2007/11/24

旅人と隣りのコーポレートカラー  日記

久し振りの夜の旅人
約二ヶ月振りかな?

今夜の部屋はシングル。連休とあって満席(満室?)で子供連れの車内探索組みが通路を行き来しているようだけどドアを閉めれば関係ない。

クリックすると元のサイズで表示します
お馴染みのシングル。ベッドと簡単なデスク、鏡にラジオとアラームがあるだけの小部屋だけど夜汽車の一人旅には十分なプライベートスペース。

クリックすると元のサイズで表示します

デスクにパソコンをセットしたらちょうど品川駅を通過。

クリックすると元のサイズで表示します
午後10時5分品川駅通過

乗車の度にまとめ買いしているシャワーカードで一汗流す。先客無しの一番乗りでのんびり温まって出たら2〜3人待ちの列が・・・スマセン

シャワー後は遅めの夕食。食堂車がないから駅弁で。

クリックすると元のサイズで表示します
『秋露のささやき』(NR大増製)

狙っていた『東京駅弁』が売り切れで急きょ秋の新作に変更。
クリックすると元のサイズで表示します
味もバランスもグッド。NRの駅弁はホント美味しくなった。

でもやっぱり食堂車がほしいですねぇ。まぁ午後10時発だから大半の人は夕食を済ませて乗るので採算が合わないかもしれないけど、バーラウンジカーとかあるといいねぇ。北海道行きの寝台にしかもう無い。まぁ東海道線は普段ビジネスユースが多いから無理か。今夜のように行楽客が多い時期だけ繋ぐとか、、、まぁ個室が大半だから自室で飲めるけどね。
それだけ寝台特急が昔よりも遅く出て目的地に着けるだけスピードアップしたという事で納得?

部屋に置いてあるルーフレットでこの寝台個室の種類などを・・・
クリックすると元のサイズで表示します
二階:シングルデラックス(一人用A寝台個室)
一階:サンライズツイン(二人用B寝台個室)
両方とも相変わらずプラチナ・チケットの部屋。A寝台は面積もベッドも広くてテレビと洗面所、専用シャワー室とアメニティーグッズ付きが魅力(07年1月5日のブログで紹介)。編成に1両、しかも6部屋しかないので今回も取れなかった。

クリックすると元のサイズで表示します
二階・一階:シングル(一人用B寝台個室)
この寝台特急のスタンダードな部屋。大半の利用はココ。

クリックすると元のサイズで表示します
二階・一階:B寝台個室
個室だがシングルよりも安いがかなり狭い。ココにロビーとB寝台客用のシャワー室がある。編成に1両しかない。

クリックすると元のサイズで表示します
二階・一階:のびのび座席。座席と言っても船の桟敷と同じでゴロンと横になって寝れる。カーテンの仕切りもあって昔のB寝台と同じ面積がある。しかも寝台料金がいらない(特急券だけでOK)から夜行バスよりも人気がある。編成に1両しかない。

と、バラエティー豊かな14両編成の寝台特急が闇の東海道を毎晩南下する。

で、

調子にのってiPodをガンガン鳴らしてパソコンで作業してたらiPodのバッテリーケーブルを忘れて来たのに気付く。はぁ〜、お出かけ前のチェックは忘れずに!デス。

ウトウトとベッドで横になって気が付いたら名古屋。
クリックすると元のサイズで表示します
誰もいない深夜の名古屋駅ホーム

クリックすると元のサイズで表示します
ホームにポツンと停まっている明日の始発電車?
JR東海はキッチリとコーポレートカラー(オレンジ)健在。

午前2時過ぎ。運転士の交代で停まるだけだからすぐに発車。

ここからは東海道線で一番闇の区間。晴れてると満天の星空が堪能出来る区間なんだけど、今夜は小雨が窓を打つ。
クリックすると元のサイズで表示します

関が原は闇の中・・・・

で、約1時間で米原着。
ココにもポツンと始発電車がホームで夜明かし中
クリックすると元のサイズで表示します
コーポレートカラーはどこだ?これはJR西日本車

JRも20年経つとコーポレートカラーという車体色のコンセプトは薄らいで各地それぞれの車体色が馴染みになっているようだ。
東京からJRで南下すると会社も多いので車体色を眺めるのもなかなか楽しい。

大阪は夢の中で通過し、目が覚めたら岡山。
隣りの車体色は?

クリックすると元のサイズで表示します

車体の何処かに一色コーポレートカラー(ブルー)があれば良し、とするのがJR西日本の流儀か?

すっかり目覚めて瀬戸大橋を渡る。
クリックすると元のサイズで表示します

コーポレートカラーは何処だ?
クリックすると元のサイズで表示します
よく見れば太いスカイブルーなのに案外目立たないJR四国車

クリックすると元のサイズで表示します
特急に乗換えて先月ツアーで立ち寄った丸亀市と城を通過

クリックすると元のサイズで表示します
こちらはキッチリとコーポレートカラー健在

色も形も様々。そんな隣りを走るコーポレートカラーに着目した一晩でした。

おしまい



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ