2007/11/20

ホントは渋谷区なんだけど・・・  火曜:街ぶら・街ネタ

新宿。
今や地球規模(一説によれば新宿の各ターミナルの一日の乗降客数を合わせると約400万人で世界一らしい)で人が往来する「新宿駅」を中心とする一帯は僕にとっても一番身近なターミナル。

新宿で一番馴染みがあるのはやはり新宿通りを中心とした「新宿」。伊勢丹や紀伊国屋、かつての新宿ピットイン(伊勢丹の駐車場の横や地下にあった)。今でもディスクユニオンなど個人的な新宿のランドマークは多い。

次に馴染みがあるのは「西新宿」。
若かりし頃に友人が多く住んでいて遊びに行っては始発帰り(笑)
今では都庁舎一帯はマンハッタンだ。
まだ更地も残っていた西口公園で「アルギンZ」のノボリも高々にマイルス・デイビスの野外公演が開かれていたのを覚えてる人や、その時に「歩道橋」からタダ見した人には忘れられない地名だ(笑)

「北新宿」も古くからの住宅街で友人もいたが「西新宿」とどこが境目なのかはイマイチ定かではない。近年区画整理が進んでかなり変わってしまったから通っていても思い出せない場所の一つ。

さて、何処の街でも新しい地名に東西南北を冠するのはよく見掛けるが、新宿には「西」と「北」しかない。
いわゆる「東」に該当するのが新宿通り一帯でこのエリアは今さら「東新宿」と呼ばなくてもわかるから付けないのは当り前だろう。「新宿」と言えばこのエリアの事だ。

で。。。

クリックすると元のサイズで表示します
今や新宿の新しいランドマークとなった“ケータイ・ビル”

「南」となると、近年再開発で一番変貌している所。
じゃあ、このエリアを「南新宿」とすればわかりやすいだろう、、、と思うが、そうは行かない。行政的にこの新宿駅の甲州街道を挟んだ南側は「渋谷区」なんだ。
渋谷区南新宿?

わけわかりません。

そもそもこのエリアを南新宿風にしたのはJRW。小田急線には「南新宿駅」というのがあるがこちらは別。
昔は何も無かった新宿駅をオーバーパスする甲州街道の跨線橋に「南口」なる出入口を作ったのが最初だった。

今のタイムズスクエア一帯は広大な貨物ヤードで明治通りから脇にそれるとコンテナが積み上げてあるだけの寂しい場所だった。新宿駅東口と渋谷方面を甲州街道に出ずして結ぶ抜け道だった。

クリックすると元のサイズで表示します
昔からある三菱ビル(右)を見下ろすかのようなJR東日本ビル(左)

それが、ルミネが出来て、さらにタイムズスクエア(高島屋)、そしてサザンテラスとJRの線路の両側がみるみる開発されバブルの崩壊後もココだけは建設ラッシュですっかり街の様相に。

クリックすると元のサイズで表示します
南口側開発の発端JR新宿駅南口。新宿駅は只今大改造中でホームがどんどん南側に移動する

真ん中に何本もの線路とホームがありそこだけがぽっかり開いているのだけど、その線路の頭上も現在新宿の新しいターミナル施設の建築中。この上にバスターミナルビルとか商業施設を作るらしい。
どこまで変わるんでしょうねぇ。。。

クリックすると元のサイズで表示します
南に延びた「新宿エリア」に浮かぶ月

夜になると、もうクリスマス・モードでイルミネーションが点灯。
今年もあと一ヶ月ちょっとなんですねぇ。

クリックすると元のサイズで表示します

なんだか秋の名残りは何処にも無く、一気に歳末商戦って感じ(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

それはそれでまた楽しいものですが、このフローティング・タウン(地上を歩かない構造のプロムナード)で喜ぶのは新宿区ではなく渋谷区なんですね。

クリックすると元のサイズで表示します



南新宿は・・・
新宿と思わせて新宿にあらず。

地に足が着かない?

おあとがよろしいようで・・・・

おしまい



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ