2008/6/10

規制と、ジンクスと、不思議な雲と、ランドマーク・・・  火曜:街ぶら・街ネタ

タクシーの後席もシートベルト着用が義務化された。
って、昨夜タクシーに乗るまですっかり忘れてました。。。



しかし、、、荷物を背負っていると座れやしない。
タクシーの運転手さんとも話したんだけど、コレ何の為にやってるの?

まぁ、窮屈はともかく、子供が乗ったり大人が後席に3名乗った時は意味があるんだろうか?関取が乗ったらどーする??

このところ意味の無い規制ばかり増やしているのは社会にストレスを生むだけじゃないか。
これは高速道路を走行する時だけで十分だ。

事故の時に後席の乗客が車外に放り出されるのを防ぐのだそうだけど、それは後席の安全性に問題のあるワンボックス車の話しだろう。何でも規制すればいいってものじゃないね。
子供用の後席ベルトが開発されて普及するまでタクシーとかは規制から外したほうか良いよ。

あ、高速バスも。。。。だ。

今夜は久し振りに寝台個室の旅人に・・・

クリックすると元のサイズで表示します

昨夜の東京は一時的に局地的な雷雨となって中央線が“また”止まってました。三鷹付近の変電所に落雷とか。この前は間一髪で中央線大パニックを逃れたけど、今回はジャストミートしてしまった。ぐる〜りと山手線を使って事無きを得たが。。。

どうもJR中央線の三鷹付近はネックのようだ。
ううん、、、ジンクスか?

あらら、、藤沢駅で急停車・・・
どうやらこの寝台特急が通過中にホームで転んだ人がいたらしく急停車。
5分くらい停まっていると車内放送で上記のような状況説明があり列車との接触は免れたとの事。ホームの端を歩く時は注意しましょう。

ジンクスと言えば地震とかの前に地震雲が出ると言うのもジンクスかもしれない。
さっき目覚めたら不思議な雲が・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
寝屋川付近にて(6月10日午前4時過ぎ)

なんら科学的な根拠のないものだから心配はないと思う。
ジンクスとは不思議で未知のものを指すのかもね。

今朝の須磨海岸はうっすらと霧。

クリックすると元のサイズで表示します

明石海峡大橋も霞んでいる

クリックすると元のサイズで表示します

この時間帯の瀬戸内海は大型フェリーのラッシュだ。九州や四国方面からの大型フェリーが神戸・大阪を目指してラストスパート。

クリックすると元のサイズで表示します

そうだ、深夜族には寝台特急ともう一つフェリーという移動手段があった。
もしも東京が大阪や神戸だったら・・・・いかんいかん、ちょっと時間があったらすぐにフェリーで何処かへ出かけてしまいそうだ。久しくフェリーの旅はしてないからちょっとソソラレる光景。



ジンクスというほどの事でもないけど、自分の行動の中にある規則性というものの存在をみなさんは意識しているだろうか。人に向けては「神経質だ」とか「オタッキーだ」とか言っても、いざ自分を見ると案外「規則性」だらけだったりする。

例えば、僕は電車に乗るときに、必ずと言ってよいほど進行方向の左側の席に座る。
べつに右側でもいいんだけど、何かしっくり来ないんだな、コレが。
指定席で右側だったりすると(席が空いていれば)車掌に言って左側の席に変えてもらったりする。

クリックすると元のサイズで表示します

座った時の体勢かなにかが影響するのだろうか。
あ、そう言えば、家でソファーに座ってテレビを見るときも左側に座る。
昔家人に指摘された時に初めて気が付いた。

クリックすると元のサイズで表示します

どうやら自分の左側にあるものに気が行くようだ。って、右側から話しかける家人には内緒にしておこう。

笑ってるかもしれないけど、みなさんにだってきっと何かあるよ。
階段に最初に足をかけるのは右か?左か?
靴はどっちの足から履くか?
食事の時に好物から食べるか否か?
。。。。ほらね。

まぁ、自分の事はみんな棚に上げてしまうもんですが、こんなのはどうでしょう。

自分が出かけて帰ってくる時、通勤や通学、はたまた旅行も含めて、そんなに意識しているわけでは無いけど、ボンヤリと眺めている景色で、「そう言えばいつも“アレ”を見ると帰ったなぁって思うな」というランドマークのようなものってありませんか?

街のネオンだったり、見慣れた山だったり、海だったり。。。

きっとそれは一つでは無いと思うのだけど、僕は高校の頃(寮生活だったので実家から離れて暮らしていた)から「ココ」を見るとあと少しで実家だな、と思う場所があるのです。

クリックすると元のサイズで表示します
何度と無く使った鉄道から見えるほんの一瞬。

高速で走る電車からのショットなのでブレてますが、説明すると小さな川を渡る時に見える光景。
この先で二つの小さな川が合流しているんです。
ちょうどその合流地点にある民家。
何処の誰の家だか知らないのですが、高校のある時にボンヤリと車窓を眺めていて目に入ったんですね。

それから無意識の内にココを通る度にその家を見るようになっていました。
もちろんいつも使う特急ではこの辺りの駅を通過してしまうので降りた事もありません。
高校生にしては当時乗り継ぎも含めると6時間という長旅の終盤、ココから約20分くらいで実家のある駅、という距離なんですね。

あれから四半世紀以上が過ぎたのに、幸いな事にこのランドマークの民家はさしたる変化もなく「いつも通り」に見えるのです。
一瞬だからかもしれませんが、いつも綺麗に手入れされているように見えます。
今でも近ずいて来ると、「そろそろ超モダンな家に建て替えていたりしてね」・・・・と思いつつも、「どうかあのままで」・・・みたいな勝手な願望のまなざしになるんですね。

だれの家なのかも知らないのに、ですよ(笑)

みなさんの日常でも、そんなランドマークってありませんか?

日々増殖するランドマーク?
赤松敏弘MySpace
チェキラ!

おしまい



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ