2006/9/24

ううん、、、大丈夫か?  日記

最近気になる事がある
国産の製品の成熟度がどんどん下がっている事。

例えば・・・・・

先日携帯用のWinが固まってどーしようもなくなり、やむおえずもう一台Winを緊急要請で購入。僕は元来Mac派なんですけど、出先でトラブルがあるとどうしても扱える店が限られてるので持ち運びはWinにしているのです。
製品の機能(ソフト)はどんどん充実しているのですが、どーでもよいような所が結構モロイんで大丈夫かしらんと思ってしまうのですねぇ


クリックすると元のサイズで表示します

これはパソコンの裏面のストッパー。
買って数週間で・・・・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

あらら、、、いつの間にかストッパーのゴムがどこかでポロリととれてしまいました
どうしたもんでしょう。

実は買い替え前のWinもまったく同じ箇所がポロリととれてしまってたんですねぇ。。。メーカーは違いますが・・・
これがとれるとキーを操作する度にカツカツ言ってうるさいのですよ。
使い方が乱暴なんて言わないでね、同じ部分がとれるというのは乱暴に扱ってもそうなる確率は低いんですから。。

で、i-bookの同じ箇所を見てみると・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

ほらね、ちゃんと周りを固定してとれないようになってます。

クリックすると元のサイズで表示します

要するに使い手の環境は様々、ストッパーなどは知らずの内に毎日お世話になってる部分。そこがモロイというのは少し前までの国産品では考えられなかった。
コストダウンする所が違うのではないかなぁ。。。

ひょっとすると、こんなところにも英知の結晶だった団塊の世代の引退=後継者・技術者不足があるんだろうか?

大丈夫?


おしまい



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ