2008/2/10

凍りの世界・・・  日記

東京はこの一週間、ほぼ三日おきに積雪中・・・
そのせいかあれだけ「地球温暖化」と騒いでいたのがパッタリ停まった感じです。あれはブームだったのか?
いいえ、確実に温暖化は進んでいるのですが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

午前5時。街は凍っております・・・・

隣街の一角にはサンサンとライトが照らされた地域が・・・

クリックすると元のサイズで表示します

競馬場です。明日からの連休にそなえてきっと徹夜で除雪作業をやっているのでしょう。ご苦労様です。

どうも最近ニュースを見る度に「住みにくい国」になりつつあるなぁ、と感じさせられます。

規則を決めるのはいいんですが、どれもこれもその場凌ぎ的なものばかり。長期的なスパンで見るとあまり有意義ではない事を次々に決めるんですね。

農薬入り冷凍餃子から噴出した食品の危機管理体制の甘さとモラルの低さ。これはその内に原因が解明できるでしょうが、日本の食品業界が失墜する始まりかもしれません。以前から欧米の(特に北欧の)食品安全基準に比べると日本の基準は「参考にもならないレベル」と言われていました。

ニュースであからさまになって呆れたのが今回の元凶となったJTの品質管理。CO-OPも同様。
昨年秋にJTが日清食品と提携しTBOでカトキチを買収というニュースがありましたが、今回の事件で立ち消えになったようです。
日清食品の態度は立派でした。食品会社として製品のクレームは俊敏に対応するのが原則、それが出来ない会社とは一緒にやらん、というもの。
もちろん自社ブランドに傷が付くのを嫌っての事だと思うけど、食品専門メーカーと新参のサイドビジネスを発祥とする会社では根本が違っているのかもしれませんね。
一番ホッとしたのはカトキチでしょう。
もしも提携後にこのような事件が起こったら・・・・と考えるとカトキチの名前さえ消されかねないでしょうから。

じゃ、安全な食材を安全な所で作ればいいか、、と言えば、これは「安くて、手ごろ」という冷凍食品の役割りを逸脱した価格になって商売にならない。
難しい問題が事件の後に残りそうです。

JTだけが悪いのか?
そもそもJTが新参に冷凍食品の業界に乗り込んだのはなぜでしょう。
JTは日本たばこ産業が前身で、その前は専売公社です。
悪評高い「健康増進法」の煽りを受けて禁煙ブームが起こりJTは主力産業を他にシフトせざるを得なくなりました。その結果が既存の食品メーカーとは明らかに意識の異なる流通に比重を置いた食品産業。その仕打ちが今回の事件と言ってもいいでしょう。

そう言えば今年の内に、たばこは自動販売機で購入するためのIDカード化が進められているんだそうです。未成年の喫煙防止策との事ですが、そんな面倒なシステムにお金を使うなら屋外の自販機を減らせばいいんです。自販機というのは24時間働く機械として価値があるのに夜間休業というのは誠にコッケイ。同様に銀行のキャッシュディスペンサーしかり、アルコールの自販しかり。
これらは全国津々浦々に24時間営業のコンビニが無かった時代の産物。
こんなに屋外に自販だらけの国は他にありませんね。その待機電力の消費量たるや相当なものです。それで商売をやってる店の救済措置が大前提ですが。

一つ小さな規則を作ると一つ不便になる。不便になる事が我慢に繋がると、やがてストレスとなってとんでもない結果を招く。

後期高齢者医療制度って知ってますか?
恐らくこの餃子事件が解決すると騒ぎ出すでしょう。
大雑把に書けば75歳以上の人から国民健康保険同様の保険料を徴収しようというもの。現在は原則負担なしだったものが急に負担増という事です。
しかもこのネーミング、75歳になったら人生後期と定められるようなもんです。
変なの。普通に高齢者医療制度の一項でいいんじゃないかなあ。

ネットユーザーから教えてもらった大阪府保険医療協会さんのHPがわかりやすいので御一読を。

これから高齢者が増えるから、と急に浮上した点にも怪しさを感じます。

一番怪しいなぁ〜、と思うのが、それらの負担額を年金支給額から天引きするんだとか。もうムチャクチャですね。ナンダか国の年金負担額を少しでも減らそうとしてる風にしか見えません。

どうも怪しい項目が小さな規則から乱発され過ぎです。

電気自動車になれば一銭も入らなくなる暫定揮発油税(ガソリン税)で高速道路を作れば将来また借金が増える。燃費の良い車が増えても同様。その時はまた何か名目を考えてその分の税金を徴収するのでしょうね。最悪の場合は高速料金増か自動車税辺りと思えます。

車と言えば、後席のシートベルトの着用義務というのがいつの間にか義務付けられそうです。タクシーに乗ってもそうなるらしい。なんか窮屈ですよ、コレ。
ファミリーが車の中で動く事も出来ずにベルトに縛り付けられる感じ?
あの狭ッ苦しい飛行機でさえ水平飛行中はベルト無しでいられるのに。。
これじゃ窮屈だから気軽に車で長距離ドライブに出掛けなくなり、結局ガソリン消費も減る方向に。

「健康増進法」もエスカレートしてくると、新幹線なんかでも禁煙に続いて「禁酒車両」「禁香水車両」「禁子供車両」とか出来そうな気がします。
いったい誰がどんな社会像を描いて規則を考えているんでしょうね。

僕らはパソコンのOSじゃないんだからアップデートしてそれで終わりってわけには行かないよね。

緩いというのは最早贅沢、非社会的行為とされる時代にこのまま飲み込まれて行くのでしょうか。やだね〜。ブルブル、凍りそうです。

おしまい



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ