2007/11/17

入替え時・・・  日記

7年使ったリビングのオーディオを入替えた。
配線やらレイアウトで苦労して結局徹夜になってしまった・・・

でもなにやら“わくわく”してるんですね。

クリックすると元のサイズで表示します
今まで使っていたのは、引越しを機になるべくコンパクトに納まるもので、必須だったのはカセットテープが再生出来るもの。

このカセットテープが・・というのがミソで、散々探した挙句に決して一流品とは言えないギリギリの選択となった。
ただスピーカーだけはお気に入りを使ったので耳にはある程度優しい音だったのですが、昨日久し振りに大昔のカセットテープを再生しようとして電源を入れたら・・・あらら?
すっかり調子がおかしくなっていて役立たずに、、、。

決断が異常に早い(笑)性格なので早速家電屋に直行。。。。

我家にあるカセットテープの音源は膨大な量。渡米前から帰国直後の音源が殆どカセットテープなのだから中には貴重な物もある。帰国直前からはそれにDATが加わり、さらに5年前くらいからはMDが追い討ちをかけている状態。

カセット音源の最後は92年頃、DATの最終音源は05年、MDの最終音源はついこの夏まで。今は殆どがMP3になっているが、やはり関わった時間の長いカセットテープは何とかデータ化して保存しなければ・・・

で、飛び込んだ家電屋を見て驚いた

ナント、売り場にはカセットどころかMD再生機能付きも殆ど見当たらない。
DATは音楽業界で仕事をしてない限り見かけない物だから撤退も早いのはわかるけど、MDのナント短命な事か。。。
確かにCDやCD-Rを除くと、DAT>カセット>MDの順に音質が悪かったからMP3よりも音の悪いMDが消えて行くのは理解出来ても、この変わり身の早さには驚いた。

しかし、MD音源の資料もたくさんあるのでこうなるとCD+カセット+MDの組合せを考えるしかない。

で、結局バラバラに買うと置き場に困ることもあって、ミニコンポでこれらの要件が満たされる機種に。

クリックすると元のサイズで表示します
ついでだからスピーカーも小さいのを購入して気分で切り替える事に

さらに今後のMP3音源も考えてこんなものも導入。

クリックすると元のサイズで表示します
iPod用コントロールドッグ

一気にリビングのオーディオは7年の歳月が飛び散った。

家人の物も含めて我家にあるオーディオの中でカセットが再生出来るのは今回導入したミニコンポとBOSEだけ。

クリックすると元のサイズで表示します
家人のBOSEは奇跡的にカセットが再生出来るタイプ。重低音のクリアーさはコレに優る物はない。

他はCDとMDとMP3。しかもMDはポータブルも含めて6台中まともに動くのは2台という有様。本来なら年内にDATを1台購入の予定だったけどしばらく延期に。。。

市販されてなくても記録メディアとして残っている以上、どこかから探して揃えないと困るんですよねぇ。。。

でも、なんだか“わくわく”しながら配線とかやっている自分って、案外オーディオ好きなのかもね。

深夜だから大音量で新しいキットを鳴らしてないので、明日が楽しみ?

と、似非オーディオ魂が蘇りそうに“わくわく・ゴソゴソ”の今夜でした。

おしまい



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ