2006/4/25

ストロー現象と軌道敷跡に心は痛みつつ  火曜:街ぶら・街ネタ

突然ですが、昨日(4月24日)首都圏にお住まいのみなさんで“足”を奪われて大変な目にあった人、たくさんいるんじゃないでしょうか?かくいう僕もその一人

まったく朝からテレビを見てなかったものですから、夕方銀座に寄ろうとするも、山手線は駅毎に小停止を繰り返しズルズルと遅れ気味、こりぁダメだ、と乗換えた京浜東北線は「スシ詰め」の洗礼、それでも新橋からダッシュで何とか間に合って一安心。さて、帰りに久し振りに青山に顔を出して帰ろう(電車で出た時じゃないと寄れない店って実は多い)と地下鉄の新橋駅に降りて何やら改札に人だかりが・・・・うん?
何やら係員が紙を柱に貼付けている  ッゲ

「午後6時30分頃銀座線青山一丁目駅で発生した人身事故により只今銀座線は銀座〜浅草間で折返し運転中」 

つーことは、新橋駅で待っても電車が来ないって事。諦めて再びJRまで上がって取りあえず青山方面まで動いている千代田線に乗るべくお茶の水を目指す。すると乗った京浜東北線は東京駅手前でノロノロ運転・・・・「只今先行列車が遅れの為徐行運転中です。この先停止と徐行が続きますが御了承願います」。

どうなってるんだ?今日のJR

神田で中央線に乗換え、お茶の水に着いた頃には空模様まで怪しくなってきた。持ってない・・・そこで青山の帰りに寄ろうと思っていたお茶の水の店に急きょ変更。
久し振りに寄った店に入ると偶然にも久し振りに会うミュージシャン達がいた
やぁ、やぁ、やぁ、と懐かしい会話と彼等のファースト・セットを見て店のオーナーにお邪魔のお礼を言いつつ、今日はこのまま帰る事にした。(案の定その後都心は土砂降りの雨だったらしい)

困りますねぇ、“足”が乱れると。帰ってニュースを見るとアレま山手線があんな事に、湘南新宿ラインが一日運休で、埼京線まで折返し運転ですと・・



さて、前フリが長くなりました。本題を急ぎます。
この間名古屋の仕事の翌日に隣の岐阜市を見てきました。僕のような電車好きにとって岐阜市は「その後」がとっても気になる街なんです

昨年の3月限りで岐阜市内を走っていた路面電車が全廃されました。岐阜市は人口約43万人。昔から市内を「赤い」路面電車が走り、僕は結構お気に入りの街でした。奇しくも昨年4月の頭には当地のライブハウス“バグ”でライブをする機会にも恵まれ、楽しい仲間も出来た所。ちょうどそのライブの一週間前に岐阜の路面電車の歴史に幕が降ろされたばかりでした。だからまだ市内には電車の架線が残ったままで、今にも「赤い」路面電車がやって来そうな錯角を覚えたほどです。

さて、その後、ちょうど1年経った街は一体どのように変ったのでしょう

まずは名古屋から「赤い」はずが「赤くない」名鉄の特急で名鉄新岐阜駅までミニトリップ。「赤くない」名鉄よりも隣のホームに停まっていた由緒正しい「赤い」名鉄電車をパチリ
クリックすると元のサイズで表示します

やはり名鉄は「赤」であってほしいです・・・・などと、思いながら名鉄新岐阜駅の改札を抜けてまず、ア然
なんと、駅と一体となった「新岐阜百貨店」が閉鎖されている。。。
クリックすると元のサイズで表示します
このビル全体が「新岐阜百貨店」だった・・・今は階段のみ駅入口として機能

これじゃまるでゴーストタウン。隣のJR岐阜駅の横には岐阜県一の高層マンションやら駅前再開発やら行っているというのに

気を取り直して階段を降りると目の前にソレが姿を現わした。
クリックすると元のサイズで表示します

架線は外されているものの、道路上の軌道はそのまま残されている。
かつての繁華街「柳ケ瀬」に向かって歩く。
ず〜っと軌道は残ったままで途切れる事がない。
クリックすると元のサイズで表示します
このカーブを曲がると線路が無くなるのかな?と思った





クリックすると元のサイズで表示します
御覧のとおりちゃんと残っている。



あ、でも


このカーブの所にあった「近鉄百貨店」が無くなってる


ううん。


時間も無かったので“バグ”にも寄れず、ここで駅に折返す。駅前に戻ってまた唖然

駅前の「岐阜パルコ」が今年中に閉鎖される。


ストロー現象という言葉を聞いた事があるでしょうか?勢力のある街が近隣の街の消費人口を吸い寄せてしまう現象。つまりココでは“名古屋”が勢力を拡大し岐阜市の消費人口を吸い取っていると言う事。岐阜市ほどの規模の街が吸い取られてしまうとは少し前までは考えられなかった。路面電車は街の中の移動を支える便利な乗り物。バスでは捌き切れない規模の街。しかも平面移動なので地下鉄のような無駄な移動時間と労力がない。しかし、もうその消費人口が名古屋に移ってしまったから役目は終えた?

地元の人達は街の活性化や高齢者に優しい公共交通機関の確保の為に「運転再開」運動を起こしていると聞く。それが証拠にまだ軌道はいつでも電車が走れるように残してある。今全国で現存している路面電車のある街は非常に元気。LRTという近代的な車両の導入さえ行われている。そんな中で軌道線を廃止した岐阜市は例外的。しかし、しっかり道の真ん中に残された軌道、(相次ぐデパートの撤退は予想外だったけど)それをこの目で見ておきたかったんだ。
隣のJR岐阜駅前の再開発は、高層マンションだから名古屋への直結を高めるだけと僕には見える。

頑張れ岐阜の商店街

おしまい



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ