2008/6/4

どんぶらこと揺られて二百年・・・・?  水曜:これは好物!

晴れたり曇ったり・・・come rain or come shineと言えばジャズスタンダードの名曲ですが、まさにその言葉通りの東京。晴れたり雨ったり・・・が正解かな。

クリックすると元のサイズで表示します

あ、そう言えばこの曲、今年のアルバム「Stream of life」に入ってます。
AUやDoCoMoの「着JAZZ」でダウンロードして使ってみて下さいね。ってのっけから宣伝になっちゃいました・・スマソ

さて、本日は水曜日なので“これは好物”。
昨日のカナダから一気に日本へ戻りますぅ。。。

素朴な「おやつ」として日本に古くからあるのが羊羹。
でもある年齢までは正直なところ、あんまり手を出さなかったのですね。

理由は簡単。

・甘いから大量に食べると気持ち悪くなる
・ほどよいサイズがないので開封すると早く食べなきゃならない
・ちょっと手に触れるとベトベトするから

まぁ、どれも自制すれば問題のない事だらけを理由にしているような気がしないでもないですが、子供の頃はチョコレートやらケーキやらに目がくらんで「大人」が勧めても冷遇してたんですね。若気の至り、、にはちと早いっか。

もう一つ超個人的な理由としては、「お茶が飲めない」という理由。
なに?日本人のくせにお茶が飲めんとはケシカラン。。。と何万回言われたかわかりませんが、ダメなものはダメ。緑茶がダメなんですよねー。ほうじ茶や麦茶は大丈夫なんですが。。。

羊羹=お茶

この方程式に当てはまる羊羹の扱いが僕にはダブルパ〜ンチ

ところが、ある時からこれが崩れ去ったのです。

時は元禄・・もとい、昭和。高校受験のために岡山県は津山市の“あけぼの旅館”という純和風の旅館に泊まった時のこと。

なぜ受験生が純和風の旅館に泊まったかと言えば、当時津山にはホテルというものが無かった。妖艶なネオンの輝く種のものは別としてJTBなどで宿泊予約の取れるものが無かったんですね。確か「日観連」というグループ?の中から選んだのだと思う。

父親と二人で泊まって、受験はピアノのくせに練習する場所がない(旅館だから当たり前だ)という最高のコンディション(笑)でしたが、それまでの家族旅行はホテル中心で純和風旅館に泊まるのは珍しく、何から何まで珍しい事だらけで受験よりもそっちの事ばかり気になってしまう始末。

しかも津山は中国山地の山深く、受験シーズンともなれば雪も舞う厳寒の地。

「水道の栓を閉めないでください」

と洗面台に書かれてあるのを見て、家ではキチンと「しつけ」をされた“おぼっちゃま”(嘘)には理解しがたい光景がそこかしこに。閉めると寒さで水道管が凍って朝水が出なくなるのだそうだ。だからどの水栓からもチョロチョロと水が・・・・

思ったね、この時。常識というのは場所や風習で違うのダ!(ま、中学生の範囲ですが)

夜、寝る時は女中さんがやって来て「やぐらごたつ」に敷き布団と掛け布団を器用に掛けて寝床を用意してくれるんだけど、これもまた何だかワクワクして遊んでいるような気分だった。父親と二人で「妙〜に落着かないなぁ。。」となかなか寝つけなかったのを覚えている。あの時父親と二人で「こたつ」に入ったりしたのは何年振りだったのだろう? その後にも記憶がない。

我が家は僕が物心ついた時から「コタツ」が無く、ストーブとエアコンの生活だったので小さい頃や親戚の家に泊まりに行った時にコタツに潜り込んで遊んだ記憶が蘇る。そもそも邦楽関係の仕事で飛び回っているくせに家の中は妙にモダンな生活や服装を好んだ父親が悪い(笑)。
余談ながら受験会場で会った同級生のN森(現・日フィル)は僕と並んだ父親を完全に「兄貴」と勘違いしていた。

そんな中で風呂上がりに「こたつ」の上に置いてある御菓子箱。それにコレが入っていたんですね。

クリックすると元のサイズで表示します
『高瀬舟』(岡山県真庭郡落合・古見屋羊羹株式会社製)

それまでの僕の羊羹見識を見事に覆してくれた「高瀬舟」。
つまり、

・甘くて大量に食べなくてもよい一口サイズ
・当然一口サイズだから開けて食べ切れば済む
・一つずつ羊羹が紙の包装に入ってるので手が汚れない

クリックすると元のサイズで表示します

一口サイズだからかもしれないけど、これ、甘さが程よいんですよね。
小舟の形をした包装がよく出来ていて“へさき”の部分を開けるとスルリと羊羹が出てくるんです。これが実にいい感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

四半世紀以上昔とちっとも変わらない味と包装。
この小舟の形もGOOD。

クリックすると元のサイズで表示します

中国山地の山深い地で二百年を越える歴史のある老舗の味。
それでいて容器のアイデアは二十一世紀でも通用する技。
昭和の英知が一つの形となって残っているんですね。

ちなみに僕はブラックコーヒーとの組み合わせで邪道の極地を楽しんでいます。



もちろんBGMには世界中のマレット奏者の音楽。
赤松敏弘MySpace
別窓で開いてブログのBGMに是非どうぞ。

おしまい

2008/6/3

どこが乙女やねん?・・・・  火曜:街ぶら・街ネタ

ガソリンが170円台になって昼間はめっきりと車の通行量が減ってまるで休日の午後のような月曜日でした。
ママ・カー族が一斉にママ・チャリ族へと変身か!?
このまましばらくは様子見でしょう。

さて、気分を変えて本日は“街ぶら街ネタ”

クリックすると元のサイズで表示します

突然怪しい写真の登場。
別に何かの宗教的儀式でも、クラブ・イベントでもありません。
と、言うのも・・・・

本日は一足飛びにカナダ。
先週の盛岡からエライ距離ですが、まぁ、ランダムに時空を越えたネタなのでお許しを。

カナダと言えばナイアガラの滝。
そう、超メジャーな観光スポット。
一口にナイアガラの滝と言っても2つあって、アメリカとカナダの国境にある為にアメリカ側にある滝をAmerican Falls(アメリカ滝)、カナダ側にある滝をCanadian Falls(カナダ滝)と呼んでいるのですが、普段我々がナイアガラの滝と言って連想するのはカナダ側の滝。

クリックすると元のサイズで表示します

実際に見比べるとアメリカ滝は気の毒で、規模だけならこれも屈指の滝なのに、隣の垂直に落ちるカナダ滝(水量だけでもアメリカ滝の10倍)があるとくすんでしまうのですね。
もしもアメリカ滝が日本にあったら間違い無く国立公園級。
富士山、スキヤキ、日本滝、とか呼ばれて三大名物間違いなし!(←いつの時代のたとえじゃ!)

クリックすると元のサイズで表示します

さてさて、これだけメジャーな観光地、という事ですっかり気持ちを緩めていますと、とんでもない目に会うのがこのナイアガラ観光。
前に乗ったオーストラリアのスリー・シスターズの近くにある「世界一急傾斜のトロッコ列車」(06年10月24日のブログで紹介)と同じように、観光地とバカにしているとキョーレツなインパクトに打ちのめされるのです。

ナイアガラの景色で一番有名なのが滝の上から瀑布を撮ったもの。
ちょうど瀑布の横にある「テーブル・ロック」という場所からの景色。
最初はココに行って勇壮な景色を見るのが定番で、この時点で「凄い」を使い果たして身も心も完全に「緩〜く」なるのですね。

お昼どきだと近くのレストランでサーモンの料理やメープルのデザートなど食べて、ますます気が緩んでしまいがち。(実際に僕がそう)
世界に名立たる観光地ですもん、危険のキの字も予想しないものです。
土産物などを物色し、さらに「緩み」に拍車が掛かったところで、
「では、そろそろ大瀑布とやらを下から眺めようゼ」
などと甘〜い考えで観滝船の乗り場に行ったりすると完全に「緩みの極地」。(僕がそうだったのですが・・・)

乗船場は大きな岩の上にあって、遠くに大瀑布が見えます。
そこからケーブルカーで下の乗船場に降りるのですが、ここまでは滝の凄さも写真のような感じで「緩る緩る」。

しかもその観滝船の名前が「Maid of the Mist」(霧の乙女号)なんですから、何やらロマンチックさばかり漂う感じで警戒心などコレっぽっちもないんです。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、出航すると、まずはアメリカ滝の側を通って(こちらはまったく緩い感じでタダタダ観光気分で観れます)その先のカナダ滝を目指す。

少し(船から見ると)引っ込んだ感じの位置にあるカナダ滝が近づくと、なにやら水蒸気のようなものが滝の付近から空に舞い上がっています・・・・

まだ、この時点では「ほ〜お」という感嘆の気分。

もう少し滝に近づきますと、、、、

クリックすると元のサイズで表示します

そのスケールのデカさに「ほ」が取れて「お〜」。

船長が「ではカッパをキチンと装着してね〜」みたいな船上放送があって、ま、取りあえず「緩〜い」気分でフードの紐も緩〜く絞める感じに。。

クリックすると元のサイズで表示します

「じゃ、滝の近くまで行くよ〜ん」みたいな気軽な感じの放送と共にそれまで滝と平行していた船首がいきなり滝の方向へ振られる、と・・・

それまで穏やかだった天候が急激に雷雨のような感じで激変。
「キャー!」、「Wow!」、「Oh、my・・・」各国語が飛び交い、要するにみなさん緩〜い観光気分が一気に吹き飛んでしまう。

クリックすると元のサイズで表示します

さらにもっと滝に近づく。

乗客は滝のしぶきでびしょ濡れ。
嵐のような瀑布の風でフードがめくれて頭がビショビショの人も・・・

クリックすると元のサイズで表示します
アナログ非防水カメラだったので湿気でコマがおかしな事に・・・

ここまでされると人間「笑う」しかなくなるもので、みな暴風雨の中でずぶ濡れになりながらヘラヘラと笑う。
ある限度を越えた瞬間に笑えるという、まぁ、お馬鹿な事で目くじら立てても仕方ないっか、という気分です。

やがて船は滝から離れて元の乗り場に戻るのですが、みな一様に心の中でつぶやきます。
当然全員風呂上がりの様相で。

「どこが霧の乙女号じゃ!」(笑)

そう思いながらヘラヘラと笑みしか出ない、そういう観光地らしからぬ、かな〜りサバイバルな霧の乙女号なのでありました。
安全基準で雁字搦めになるよりも、このくらい大らかなほうが旅の記憶として鮮明に残る、という事ですね。
水遊びの好きな人、カップルで相手の素性を知りたい人? 是非お薦めデス!
世界は広い。

世界広し、と言えば
赤松敏弘MySpace
まだまだ世界にはいろんな音楽があって大変デス。
フレンドシップ拡大中。
チェキラ!

おしまい

2008/6/2

「らしい・・」と「・・・みたい」な六月・・・  月曜:ちょっと舞台裏

梅雨入りのようです
はっきりと宣言されたわけではないですが、どうやらそうらしいです。

日本は梅雨入りしても活発に世界へ浸透中
赤松敏弘MySpace
チェキラ!

クリックすると元のサイズで表示します
久し振りの晴れ間の週末もしばらくは見納めか?

どうも近年こんな具合に「・・らしい」とか、「・・みたい」が増えた気がしませかん?
まぁ、外れる事を恐れてしまうとこうなってしまうんですが・・・

世の中「値上げ」ラッシュです。
原油価格高騰に起因すると思われる「あんなもの」から「こんなもの」まで。
先日家人と買い物に行ったら、「あ、値上げしてない。感心だなぁ」と手にすると、何だかサイズが一回り小さくなってるゾ!?
値上げ分差し引き、という事でしょう。

どちらが良いのでしょうねぇ?
潔く値が上がっちゃうほうが僕なんかは目に見えて実感出来るので納得してしまうのですが、あまりにも「値上がり感」が大きいと、こうせざるを得ないのでしょうか。
企業努力も限界に達しつつある石油精製関連のコスト増。
世の中の勢いが衰退してしまうのが一番怖いです。

クリックすると元のサイズで表示します

ガソリンも170円台に突入する「らしい」です。
ネットで調べると、それでもまだ抑えた値上げ幅で、このまま行けば実際のところ200円前後にならないと以前の水準で利益が生めないとか・・・
秋頃、そして冬に向けて段階的に上がって行くのでしょうか?

と、ニュースなどで報道されているのは(確実性から)ココまでで、ネットでは耳を疑うような情報も飛び交っています。

「このままでは国内のガソリン価格高騰で売れない。ならば陸上げしないで近隣の国に輸出して利益を」

前にも少し触れましたが、どうもこの情報には信憑性がありそうです。
「暫定税法案」の事で周知されたように、石油タンクに貯蔵するところまでは非課税。精製されて出荷する時点で課税される、というのが4月のガソリン狂走曲のカラクリでしたが、この税は言わば一律の上乗せ。原価が上がっても下がっても一律20何円(リットル)という固定相場ですから、原価が上がったほうが税率は下がるわけです。
まぁ、その税収の使い道はともかくとして、遥か彼方からタンカーで運ばれる原油の消費量と価格のバランスが崩れてしまった事に起因して様々な値上げが起こっているわけです。
また、世界規模の食糧難の流れとも重なって国内はどちらも値上げによる「需要」の鈍化が見込まれているわけ。

でも二つとも矛盾を含んでいるのですね。

クリックすると元のサイズで表示します

原油は「暫定税率」の問題が露見している時点では「上乗せ」分が明確でしたが、原価高騰による国内需要の衰退分がオーダー分から「余剰」となって近隣諸国へ流出させる、という構図は妙な感じがします。
「高値」で入った原油に「暫定税」が上乗せされるのを嫌って、港(国)から港(国)への転売と受止められても仕方ないでしょうね。
でも長期的にみるとそれが「供給」減にはならないのでしょうか?
一種、この高値水準のまま将来的に移行するベース作りにも見えるフシがあります。

まぁ、本気で国内の車を電化、ハイブリット化させる下地が見えてきたような気になるのは僕だけじゃないでしょう。
そうなると現有の新車が売れなくなります。燃費が良くなっても価格が高騰すると意味がないからです。
結局、一般的にはどれだけ車に乗らないか、という攻防しか残らないわけで、ううん、、、早く電気自動車を本気で作ってくれ〜〜と叫びたくなります。

コマーシャルとかで「家族で乗れる」というキャッチフレーズの車は実はセールスする側からも「日本には向かない」と言います。

「お客さんも普段は一人で運転してますしね」と。

車を何台も所有して用途別に使い分ける、というライフスタイルが確立されているのであけばワンボックス車は便利。しかしそれ一台で全てをまかなうのは所詮無茶、というのだ。燃費を考えると車は複数所持して普段は一人でハイブリッドカー、週末だけ家族でワンボックス。。。なら、ワンボックスはレンタカーでいいじゃないか??


先日久し振りに会った友人と雑談をしていた時に、
「日本はある程度時代を引き戻したほうが良い」
というミラクルな意見に納得した。

何もかもアメリカの20年後を追い掛けている現状で、「原油」「食糧」という世界規模でリアルタイムな問題(現実)とのギャップに首が回らなくなりつつある、という。
持ち物や器がいくら「今風」であっても、それらを成立させる為に噴出すべき課題を経験せずして標準は作れない、と言うんだ。
確かに犯罪を見ても20年前のアメリカの様相と同じだと思える。
問題はいわゆる「ワイドショー的報道」のあり方だと言う。
そこだけ何十年前のままのスタイルなので時には悲劇の連鎖をまねいてしまう。

サマータイムの導入なども、もっと慎重に考えないと混乱に拍車をかけるだけになるかもしれないね。アフター5の楽しみ方が充実した国でなければ、これは意味が無いと思うなぁ。

おしまい



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ