2008/6/2

「らしい・・」と「・・・みたい」な六月・・・  月曜:ちょっと舞台裏

梅雨入りのようです
はっきりと宣言されたわけではないですが、どうやらそうらしいです。

日本は梅雨入りしても活発に世界へ浸透中
赤松敏弘MySpace
チェキラ!

クリックすると元のサイズで表示します
久し振りの晴れ間の週末もしばらくは見納めか?

どうも近年こんな具合に「・・らしい」とか、「・・みたい」が増えた気がしませかん?
まぁ、外れる事を恐れてしまうとこうなってしまうんですが・・・

世の中「値上げ」ラッシュです。
原油価格高騰に起因すると思われる「あんなもの」から「こんなもの」まで。
先日家人と買い物に行ったら、「あ、値上げしてない。感心だなぁ」と手にすると、何だかサイズが一回り小さくなってるゾ!?
値上げ分差し引き、という事でしょう。

どちらが良いのでしょうねぇ?
潔く値が上がっちゃうほうが僕なんかは目に見えて実感出来るので納得してしまうのですが、あまりにも「値上がり感」が大きいと、こうせざるを得ないのでしょうか。
企業努力も限界に達しつつある石油精製関連のコスト増。
世の中の勢いが衰退してしまうのが一番怖いです。

クリックすると元のサイズで表示します

ガソリンも170円台に突入する「らしい」です。
ネットで調べると、それでもまだ抑えた値上げ幅で、このまま行けば実際のところ200円前後にならないと以前の水準で利益が生めないとか・・・
秋頃、そして冬に向けて段階的に上がって行くのでしょうか?

と、ニュースなどで報道されているのは(確実性から)ココまでで、ネットでは耳を疑うような情報も飛び交っています。

「このままでは国内のガソリン価格高騰で売れない。ならば陸上げしないで近隣の国に輸出して利益を」

前にも少し触れましたが、どうもこの情報には信憑性がありそうです。
「暫定税法案」の事で周知されたように、石油タンクに貯蔵するところまでは非課税。精製されて出荷する時点で課税される、というのが4月のガソリン狂走曲のカラクリでしたが、この税は言わば一律の上乗せ。原価が上がっても下がっても一律20何円(リットル)という固定相場ですから、原価が上がったほうが税率は下がるわけです。
まぁ、その税収の使い道はともかくとして、遥か彼方からタンカーで運ばれる原油の消費量と価格のバランスが崩れてしまった事に起因して様々な値上げが起こっているわけです。
また、世界規模の食糧難の流れとも重なって国内はどちらも値上げによる「需要」の鈍化が見込まれているわけ。

でも二つとも矛盾を含んでいるのですね。

クリックすると元のサイズで表示します

原油は「暫定税率」の問題が露見している時点では「上乗せ」分が明確でしたが、原価高騰による国内需要の衰退分がオーダー分から「余剰」となって近隣諸国へ流出させる、という構図は妙な感じがします。
「高値」で入った原油に「暫定税」が上乗せされるのを嫌って、港(国)から港(国)への転売と受止められても仕方ないでしょうね。
でも長期的にみるとそれが「供給」減にはならないのでしょうか?
一種、この高値水準のまま将来的に移行するベース作りにも見えるフシがあります。

まぁ、本気で国内の車を電化、ハイブリット化させる下地が見えてきたような気になるのは僕だけじゃないでしょう。
そうなると現有の新車が売れなくなります。燃費が良くなっても価格が高騰すると意味がないからです。
結局、一般的にはどれだけ車に乗らないか、という攻防しか残らないわけで、ううん、、、早く電気自動車を本気で作ってくれ〜〜と叫びたくなります。

コマーシャルとかで「家族で乗れる」というキャッチフレーズの車は実はセールスする側からも「日本には向かない」と言います。

「お客さんも普段は一人で運転してますしね」と。

車を何台も所有して用途別に使い分ける、というライフスタイルが確立されているのであけばワンボックス車は便利。しかしそれ一台で全てをまかなうのは所詮無茶、というのだ。燃費を考えると車は複数所持して普段は一人でハイブリッドカー、週末だけ家族でワンボックス。。。なら、ワンボックスはレンタカーでいいじゃないか??


先日久し振りに会った友人と雑談をしていた時に、
「日本はある程度時代を引き戻したほうが良い」
というミラクルな意見に納得した。

何もかもアメリカの20年後を追い掛けている現状で、「原油」「食糧」という世界規模でリアルタイムな問題(現実)とのギャップに首が回らなくなりつつある、という。
持ち物や器がいくら「今風」であっても、それらを成立させる為に噴出すべき課題を経験せずして標準は作れない、と言うんだ。
確かに犯罪を見ても20年前のアメリカの様相と同じだと思える。
問題はいわゆる「ワイドショー的報道」のあり方だと言う。
そこだけ何十年前のままのスタイルなので時には悲劇の連鎖をまねいてしまう。

サマータイムの導入なども、もっと慎重に考えないと混乱に拍車をかけるだけになるかもしれないね。アフター5の楽しみ方が充実した国でなければ、これは意味が無いと思うなぁ。

おしまい



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ