2007/7/11

キタ━━━━━━\(゚∀゚)/━━━━━━ !!!!!  水曜:これは好物!

もう、このタイトルで気が付いた人も多いでしょう

この時期に懐かしい
キタ━━━\( ゚∀゚)/━━━!!!!!
まで引っぱり出すのは、

もう、

コレしかありません。


ハイ!
クリックすると元のサイズで表示します

そう、バーガーキング

もちろん食すのは・・・
コレ
クリックすると元のサイズで表示します
『Whopper』バーガー・キング・ジャパン製

ほぼ7年振りの再会。
いやぁ、やっぱいいっスよ、この重量感。

クリックすると元のサイズで表示します

隣りの某CD量販店のポイントカードと比べると、大きさがわかります。

新宿に出た家人がわざわざ寄って買ってきてくれたのです。エライ!
平日でも混雑しているようです。

バーガーキングに惹かれたのは、もちろんアメリカ時代の80年代半ばのバークリー時代。
ちょうど主力商品となるWhopperが新発売された頃で、はっきり言ってコレを朝食代わりに平らげて学校に通ってました(笑)。と、言っても僕の朝食はライチタイムなんですけどね。

90年に帰国してから、ちょいとファーストフードを、、と思った時に、「あ、そうだ、バーガーキング、無かったんだぁ。。」と大きなMの文字を眺めていたものです。
ところが、念願とは叶うものなのですねぇ。。90年代の半ばになって、突如バーガーキングが日本進出を果たしたのでした。

約5年のブランクは長かったような、短かったような、、、いや、その間に食事はどんどんヘルシーになっていましたから(アメリカ時代に比べると)、久し振りに手に取るバーガーキングはどうだったか?

ハハッハァ〜。

そんなの、すっかりぶっ飛んで、一気にアメリカ時代にワープ
森永LOVEのあったところがどんどんバーガーキングに替わって行く。
なので、ごく普通にバーガーキングを食べていたのですが、ある時突然100円Mク、さらには80円、時には60円まで値下げした低価格路線に悲鳴を上げて2000年過ぎには日本から撤退してしまったのです。
バブルの弾けた日本では、かたくなにアメリカと同じ材料にこだわり続けたバーガーキングは値下げなど出来ずに撤退するしかなかったのです。
もちろん親会社(S武)の低迷も大きかったようですが。。。

それでバーガーキング無き後の日本でバーガーを食べるとなると再び一苦労の連続。
ウェンディーズのクラシック・バーガーに落着いて、最近はロッテリアのストレート・バーガーがなかなか合格点と思っていたところに、バーガーキングの復活。
ロッテリアのストレート・バーガーがなかなか美味しいと感じていたので不思議に思っていたら、知らぬ間に提携していたのですね、バーガーキングと。

クリックすると元のサイズで表示します

それにしても、やっぱり7年振りとなると、しかも提携先が変わっての再スタートとなると、一番気になるのは、、テイスト。

でも心配御無用。
この味、この味。
全然変わってません。

クリックすると元のサイズで表示します

まだ新宿と池袋にしか出店していませんが、これから徐々に増えるようです。

7年プラス5年で計12年のブランクがあっても、20年近く前の味を記憶している僕のDNAは「この味」は忘れる事がありません。

たかがファーストフード。
されどファーストフード。

少なくとも冷凍食品よりは旨くないといけないゾ、と。

おしまい



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ