2007/10/1

緊急地震速報・・・  月曜:ちょっと舞台裏

今朝伊豆半島を中心とした局地的な地震があった。
午前6時前の段階では震度5強のエリアもある。
新幹線も始発から運転を見合わせていたが、今は動き出しているようだ。

地震が発生したのは午前2時頃。僕は寝ていて気が付かなかったが、東京は人体に感じる揺れがなかったようなので、起きていても気が付かなかっただろうな。

クリックすると元のサイズで表示します
10月1日午前5時50分の空 どんより曇り気温は15℃

偶然にも今日から電波を使って「緊急地震速報」というシステムが導入される事になっている。
地震の第一波を観測すると、「震度4」以上の揺れを感知した場合にテレビやラジオ、携帯などを通じて「あと何秒で地震が来ます」と予報されるシステムなんだそうな。
突然揺れだしてパニックになる事を、たとえ数秒前であっても事前に予報されると慌てずに対処できる、という発想だ。
たしかに、10秒あれば取り合えず「気持ち」の準備は出来る。
周りにある危険物や落下物から身を守る準備が出来るかもしれない。
車や電車の緊急ブレーキなどの状況判断もより危険回避の方向に振れる。
予め知らされる、というのはそれが100%身の安全を保障するものではないとしても、過去に起こった惨事の何割かは解消できる可能性が増えた。

これは大きな前進だ。

但し、このシステムは午前9時からの稼動だとか。。。

今朝の伊豆地方の地震は午前2時頃の発生。残念ながら一般への通達は成されなかった。災害は待ってくれないのである。

しかし、一般公開の前には様々なチェックが行われていてしかり。伊豆の地震発生時のは一般公開はされなかったが、裏方ではさぞやこのシステムの威力が確認されただろう、と思っていたら。。。

「作動していない」らしい。

そんなバカな?
今日から本番ですよ。

でも「作動していない」らしい。。。

と、いうのもこのシステム、「強い揺れを感知した時」に限って作動するようになっているらしい。その「強い揺れ」というのは「震度4強」辺りが分かれ目らしく、それ以下の揺れに対しては作動しない、というのだ。

アレレ?おかしいぞ?

発表されている震度は「5強」の地域もあるのに・・・・
そう思いますよね。

説明によれば、当初、今朝の伊豆地方の地震は「震度4」と観測されたのでこの緊急地震速報のシステムは作動しなかった、というのですね。
ううん。。。。
一体、誰が何処で観測したものが採用されるんでしょう?

ほら、毎日の天気でも、気象庁の測候所の気温が発表されるでしょ。あれと同じ気温って限られた地域で、同じエリアとは言え自分の住む場所やいる場所ではそれよりも高かったり低かったりするじゃないですか。あれと同じ、という事のようです。

ううん、、、、

今日の午前9時から稼動という事ですが、果たして大丈夫なんでしょうか。。。
別に今日の午前9時からの稼動を切望している国民が多いわけではないと思うので、もう少し今朝の地震のメカニズムを研究して精度を上げてから稼動させても良いのでは? と、ニュースを見ながら思ってしまう10月の始まりであります。

机上の計算だけでは何ともならない、という事を今朝の地震は図らずも示しているのではないでしょうか。

おしまい



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ