2007/1/23

昔わんこ、今じゃじゃ・・・でもね、  火曜:街ぶら・街ネタ

本日は東北は岩手県の盛岡市。
東北の街の中で最もお気に入りの街だ

盛岡市は人口30万の中核都市入りを目指している街で、城下町独特の“懐”がプンプンする街(と、勝手に思っておりやす)。

盛岡駅を出ると、これまた縁起のいいネーミングの開運橋を渡って中心街に入る。
クリックすると元のサイズで表示します
遠くには岩手山。下を流れるのは北上川。(旭橋より)

開運橋からブラブラ歩くとほどなくしてアーケード街の「大通商店街」に辿り着く。
全面式アーケードではなく歩道(両端式)のアーケードで、新しい感じもするが、なぜか懐かしい感じのアーケード。歩道の幅が狭いので妙に軒が高く感じるけど、それがかえって開放感に繋がっているから気持ちが良い。要するに中途半端じゃないって事ね。昔からの店も多く新規店と共存。所々に空き店鋪はあるものの至って健全に街のランドマークとなっているので心強い。

アーケードを抜けると岩手公園。城は無いが立派な石垣が往年を忍ばせる。紅葉の季節に来るととても鮮やか。
この岩手公園の手前には掘があるのだけど、大通から掘を渡ると普通なら城下のお膝元、ナントカ公園とか行政がテコ入れするような美観整備が行われているだろう地区に個人の商店が林立する。さっきまでの垢抜けたショッピング・ストリートとは正反対の感じ。言わば掘の中に私有地があるというあまり他では見掛けない光景なんだけど、これがまた好いんだナ。

その多少ゴミゴミした一角に今や盛岡の味覚を全国に広めた「パイロン(白龍)」がある。言わずと知れた“じゃじゃ麺”の老舗だ。付近はお世辞にも綺麗とは呼べない雰囲気だけど、それがリアリティーに繋がって味のスパイス。
じゃじゃ麺の詳しい説明は「盛岡じゃじゃ麺ファンクラブ」さんに教えてもらおう。

初めて食べた時は「味噌」の風味が独特で、しかもフニャフニャのうどんにキュウリという組み合わせに西日本生まれの僕は困惑してしまった。
でもそこは探究心旺盛な御当地グルメ好きの事、どんどんモードが「うどん」から新ジャンルの「じゃじゃ麺」を形成して、今ではすっかり好きになってしまった。
しかも、最初入った時に同席の高校生達が「チータンタン」と言って皿に残った肉味噌に生卵を入れ麺のゆで汁をかけたものを食べているのを見て、即マネ。これがまた旨いし身体が温まる。今では盛岡に行くと一度は食べないと気が済まないから不思議だ。

で、そのパイロンは今では観光ガイドにも載る人気店で行列が出来たりするのだけど、旅人はそのパイロンの向かいにある、これも入るには勇気のいる中華料理店「パイカル(白乾児)」に惹かれてズルズルズルと店の引戸を開けた。

細長いカウンター沿いに大衆食堂基本の丸イスが並ぶだけの店。カウンターの中では初老の御夫婦が黙々と餃子を包んでいる。
「何にしましょ」。
「そうだなぁ、、、、餃子と焼そば」
少し不安のある時はベーシックなものをオーダーするというのが基本。
でも不安は店構えだけの問題でお客は結構入っている。
「はい、餃子」
と、運ばれてきた餃子。
厚手のふっくらした皮、張り裂けんばかりに膨れた具。
餃子で好きな笹塚の「鍋家(こうや)」に良く似ている。

一口食べて、

わお

これは旨い!
皮の弾力感といい、具から染み出る肉汁といい、全体の旨味といい、洗練された餃子とは違う「温かく、何処か懐かしい」味。
一発でファンになってしまった

続いて「焼そば」。

ほぉ〜

やや太めの麺、中華ベースの味付け。これ、昔から馴染んだ「焼そば」だよ。ソース味とかじゃない。
この店、サイコー!

こうなると自分の胃袋の許容量も忘れ、「スンマッセ〜ん、焼めし一つもらえる?」と。。

どれもこれも全て「懐かしい(関西、西日本方面のですよ)」味に虜になってしまった。
以来、パイロンに少しでも行列が出来てると速攻で「パイカル」に突入するという盛岡詣。
どうも盛岡の店はネットに無関心なようでホームページがありません。
公共の「岩手めんこいテレビ」の番組山・海・漬で紹介されていましたのでチェキラ!

さて、城下町盛岡の懐はこのままでは済みません。

クリックすると元のサイズで表示します
岩手銀行中ノ橋支店(どこか似ていると思ったら東京駅と同じ設計士)

パイロン、パイカルのある内丸を過ぎて駅と反対方向に進むと今度は全面式アーケードの肴町商店街があり、規模からすればこちら側が従来盛岡の商業の中心地であった事がわかる。また東北ネットの中三百貨店(青森本店)などがあり、城跡の向こうの大通とは違った生活密着型の商店が並んでいてなかなか街ブラが飽きません。

中でも、注目は超昭和レトロな建物(早く言えば古い)の「盛岡バスターミナル」(昭和35年竣工)。
ここも「岩手めんこいテレビ」の山・海・漬に詳しく載っているのでチェキラ!
バスターミナル、しかも地平式。本当は鉄道駅にしたかったような施設がズラリ。
ここを見た時、なぜか60年代のアメリカ映画で登場するバスターミナルを思い出してしまった。まだまだしっかり昭和が現役の街、盛岡。いい街です。

そしてココでのもっと好物があるんだけど・・・・それは水曜日の「これは好物!」にいずれ登場させよう。

おしまい



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ