「お酒」。
な〜んだ、タダの飲んべえじゃん、って?
そ、そうじゃないですよ。古来桜の木の下で宴を催していたのは木に宿る神様を祭る行事とあります
あくまでも神聖なのです(^へ^;
っま、桜を観てたらちょっといい気分になったというのもありますが。。

そこで、お酒に合う今夜のメニューは、、、、、、
と思った途端に、なぜか温かい鴨蕎麦を思い付いたわけです。(←なんの意味もありません)
我が家では普段は絶対に蕎麦は冷たくシャキッといただくのが風習ですが、年に何度かだけは温かい蕎麦を食べたくなります。
そこで絶対条件として「せり」が手に入らなければ鴨蕎麦中止、という、これも殆ど意味の無い法則に基づいておりますので、無事に「せり」を入手。
合鴨、せり、とめでたく主役陣がキッチンを占領する事となりました。

かつお節、日本酒、醤油、砂糖、白出汁でシンプルにベースを作り牛蒡の煮汁と合わせつゆを作りつつ、合鴨と白ネギを軽くローストし別鍋で具を作る。蕎麦を茹で水を切り、熱々のつゆをかけ、具を乗せて完成。(ま、他にもメニューはあるのですがそれは省略)
先日山梨で買った「七賢」(純米吟醸)とともにいただく。


っんまい


何と言っても「七賢」と「せり」の相性が飛び抜けていい。
合鴨はまるで傍役に。。。。。

と、あれれ?
桜の話しじゃなかったっけな。

ま、いいっか。
と、新年度に突入。来年に入ればHPも開設10周年。いろいろとありますが、まずは本日の主役は桜でも花見でも合鴨でもなく、、、「七賢」と「せり」
でした。

おしまい



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ