2006/4/29

戦ってゾロ目  日記

今日はいつもにも増して渋滞が多く、なんで〜と思っていたらGWに突入した人が多かったんですね。ウラヤマシイぞ。

と、言ってもですねぇ、渋滞や混雑の無い平日に休みがあるとフラ〜リと出かけられる僕らの業種も「まんざら」悪いもんじゃありませんよ。何処へ行っても空いてるので、ちょっと足を伸ばすだけ、の、つもりが随〜〜〜〜分足を伸ばしてしまう事なんかもあります。

天気が良いのでちょっと中央道に乗って富士山でも見て来るか・・・・・が、
富士山の周辺は雲が多そうなのでそのまま甲府辺りまで行ってみるか・・・・・・、
あらら、もう甲府に着いちゃうからこのまま諏訪湖まで行ってみるか・・・・・・・に代わり
諏訪湖で休憩したら元気になったので松本まで行って蕎麦でも食べて来よう・・・・
と、どんどん延長されて気がつくと日本海に抜けていたりする時もあります。
目的が無い旅って案外楽しいものです。

な〜んて話しをしていたら


いやいや、あの渋滞や混雑の中で四苦八苦しながら目的地に辿り着くのがいいんですよ。ああ、今日は休日でみんなも何処かに出掛けてるんだなーーーって充実感があるじゃないですかー、何処に行ってもガラガラだと寂しくなりませんか?という人もいる。

ちっとも寂しくなんか無いんだが、「みんなで」という意識が「楽しい」と感じる気持ちはわからなくもないが、、、まぁ、平日に1時間で行ける所に3時間も掛けて行く「楽しさ」は理解出来ない。そのくせ、飛行機で2時間で行ける所を電車で5時間掛けて行くのだから、僕はかなりの天の邪鬼なんだろうなぁ。

いいんです、地を這うのが好きなんです

地を這っている時に見えるいろいろな物が僕は好きなんです








しかし




仕事の時に楽器が一緒だと、かなりの長距離をひた走ります。一晩900km程度は何度もあります。昼間の長距離は旅行の時以外は嫌いです。神経の集中出来る深夜の移動が僕は楽なのです。やはり日頃から典型的な夜型人間なのでしょう。
まぁ、人それぞれですからペースがあるので真似はしないように。



深夜の移動の時には、いろんな偶然にも遭遇します。


ちょうど横浜のジャズフェスが終わって、そのまま松山へ直行している時の事でした。楽屋で「じゃ、一っ走りしてきまーす」とメンバーと別れたのが午後8時、土曜日という事もあって道路は激混み、まぁ、先は長いんだから慌てない、慌てない、

ようやく東名高速に乗って厚木辺りで午後10時。雨も上がって気分も

ちょっと風が強いのが気になりますが、週末でトラックが少ない高速を快調に走る。静岡を過ぎ日本平の付近になると前方に「事故発生」の掲示。しばらく進むと渋滞の最後尾に。どうやらワゴン車が横転して一車線規制らしい。30分ほどノロノロが続き、横転したワゴン車の横を通り過ぎると、みんな30分遅れの分アクセルで一気に浜名湖を通過。名古屋を過ぎ、名神高速に入った辺りから風が強まる。それでもハイペースのまま走って関ヶ原に差し掛かった時、、、、、、

おっと

前方の中央分離帯で

またワゴン車が横転している

今度は横転したばかりで発煙筒も何も無い。これは大変と思ったら、ドライバー達は全員無事のようで「大丈夫。行け」の合図。徐行しながら通過する。それにしても最近の1-boxワゴンは横風に弱いというのはこういう事だな、、、、と思いつつ大津。いつもココで給油と小休止。一晩で2回もワゴン車の横転をみるのも珍しいが、幸いにも長距離トラックが少なくて連鎖事故には至らなかった。
気を取り戻して大津を後にし、大阪を掠め、山陽道のトンネル区間で一気に岡山、瀬戸大橋と進む。
四国に入って大豊SEで小休止。ここで松山の会場で楽器搬入の待機をしているスタッフに電話。さて、後1時間半という距離。

と、

目が何気に車の走行メーターに。





もうすぐゾロ目になる



深夜の長距離運転は何でもイベント化してしまうのが疲れないコツ。
「ならば、ピッタリのゾロ目が撮りたい」
いや、撮る、もとい、撮らなければ(←誰も期待してるわけじゃないのに)

そうなると、ここから先は「メーター」との戦いである
仕事の為の移動中という事を忘れ、その事に集中するのだ。



しかし、敵も手強い

なぜならば、ここは高速道路。無闇矢鱈(何故か族風な表現)と車が停まれるわけがない。


「運良くば」


ジャストのタイミングでサービスエリアに駆け込みパチリ
最悪でも路線バスのバスストップに臨時停車でパチリ

到着地の松山まで走ると確実にゾロ目を超えてしまう。

選択は二つ。運が良ければ



戦いは始まった

徐々に迫るその瞬間。
一体何処だ、その瞬間を迎えるのは。何処だ

あと数キロでその瞬間という状況
道はどんどん山に入って行く。
頭で逆算すると次のSEまで行くと超えてしまう。
選択は後一つ、、、、、、、、バス・ストップ・・・・うぬぬ、、、

あと数百メートルという時になって目の前に現れたもの、、、、



それは・・



ト・ン・ネ・ル



ううん、、これはもうダメ、諦めるしかない、万事急須(きゅうす?)


と、突然トンネルの側面に「非常停車帯」
時刻は午前4時過ぎ、後ろから来る車は無い。

「非常停車」に値するか・・・・・・


する。する。する。


少なくとも今はする


はい
クリックすると元のサイズで表示します



おしまい



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ