2007/7/31


いろんな締め切りに追われてます
やはり8月に入るとみんな分散して休暇モードに入るのでこの時期に集中するのですね。あれも、これも、とやっていると混乱するので一息入れのブログアップ。

梅雨明けしそうでしない東京ですが、このところ空模様は急激に変化して珍しい光景を見かけます。

夕方ヴィブラフォンのレッスンの合間に外を見ると晴れてるんだか曇ってるんだかわからない空模様。

クリックすると元のサイズで表示します
新宿方面

クリックすると元のサイズで表示します
競馬場のある隣り街方面

みなさんは環七雲や環八雲って御存知ですか?
晴れた日で無風の時に東京の大動脈、環状七号線と環状八号線の真上に出来る雲の事です。要するに車の排気ガスが溜まって円周状の環状道路の形そのままに、快晴の空にワッカを作るのです。
決して歓迎された光景ではありません。
だって排気ガスですから。

随分と東京も空気が綺麗になりつつありますが、気象条件が揃うと、「あ、やっぱり排気ガスが放出されてるんだ」と思うのですね。
きっと真下にいるとタダの曇りにしか感じないでしょう。
渋滞の激しいと思われる時に見かけます。都心独特の雲といってよいでしょう。

さっき(と言っても昨夜の午後11時頃)、こんな雲が出てました。

クリックすると元のサイズで表示します

どんよりと空一面の雲が立ち込めているんですが、雨は降ってません。
何気に新宿副都心方面をみると、その上だけに白っぽい雲が見えるのです。

午後11時と言えば、そろそろ家路に向かう人が街に溢れる時間帯。
タクシーも自家用車も走ってますから、街の灯りと合わせて雲に反射しているのだろうと思ってファインダーを覗いてみたんですが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

どうやら光りの反射だけじゃなく、新宿の上空だけに低く発生している蒸気の固まりが雲になって、しかも街や車の灯りが反射しているのですよ。
夜になって意外と気温が下がったので、街が放出する熱が雲を作っているようです。
まるでSFXに出てくる未来都市みたいです。

クリックすると元のサイズで表示します

これもヒートアイランド現象って事なのでしょうか?

異様と思うか、都市景観と思うか、それは人それぞれでしょうが、少し離れて見ていると、不思議でどことなく惹かれる夜景ではあります。

うん、これからはこれを「新宿雲」と呼ぶようにしましょう。

8月8日発売のNew Album『TIDE GRAPH/赤松敏弘』も順調に予約が入っているようです。発売日直後の入手は今がジャストタイミング。店頭にお越しいただけない方は是非下記の量販店やCDネットショッピングをご利用下さい。
Amazon.co.jpHMVTower Records新星堂山野楽器すみや発売元:(株)ベガ・ミュージックエンタテインメント/CDショップ 他。

聴きながら今夜のような「新宿雲」を眺めても、きっと心は癒されるでしょう。

おしまい



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ