2006/7/2

夜の大捜査線・・・・戦?  日記

昨夜からちょっとやり取りで振り回され気味
締切り指定された日を急に思い出し殆ど徹夜で原稿を作ってPDFに変換し、「さて、今日中に届けばOKだったよね」と伝えられたサイトにアクセス。そこに入稿先のアドレスがある、との事だった。だった。だったよね〜

何処にも無いじゃないかー。

くーっ

ひょっとしてMacだとリンクが認識出来ないのかと思って、Winを立ち上げて、、、

何処にも無いじゃないかー。

くーっ

仕方ないので午後からするものの、ずっと出ない。とうとう午前0時を超えてしまった・・・・、シランケンシュタインになろーっと。(週明けに連絡するけどね)

そんなタイミングの悪い中、帰ってからメールを開くとその中にピアニストM君からのメール。今度の打ち合わせなんだけど「カクカクシカジカの音資料があれば聴きたい」という。受けてから20分後だったが
するとあいにく留守電。ヲイヲイもう寝ちゃったのか?

「残念ながら今手元にあるのはカクカクだけで、シカジカは無い」とメッセージ。
そう、メディアが無いんだ。あれはLPしか持ってない。先日ブログで紹介したのはLPのジャケットをデジカメで撮ったものだ。しかもそれは実家にある。東京から四国までは遠い。だから、「無いよ」って言ったんだけど、、、、



ちょっとまてよ


クリックすると元のサイズで表示します
記録メディア関係を保管しているクローゼットを開ける。

確か、アメリカ時代に買ったミュージック・カセットテープがあったはず
それにしてもこのカセットの量・・・・見るのもうんざりするんだけど、折角聴きたいと言うのだから、探すのがリーダーの役目でしょー。
で、手前から少しずつ引っぱり出してる内に見つかるだろー、と

クリックすると元のサイズで表示します

一応メディアは項目毎に区分けして入れてあるので、一束ずつ出して行くんだけど、
なかなかお目当てが見えてこない。

クリックすると元のサイズで表示します

だいぶ手前の方は出せたけど、まだ見えないなぁ。。。

って、足元は・・・
クリックすると元のサイズで表示します
既に廊下を塞いでおります。乱雑に見えますが、項目毎の固まりが重なって、山となって、いえ、まだ何が何だか把握してますが。。。

結局30分かかって一番奥の列まで到達したものの、、、、、

見つからず

再び30分かけて項目毎に元の位置に戻す、戻す、もどす。。モドス、、

途中で飽きてきて、ミュージック・カセットテープで流通していたものをちょっとピックアップ

ホラ、ECMのミュージック・カセットなんて珍しいでしょー
クリックすると元のサイズで表示します
オレゴンにキースにゲイリーに、、

こちらはCBSのミュージック・カセットクリックすると元のサイズで表示します

Mカセットの特徴は背の部分がレコードやCDに比べて大きい事。だからレーベル毎にカラーリングされてて見つけやすい。
クリックすると元のサイズで表示します
手前のブルー地に白文字はECM、向こうの白地に赤文字はCBS等。作品のタイトルもひと目でわかる大きさ
しかし、分厚い! でも、これら純正のMカセットはCDよりも音が艶っぽくて好きだ。
でも、もう我が家ではカセットデッキは一台がかろうじて現役。しかしこれももう余命幾ばくもない感じ、、、

我が家で保管している記録媒体。大はANPEX456から小はチップまで、、
カセットは恐らく1000本以上は軽くある。スタジオに行くと「ハイ」とラフミックスもカセットでくれたものだ。それがDATに変り(これも数百本あるがもう生産中止)、MDからCDR、そしてマクロメディアへ、、、。この10年で目まぐるしく変った。

どーする、このメディア。譜面は少しずつPDFデータにして保存しているのだけど、、

と、遂に見つからなかったので開き直っていたら、、
デスクの下のボックスに目が行った




クリックすると元のサイズで表示します

DATばかりだと思っていたら、下の段はカセットだ!

そして

はい。M君、見つかりました。
クリックすると元のサイズで表示します

これもECM。
これを何とかして届けるように奮闘したいところだが、、、
今日はもうそろそろダウン
明日以降に対策を嵩ずる事に。

ちなみにMカセットを開けると、色気も素っ気もないテープが出てきます。
クリックすると元のサイズで表示します

なになに“ドルビーB-Typeで聴くべし”の記載。ノイズリダクションが懐かしい

おしまい



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ