2008/1/5

ゴゴイチ映画と家人プロデュース・・・  ■年末年始日記

たくさんのバースデーメールありがとうございます
出先なので明日東京に戻ってからメールは読ませてもらいますね。開封通知が届かなくても御安心ください。

さて、そんな誕生日を実家で迎えた今年08年であります。

クリックすると元のサイズで表示します

じゃあ、午後から映画でも観に行こう、という事になり暮にチラリと見た上映時間を信じてのんびりとかまえていたら、何やら家人か血相を変えて騒いでいるので何事かと思ったら、新年になって上映時間が変わっていると言う。ベストな時間は午後1時!

慌てて上着を着て近所のアーケード街を目指す。

ゴゴイチに映画を観に行くなんて、一体何十年振りだろう?
映画館に足を運ぶ回数も減ったが、それでも行く時は夕方か夜が定番。最近映画館に行ったのは去年秋に渋谷の映画館に行った時だけどやはりゴゴヨンだった。

クリックすると元のサイズで表示します

でも、何だか普段と違う事をやるのはどこかワクワクしてる。正月明けのアーケード街を映画館目指す。

街中の映画館は随分減ったものだ。このアーケード街界隈にもかつては5館あったが、今では2館が残るのみ。郊外ではシネコンが増えているけど、全体では減っている。そこそこの広さがある跡地は家電メーカーなどに様変わり。

クリックすると元のサイズで表示します
松山・大街道シネマサンシャイン

アーケード街に面する唯一の大街道(おおかいどう)シネマサンシャイン。子供の頃は東宝系列の映画館でゴジラなどを観たものだ。近所にあった日活系、東映系やちょっと先にあった松竹系の映画館は随分前に姿を消した。

エレベータで4階に上がる。

クリックすると元のサイズで表示します

時刻は午後1時10分。さすがに上映が始まっているから静かなもの。でも最初はコマーシャルだから本編が始まるのは15分過ぎ。

クリックすると元のサイズで表示します

東京でもそうだが、チケット売り場が正面にデ〜ンとある昔風の映画館は少ない。
目の前にチケット売り場がないと看板を見ながら「どうしようかなぁ・・・」と考える時間を与えてしまうので「っま、いいっか」となって素通りされてしまうんじゃないだろうか。
よほどの確信(観るぞ!という)がなければ建物の奥に入ってわざわざココまで上がって来ないよ。
表通りに面してチケット売り場を設けるべきだ、といつも思う。

クリックすると元のサイズで表示します

とは言え、映画館だけでは存続が難しい御時勢。4階以上の階に5つの映画館、階下はテナントという事だから仕方ないかも。

チケット売場の横のショップでフライドポテトを買って5階のホールに入る。
映画は本筋よりもCGに目がいって、それはそれで面白かった。
期待しないで買ったフライドポテトがカリッ、サクッで案外美味かったのは収穫?だった。オーダーしてから揚げていたから東京のレンジでチンに比べると美味いはずだ。

午後3時半に映画館を出てアーケード街を歩く。まだお日様はサンサン状態。家人と「なんだか不思議だね」と。映画に行くと帰りは夜と相場が決まっていたから、何か得した気分だ。

夜は家人プロデュースで近所のフレンチに招待。(松山・一番町“西屋”)

クリックすると元のサイズで表示します

実家から直行すると横断歩道一つで徒歩20歩(笑)
これだけ近いと新鮮味が無いからと、1ブロックほどグルグルと周回させられて到着。最初は何処へ連れて行かれるのか見当が付かなかった。

まずはバースデーをワインで乾杯。

クリックすると元のサイズで表示します

前菜から

クリックすると元のサイズで表示します

シーフードのラズベリーソースかけに進み

クリックすると元のサイズで表示します

オニオンスープへ。
どれも味がすっきりしていて美味い。

クリックすると元のサイズで表示します

真鯛の甘味を存分に味わいつつ。

クリックすると元のサイズで表示します

メインの牛フィレへ。

焼き具合も申し分なく、素材とソースのコントラストが作るハーモニーが好感触。

なかなかソース作りが大変なので家でフレンチを作る事は滅多にないから嬉しい。

クリックすると元のサイズで表示します

最後はデザートと珈琲で締めくくり。

後味の余韻が残るままに今度こそは徒歩20歩で実家に戻る。

大満足のバースデーでした。
ありがとう。

おしまい



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ