2007/5/1

本当にほしいのは・・・  火曜:街ぶら・街ネタ

車の中の時計に御注目。
クリックすると元のサイズで表示します

4時12分。
さっきです。
もちろん“AM”つまり午前。

なんでこんな時間のショットかと言うと、九州の某マリンバ奏者の為に買い物に来ているのです。なんでも、前に渡したCD-Rのデータをパソコンで飛ばしてしまったらしく、「お願いだから送ってよ〜」と泣きついてきたのです(笑)。
まぁ、ウン十年の付き合いとなれば、お互いに痛い所を押さえているのでココで逆らうと冷戦構造にヒビが入って世の中の平和が乱されかねませんから(爆)、「ちょっと待って」と仕事が一区切りするまで待たせていたのです。
さすがにそろそろスカッドミサイルが飛んでく、、、じゃなかった、催促のメールが飛んで来そうな気配がしたので、さて、CD-Rでも焼こうか、、、と、ストック棚を見たら、、、あらら、このところのレコーディングのラフミックスやら曲順やらで在庫無し。しかるに、こんな時間に買い物に走るという事に。。。

クリックすると元のサイズで表示します
行く先は御存知●ンキホーテ。

まぁ、この時間帯に買い物と言うのは実に効率的で、家人がココに越して来る前はライブが終わっての帰り道に何でも買い物をしてました。
グッズから生鮮食料品まで、何でも深夜の買い物が好きでした。
だって、深夜だと道路も空いてるし、店内だって空いてます。じっくり吟味しても昼間の買い物で所要する時間の1/3で片付くのですから、ナント効率的なのでしょう。

今夜もこの●ンキーまで10分足らず(昼間だと20分)、しかも通常の時間帯だとゴチャゴチャと混み合っている店内はスキスキ〜。レジもスキスキ〜。満車で入れない駐車場もスキスキ〜。効率的買い物大好き人間にとっては天国のような時間帯なんですね。

思えば、ボストンで生活していた頃は郊外の大型スーパーも24時間営業が当り前で、その恩恵に浸っていた身に帰国直後の日本のスーパーの営業時間の短さは「ホントに商売する気があるんだろうか?」と映ったものでした。
それがこの5年くらいで24時間営業のスーパーも増え、量販店も早朝まで営業するようになり、形の上では随分と便利になりました。
その起爆剤となったのは、コンビニの旺盛があるでしょう。

銀行などのATMの並び方なども、以前のように個々の機械毎に「この人は早いかも?」とか「ココが空いてる」とかバラバラに並ぶのではなく、一列に並んで空いた機械に先頭から順次進む方式に変わり、これもアメリカの効率的な行列方式を取り入れた結果です。

形の上では、、、と、書きましたが、細部ではサービス業としてまだまだアメリカの20年前の水準です。
スーパーなどでほしいのが、少量の買い物をした場合に専用に並べるレジ(エキスプレス・レジ)。週に一回のまとめ買いが習慣の国だからでしょうが、10品目未満の買い物の時に待たされる無駄をなくしたもので、どこのスーパーでも1つはありました。ちょっとした事でも便利に感じるものです。

あと、これは薬事法との関係があると思うのですが、24時間空いてるドラッグストアー(Pharmacy)。どんな小さな街でもコンビニの薬剤コーナーは24時間営業。日本は薬剤師の免許等取扱者の資格の事で先送りしてるみたいですが、20年以上遅れてます。
大体、風邪とかの症状が悪化するのは夜中なんですよね。この夜中に近所のコンビニで風邪薬が買えれば楽なんですよ。こういう部分は早く改善すべきですね。だって命に危害を及ぼす「商品」じゃない限りは購入者の自己責任なんですから、コンビニに風邪薬くらい置いておくのが当り前です。

形の上では様々なものが便利になったように見える街ですが、まだまだサービス業としての根幹はアメリカの20年後ろを歩いているように見えます。銃の乱射など見習わなくてもよい部分も沢山ありますが、やはりアイデアとサービスを生み出した国の実態は器だけ真似ても寂しいものです。
追い越さなくてもいいですから、器として日本に撒かれた種が内容を充実させたサービスとなる事を祈りましょう。

おしまい



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ