2006/4/23

昼と夜の境目  日記

本日最後のレッスンは“王子”こと●INSKE君。
クールにやるとむちゃカッコええ知る人ぞ知るジャズの名曲PENSATIVAを奮闘している。頑張れ!

なぜ僕が“殿”で●INSKEが“王子”と呼ばれるようになったかと言えば、いつの頃からかこの界隈のネットでこれまた何故か僕の事を“殿”と呼ぶ人達がいて、ネットでそれを見た人が今年の新年会の席で「赤松さんは“殿”。●INSKEさんは“王子”」という事で命名される。
メールで質問いただいた方、そんないきさつなんですよ
だからけっして僕がチョンマゲを結ってるわけでも、●INSKE君がフリルのついたシャツを着ているわけでもありません(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
↑現場写真(殿と王子 & 「姫君シスターズ?」)

まあ、この時は他にもいろんな事が噴出して大いに盛上がったんだけど、、、
とにかく、それじゃあシャレでそうしてみようよ、という事になり、このブログのリンクにあるように“王子”●INSKE(←ほとんど伏せ字意味なし)と明記してみたんだ。(●INSKE君のブログリンクもちゃんと“殿”になってます)

いつものように「王子モードの“熱っつい”レッスン」が終わって、ふと外をみるととっても幻想的な空よ。。。もちろんしっかり

クリックすると元のサイズで表示します
      Apr/22/06  19:30

またジャケ写になりそうなカットですが、まぁ、これはこれ、今日の記録。
ちなみに、こういうカットをベースを白地にして真ん中に入れたりすると、ちょっと懐かしい70年代のECMレコード風なジャケットになります
すぐこういう風に思うところが、やっぱり影響が強かったんだなー、ECM。

深い藍色の闇の部分が夜、うっすら霞がかかった部分が昼、その真ん中に偶然雲の切れ目があって、夜と昼の境目を演出している。(←と、勝手に思ってるだけですよ。低気圧の境目なんてぇ〜想像力の無い事は口が裂けても言わんように)

すっかり夜の帳(とばり)が降りた深夜。
リビングの照明を暗くして、ちょいとアルコールを嗜みつつ聞くジャズ。
いいっスねぇ。こういう時は、、、トランペットやサックスがよく似合う。
高校の頃はアルコールがコーヒーだったけど、こういう時間を大切にしてたな。

毎日バタバタしているので構想をまとめるにはいい時間。
久し振りに週末の今夜は、
ちょっとこのまま夜更かししてみましょう

クリックすると元のサイズで表示します
  26:30 上の“現場写真”と同じカットで

ちなみに、ダウンライトの横には怪しい光を放つライトもある
“王子”が上記新年会の時に「差し入れ」としてプレゼントしてくれたものだ。

スイッチを入れて下のライトをつけると、
クリックすると元のサイズで表示します
ライトの熱で暖められたオイルに対流がおこり、中で様々な怪しい形が出来る・・・・・
クリックすると元のサイズで表示します

さすが“王子”、怪しいゾイ

“王子”は「殿のベッドルームに是非」と薦めるのだが、、、、
電熱ラストは熱い熱い
“王子”のベッドルームは、このような怪しい光で満ちているのだろうか?
ドンキで散財している事だけはブログを通じて知っているのだが、、、

かくして、このライトも鎮座するリビングでまもなく午前3時。

おしまい



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ