2006/9/30

汝、隣人を・・・・  日記

日々いろんなところでいろんなシーンと遭遇しますが、相手の状況や気持ちがまでわかってしまうと、もう〜、気になって仕方のない光景に

人の振り見て我が振り直せと、、、、、そ、その通りです

他人事であるから、まったく無関心に傍観している場合はいいのですが、たまたま運命の悪戯か、見ちゃダメよ、と思いつつ、どうしても視野に入ってしまう場合など、う〜ん、、、、、

朝の特急車内。
たまたま自分の座席がココというだけの事です。
ボ〜っと車窓など眺めながら快適に過ごす時間。
快調に飛ばす電車。
今日も秋晴れの晴天なり〜
暖かいモーニングコーヒーなど啜りながらの移動です。

と、

発車して5分くらい。。。。

うん?

と前席の客人の素振りが・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

リラックスして座席の背もたれに腕を乗せて“伸び”でもしてるのかと思っていたんですが・・・・・

何度も、何度も頭に手をやります。

「何やってんだぁ〜?」

まあ、その内に伸びも終わるでしょう〜、くらいに思っていたんですが、、
一向に頭に乗せた手を離さない。
それどころか、ポリポリかいているような・・・

「うん?」

座席が進行方向に向いてますから、見たくなくても手が動く度に気になってきます。車窓でも・・・と視線を移しても「キッチリ視野に入って」来るんです。
観察すると、前席の客人は頭のある一点に集中しているようです。

この時点でさっき発車してから10分。
ヲイヲイ、その手の動きを何とかしてよぅ〜

さらに5分。

一向にその手は頭の一点から離れません。

何をしているのかと思ったら、どうやら前席の客人は「寝癖」をたいそう気にして、と言うよりも、たまたま頭に手を当てたら「見つけちゃった」んですね、寝癖を。
だから、その寝癖の部分を、ある時は前方から押し上げ、ある時は指を巻きつけて伸ばす、ある時は強引に押さえつけ、、、、考えられるありとあらゆる作戦を決行しているのであります。
ううん、、、気持ち、よ〜くわかります。
誰でも経験のある事ですから。

しかし、「寝癖」も曲者で、押し上げられようが、巻きつけられようが、押さえつけられようが、抵抗の限りを尽くし、さらに摩擦部隊まで導入して、前席の客人の攻撃に反撃しています。

ほんの数十センチ先で指と寝癖の物凄い格闘を見せつけられているのですから、こちらも思わず「そこだ、それ、あ、違う、もっと右、それそれ、し、慎重にやれよ〜」などと頭上決戦にファイトをうながしつつ、、、しかし、目障りだなぁ、、。

次の停車駅まではまだ20分は停まらない特急。
同じく目の前では勝負のつかない攻防戦。

こちらとて、何度も無関心を装うものの、この至近距離では指先が頭を這うだけで視線が釘付けにされてしまう。。。

さらに5分。
まだ前席の客人は寝癖に戦いを挑み続けている。

クリックすると元のサイズで表示します

どうやら掃討作戦から個別攻撃に作戦を変更したようである。
人差し指潜行隊が「寝癖本陣」を締め上げている内に薬指部隊が近隣の怪しき「寝癖予備軍」を一網打尽にするという二段構えの攻撃のようだ。

潜行隊が入って5分、本陣を柔らかく揉み解す作戦を決行中。。。
さらに5分、周囲の予備軍を薬指部隊が捜索に入る。
なかなか上手く行きそうな作戦に思える。

し、しかし・・・・・・

「まもなく●●に到着します」という本部からの撤退要請(車内放送ですけど)が無情にも流れ、旅支度の為に頭から全部隊が撤収に・・・

あわれ、約20分の頂上決戦は見事失敗に終わり・・・・摩擦部隊の登場によって、決戦以前よりも悲惨な寝癖に・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

急いで鞄を持って頭のある一点を押さえながらデッキに向かう前席の客人に「おつかれさま」と労いのエールを送った。

おしまい



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ