2007/2/5

更新物語・・・  月曜:ちょっと舞台裏

昨日は夕方から突然寝室の掃除と整理を始めました。
目を通さないといけない書類や、CD置き場から溢れたCDや、旅から帰ってそのままになっていた鞄や、細々とした物の整理がず〜っと滞っていたんです。

やり始めたらトコトン

いえ、別に確定申告を前にして気持ちを引き締めてるわけじゃないよ。
次のステップに向かうので、目に触れる物をなるべくシンプルにしたくなったから。
(もちろん、何も言わなかったが、家人も“ソロソロ”というオ〜ラが出てるような、、出てないような。。。/笑。ごめんね)

数時間掛かって寝室がすこぶる快適に片付いた
クリックすると元のサイズで表示します
我家は部屋毎にテーマカラーがあって、寝室はYellow ocher。

家人が夕食を作っているスキにコーヒーを持ち込み、寝室をダウンライトにして
お気に入りのマイルスの「マイ・ファニー・バレンタイン」を聴く

気分はジャズ喫茶だ
こうやってダウンライトの中でジャズを聴くのは高校の寮の時からの習慣で、街のジャズ喫茶のまねから始まってるんだけど、夕暮れ後の寝室でジャズを聴くのは久し振りでその新鮮さがその頃を思い出させてくれて心地よく、ついつい寝てしまった。

今、こうしてブログを書いている部屋は作業場兼レッスン室兼リスニングルームでヴィブラフォンも置いてあるが深夜は音符とパソコンの睨めっこの場。ココのテーマカラーはFem green。
クリックすると元のサイズで表示します
朝陽が昇るまではカーテンで閉ざされている。

なぜ黄緑色なのかと言えば、、、、高校の寮生活の頃に実家から日用品などの荷物が届くとなぜかいつも真新しい“緑系”の衣類が入っていた。それが毎回だったので随分後になって母親に聞いてみたんだ。「ねぇ、なんでいつも緑色の入った服やセーターを送ってくれてたの?」。
すると、、、「あら?アンタは緑色が好きじゃなかったの?」。
え??
どうやら小さい頃に僕が緑系の色が好きだと言った(らしい)。だから何か送る時にわざわざ緑系の物を選んで送ってくれた(らしい)。
「全然覚えがないよ」

二人で大笑いしたが、お陰ですっかり緑系が好きになってしまって、今では自ら落ち着く色として選ぶほどだ。

リビングは時々ブログにも登場しているので御存知の通りテーマカラーはSky blue。
その他の家人の部屋などはテーマカラーは無い。
気分転換と色は僕の中では親密な関係があると勝手に思っています。

さて、ブログを始めて十ヶ月。おかげさまで徐々に御来訪いただいてる人も増えてきました。会う人やメールでも「毎日大変でしょう」と労いのお言葉を戴くようになりましたが、実はそうでもないんです。

ブログを始める前の約1年間は深夜にいろんな方のブログを拝見して勉強させてもらいました。同時にミクシーに関してもいろいろと調べたんですが、自分にはブログのほうが向いているという結論に至りました。

で、「大変ではないですよ〜」と言うのも、自分に出来るスタイルでやってるからなんです。
日々の事を書くと言うのは、案外大変そうで毎日作曲するのと同じくらい「気合」がいります。かつて毎日一曲作曲を実践した経験があるのでその苦労は身体に染み付いているんです。なので、曜日毎に「お題目」があれば仕事柄一週間の中で様々な事に遭遇しますからそんなに「気合」は必要ないと踏んだのです。
話題一つごとに一週間あれば準備も出来ますからね。

なので更新は毎回一時間。それ以上は掛けません。

しかも、元々夜型ですから、深夜の時間帯は作曲やアレンジで音符と睨めっこしてます。時には奇々怪々な企画書や計算書をまとめている事もありますが、例え演奏の後でも頭の中は毎晩深夜は“ギンギン”に高速回転しているので、どこかで気分転換の時間が必要でした。
以前はCDを聞いたり、テレビを見たり、ネットサーフィンをしたりでしたから、その時間をブログに当てているわけです。CDを聴きながらとか、ネットを見ながらとか、、、。

物理的にネットに接続出来ない場所に行かない限り出来そうだし、出先でもメールのやり取りが必須なので宿泊場所には必ずネット環境があるし、移動の最中にまとめておく事も出来るわけです。よく使う個室寝台など打って付けなんですね。

なので、スケジュールが度を越えて過密にならない限りは現状のペースで続けてみようと思っていますので、みなさん、どうか御心配なく。
てか、それくらい創作意欲がなきゃね。

で、ほらね。
このブログは書き始めた時刻が表示されるのですが、今ちょうど4:43am
めでたく、本日も更新の完了となりました。

では、再び、音符との睨めっこに戻るとしましょう。
まだ夜明けまでにやる事が、、、
(太陽が昇るとうるさくて集中出来ないんですよ。。。)

おしまい



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ