2006/9/2

すいません・・・・・  日記

日常でよく耳にする言葉ながら、意味がわかっていても、なるべく使いたくないナ、と思う言葉に「すいません」がある。

「すいません」

謝る「すいません」じゃないよ、「ごめんなすって」(笑)のすいません。

この「すいません」は謝罪じゃないので、本当は何ナノかなぁ。。と、耳にする度に思ってしまうんですねぇ
今日もそうだった。
エレベータという密室で。

よく乗り込むと、後から入ってくる人が「あ、すいません」と言って入ってくるじゃないですか。「あ、どーぞ」という訳でもなく、別に「いや、もう乗っちゃダメよ」と拒否するでもない。

僕はこの時に、一度「すいません」が耳につくと、自分が降りる階まで気になって仕方が無い
まあ、江戸時代ならきっと「へい!ごめんなすっておくんなはい」なんだろうな〜、などと気に掛けるともうダメです。

次の階で降りる人も「あ、すいません」って人を掻き分けて降りて行く。
で、また乗ってくる人も「あ、すいません」って入ってくる。

ううん、、、こうなると、狭いエレベータの中で人が動く度に「すいません」がそこかしこから溢れ出してくる。。。。
ああ、、、気になって仕方がないゾ、、、「すいません」の後の言葉を誰か言ってくれ〜!

いよいよ僕が降りる階になった
随分奥に入ったものだから、前の人に何か言わないとどいてくれないゾ。
ううん、、、「すいません」は言いたくないなぁ・・・

どうしよう。。。。
妙にドキドキしてきます。

よし

意を決して・・

「あ、降ります、降りま〜す」
どいてくれた人には
「ありがとう」

いいじゃん。この方が。
ね。

要するに「すいません」の後には「お邪魔します」が来たり「お先に失礼します」が来たりするんだよね。それを謝罪語の「すいません」で察して下さい、と言うんだろうなぁ。どうもこう言うの、、、、苦手です。

まあ江戸時代の「ごめんなすって」の「ごめん」も謝罪語だから、、、、同じと言えば同じなんですが。

見知らぬ人が集まる所では、どうしてもこの「すいません」が聞こえてしまって、「その後の言葉は?なに?」と、一人頭の中でグルグル回ってしまうのでした。

クリックすると元のサイズで表示します

電車の入り口でもそうだろうなぁ。。。。

おしまい



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ