2006/8/14

期間限定の・・・  ■“WE LIVE HERE”夏休暇日記

お盆休み突入で日本中右往左往です
この混雑振りを「賑やかで休日らしい」と楽しんでいる人がいましたが、僕は未だに理解出来ません。人が「わくわく」する瞬間もそれぞれですねぇ。
さて、お盆という事で実家のある四国は松山へ

風流豊かに盆踊りや花火大会、縁日で屋台を冷やかして、、、、と書きたいところですが、実家界隈では風流のみじんもなく、ただでさえ混雑している街路を三日間も車両通行止めにして「松山おどり」というのをやっていますから都心部は大渋滞 にしては住人は一向に盛り上がらないから不思議な祭りです。

実際のお祭りは秋にあるので、こちらは企業色が濃いからでしょうか。
同じ四国でも徳島の「阿波踊り」や高知の「よさこい踊り」に比べると松山と高松の夏祭りはパッとしません。面白い事に人口が多い方が盛り上がってないという不思議な現象。市民主導型と企業主導型の違いもありますが、こうも温度が違うとは、何か考えなくてはなりませんね。かと言って「よさこい風」に振り付けを自由にしたからと言って盛り上がるとは限らない例なようにも思います。
祭りや踊りに対する思い入れが徳島や高知とは違う気がします。
オリジナリティーでしょうかねえ。
夏の大きな野外イベントがどんどん続かなくなった90年代後半の教訓を活かしてほしいものです。

さて、そんな実家界隈の喧騒から離れるには、やはりジャズのある店でしょう(←単に好みの問題)
実家の徒歩5分圏内にはそういう店がたくさんあります。
皆むかしからこの地でジャズを広めて来たミュージシャン達が経営しています。
で、最も松山滞在時に通うのがドラマー櫻井さんのお店「キーストン」。
エレベータで3階に上がり、店のドアをあけると。。。。。

います、います

カウンター席には常連のF岡さん、隣にはへーさん。前に会った時からお二人が口を揃えてお奨めのジンギスカンの店、まだ行けてないんですが、今度の滞在中にチェキラしたいものです。(他にもいろんな松山の情報をココで得るのです)

さて今日はカウンター担当のI君オリジナルのカクテルを賞味。

クリックすると元のサイズで表示します
その名も“桃源郷”

I君は岡山県から松山の大学に来て作曲を専攻しています。岡山と言えばマスカット、そして白桃 僕も高校から岡山の学校に行ってましたから、その味は保障済み。で、その中でも超ブランドの清水白桃をジューサーにかけ、焼酎とリキュールをベースにしたカクテルが桃の採れるこの時期限定の“桃源郷”となるわけです。

クリックすると元のサイズで表示します

まあ、贅沢に清水白桃をまるまる使っているのですから、自然な果実の味わいをたっぷりと楽しめるお奨めの一品
キーストンへお越しの際は是非ご賞味あれ! 
クリックすると元のサイズで表示します
“桃源郷”作曲者のI君。いつも汗まみれで奮闘しています

と、その流れを横から見ていた「へーさん」がI君に「ピーチのリキュールある?」「はい」「じゃあストレートでちょっとちょうだい」と、、、、、、フッ、フッ、フッ。へーさんが何を考えているのか大体の察しはつきます。

絵に描いたようなベタな流れで、桃源郷に添えられた白桃の果実にリキュールをかけてパクリ!
ううん。。。。。。「こりゃ旨くないな」と。
みんなから、「そりゃ旨くないよー。果実は漬け込まなきゃ」と一斉に突っ込まれて撃沈(笑)

しかし転んでもタダでは起きないへーさん(酔って自転車の置き場所は忘れますが・・/笑)。
隠し玉を脇から登場させました!

クリックすると元のサイズで表示します
“すず音”(一の蔵酒造/宮城県)

発泡酒ですが、日本酒とは思えないカクテルのような甘味とすっきりした後味に一同
「ほッほう〜」
そんなこんなでへーさんが自分の株を下げたり上げたりしながらキーストンの夜は更け行くのでした。

今日はパソコンの前にじっくり腰を据えて書いたのでちっともショートコメントじゃなかったですね。四国・松山より暑中お見舞い申し上げます!

続く



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ