2008/8/6

コレだ!コレ・・・・  水曜:これは好物!

西日本では水不足と言うのに、東京では連日集中豪雨と落雷で大変な事になっています。
被害に遭われた方に心からお見舞い申し上げます。

こう暑いと食欲も減退気味。冷たい麺類もいいですが、さすがに連続するとバリエーションも飽和状態。

昔は「暑い時こそ熱いものを食べて・・・」なーんて親から言われたものですが、記憶を辿ってもせいぜい32度くらいでヒーヒー言ってた時代のお話し。(熱中症だとマジで危険なんだそうです)
35度を行ったり来たりするような時代では逆効果。
さりとて、冷たくても旨いものの閃きも尽きかけた時に・・・・

杜の都、仙台から登場。

クリックすると元のサイズで表示します

ヴィブラフォンの弟子Asukaちゃんの御実家からのお届けものなんですが、この暑い時期にはコレがありました!(いつもありがとうございます!)

クリックすると元のサイズで表示します
『仙台名産・笹かまぼこ』(宮城県仙台市・阿部蒲鉾製)

ジモティーには“あべかま”と呼ばれているそうな。
練り物好きにはたまらないこの笹かまぼこ。
もちろん焼いて食べるのもいいですが、この時期は冷蔵庫で冷して食べると食欲が増します。

丸い揚げかまは野菜や海の幸とのコラボが見事。特に歯応えバツグンの“厚切りれんこん”とのコラボは素晴らしい。

クリックすると元のサイズで表示します

厚い「厚焼笹」は一つ食べるだけでボリューム満点。
わさび醤油よりも夏は生姜醤油がお薦め。

それにしても、仙台の笹かまぼこはバリエーションが豊富で見ているだけでも食欲がソソラレます。この点では他の地域の練り物を一歩リードしているかな。とにかくアイデアが豊富。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは我が家で大ヒットの「チーズボール」

ま〜ぁるい揚げかまの中にチーズが入っただけなんですが、これが驚くほど旨い。
練り物とチーズの、まさに塩梅(あんばい)が絶妙。ちょっとした事なんですが、この辺りにアイデアとセンスがあるのでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します

冷した様々な練り物で身体もクールダウン。
夏バテなんてナンノソノ。

暑い時は涼しいもので乗り切りましょう!

それにしても、そろそろ空模様も落着いてほしいのですが・・・・

こちらはサクサク世界へ直結
赤松敏弘MySpace
ガソリン高いし気温も高い。
そんな夏にはネットでクールなヴィブラフォンの世界をドゾ

おしまい

2008/8/5

屋上の上のフロアって?・・・・  火曜:街ぶら・街ネタ

夕立ちと言うとちょっと風情がありますが
このところ毎日のように何処かで大雨洪水雷雨警報発令の東京です。その為に夕方のラッシュ時は西武線が停まっていたとか、、、。

思い返せば僕が小学校の頃に初めて東京へ家族と来た時もピカピカゴロゴロ・・・。その時は日光から東武電車で浅草へ戻る途中だったのですが、広い関東平野に轟く雷鳴と大粒の雨が電車の窓を叩き付けていたのを覚えています。
関東には夕立ちが似合う、のかもしれません。北斎の絵にも夕立ちが描かれていましたね。

さて、ちょっとお知らせ。

今月の「スカイパーフェクTV!」の番組“安らぎの音楽と風景/Eco Music TV”の月間プログラム『airish』で、スタジオのモニター画面を見ながらヴィブラフォンの即興演奏で綴った演奏が流れています。

airish Vol.9「Photograph/赤松敏弘」

放送予定日は1日/13:00〜 2日/21:00〜 9日/13:30〜 13日/13:00〜 他何度も繰り替えし放送されます。(詳しくは番組プログラムを参照)

まったく譜面を作らずに、モニターに写し出される風景を見て、「よしっ!」と閃いた最初の入口(音)から、どこまで純粋に曲として即興演奏できるかチャレンジした初の試みで、とてもハイテンションながら楽しいレコーディングでした。

一部ではスタジオにあったフェンダーローズ・ピアノをオーバーダブして一人デュオもやっています。インスタント・コンポジションとでも呼べる作品集かな。1日で30曲くらい録音した中の一番組です。チェキラ!

では、本日の街ぶら街ネタ。

みなさんはデパート(百貨店)とスーパーの違いを御存知ですか?

デパートは接客販売を主として購入時の精算は売り場で店員が行うもの。
スーパーは基本的にはセルフサービスで客がフロアのレジまで商品を運び精算するもの。

と、一昔前までは単純にこの図式で説明がついていたんですが、デパートはともかく、スーパーは複雑怪奇な形態に変わっています。

一般的にスーパーと呼ばれるものは「総合スーパー(GMS/General Merchandise Store)」というもので多層階様式の建物に食品から日曜雑貨、衣料に専門店が入ったものですが、近年は専門店が集まったモールのショッピング・センター(SC)、さらにはスーパーセンター(SUC)と呼ばれるワンフロアの大型店舗へと変化しています。

ちなみにスーパーとスーパーマーケットは違うのだそうで、スーパーマーケットは食料品に特化した店の事。ややっこしいですね。

で、僕はデパート派で、何処の街に行ってもデパートを見かけるとついつい入ってしまいます。それがその地域にしかないデパートだったりしたら、もう、吸い込まれるように・・・(笑)。

子供の頃頻繁に親に連れられて行った近所の三越が定番だったせいもありますが、入口を入った感じだとか、接客態度だとか、品揃えから買い物客の様子まで、まぁ、全国に数あるデパートそれぞれに店員さんの雰囲気も違って飽きる事がありません。

三越、高島屋等の全国ネットのデパートから地域限定のデパートまで、とにかく街を歩く時にチェキラが入ってしまうのです。

ただ、最近残念なのは地方に行って閉めてしまった地域のデパートや支店が目につく事。まぁ、ちょっと前までは郊外に自家用車を飛ばして「とりあえずスーパー」みたいな時代でしたが、ガソリン高騰の余波で事態は一変する兆し。公共交通機関が整った立地にあるデパートは巻き返しのチャンスなのです。

埼玉県の西部エリアにある地域密着型のデパート、「まるひろ」。
丸広百貨店というのが旧来の名称でしょう。

川越、飯能、東松山、入間、上尾、坂戸、南浦和と埼玉県内に7店舗と川越駅前の総合店「アトレ」やスーパータイプ2店舗というネットワーク。

クリックすると元のサイズで表示します
まるひろ百貨店・川越店

東武東上線・JR埼京線の川越駅から徒歩4分、西武新宿線本川越駅からも徒歩4分。目の前は商店街(クレアモールと呼ぶのだそうです)。川越はこの「まるひろ」から近い所にある鰻の名店「小川菊」に足を運ぶ事が多いのですが、その時にちょっと立ち寄る事があります。

クリックすると元のサイズで表示します
まるひろが面する商店街クレアモール

決して外観からして最新の建物ではありませんが、何となく昭和な感じの館内はいつも綺麗に手入れされていて好印象。

クリックすると元のサイズで表示します
ある意味レトロ?

でも、いいんですね。郊外のショッピングセンターとかとは違って、こじんまりしつつも店員さんの接客も柔らかだし。店内を子供が駆け回る事もありません。

さて、これだけだとタダのデパート紹介で終わってしまいます。
ネタは意外なところに転がっているのです・・・

クリックすると元のサイズで表示します
フロア・ガイド。
何処でも見掛けます。
ま、これがないと困るんですが・・・

よく見ると、このフロア・ガイド、何だか複雑です。

地下から1階、2階・・・・と
上に目線を上げると7階の隣にR(つまり屋上)??
さらに8階と9階はひとまとめにされて・・
さらにその横には10階の表示。

ちょっと待ってよ?

クリックすると元のサイズで表示します

R階(屋上)の上に10階だって??


裏側の平地のパーキングに車を置いて建物を眺めた時には、この建物って10階建てには見えなかったゾ。

ううん・・・

どーなってるの?

もう一度商店街側の写真を見ると、看板の部分がやたらと高い。
そう、これ、塔になっているんですね。
また、隣接する部分に増設しているのでなかなか通りからは全容が把握できない不思議な形をしているのです。

しかし、、、
このフロア・ガイドでは、
ますます全容がつかめなくなって奇々怪々なインフォメーションになってるんですが、まぁ、これでクレームが無いのでしょうから、大らかな川越らしいと言えば・・そうか、な。

なかなか全国的にも珍しいパズルのようなフロア・ガイドでした。

こちらはサクサク見やすいですよ。
赤松敏弘MySpace
世界中のヴィブラフォン・プレーヤーに直結

おしまい

2008/8/4

恐るべし・・・  月曜:ちょっと舞台裏

いやいや、凄いねぇ。
今年の夏はこの話題でもちきりかな。

なにって?

iPhone
クリックすると元のサイズで表示します

電話に付属機能が付いたんじゃなく、パソコンに電話機能が付いた形。

某販売関係の人の話しでは、最近解約(携帯の)の時に何とか引き止めようとするらしいけど、「でも、そちらiPhoneやってないでしょ?」と言われると「さようでござりますーーー」と見送るしかないそうな。
ナンバー・ポータビリティー導入時に動かなかった層がかなり揺れているらしい。

そう言えば、最近ブログのアクセス解析でもS社経由が激増している。
これ、ひょっとして、iPhone組?

いいなぁ。

僕はS社じゃないのでiPhoneはほしいが、まだ導入していない。
ちょっとだけ、電波の事で現行のA社に魅力が残るから。
はなっからワンセグには興味ないし。
でも、、、

いいなぁ。

長年使っているAOLも標準だし。。。

って、
8月になってから、今度はこんな事が・・・

クリックすると元のサイズで表示します
MySpaceまで参入か。
ううん。。。

ますますいいなぁ。。。

iPhone。

ううん。。

iPhoneでもドゾ!
赤松敏弘MySpace
動画もバッチリですか?・・・ウラヤマスィ。。。

いいなぁ。。

おしまい

2008/8/1

使い方を考えよう!4マレット奏法・その12  金曜:vibraphoneやmarimbaの為のジャズクリニック

毎週金曜日はVibraphoneやMarimbaをやっている人向けのお話し。
第百五回めの今日は『使い方を考えよう!4マレット奏法』シリーズのその12、「メロディーラインにヴォイシング」です。

ヴィブラフォンやマリンバは見てのとおりに左右の手に持ったマレットを鍵盤にヒットさせて音を出すものです。
長い時間をかけて練習し、よりヒットの精度をあげる事に力を注ぎますが、意外な「落とし穴」もあります。

人間の運動の基本は歩行だと言われます。左右交互に足を運ぶ運動、それに合わせて上体の腕を足とは対称に動かしてバランスを取る形。手足が一緒に出ちゃうと、周りの笑いは取れますが、歩行は楽ではありません。又、左右同時に足を運ぶのも至難の技。

ヴィブラフォンやマリンバを演奏する時も「左右交互」は楽でも「左右同時」はなかなか楽ではありません。でも、それを避けていたらマレットを4本持っている“意味”が半減してしまいます。

歩行のたとえのように、左右同時というのは交互と違って身体のバランスが取りにくく、それなりの訓練が必要です。それどころか、片手に二本持ったマレットでさえ同時に使う事を考えなければ4本マレット奏法の“意味”がないのです。人間は元々同時運動が苦手なのかもしれませんね。

■最初は無理せずポイントだけを決める

「ソロ(インプロ)の最中にもコードを弾きなさい」

そう言われると、右手でメロディーライン、左手でコード、という具合に左右バラバラな運動が本能的には浮びます。
でも、いくらなんでも片手でずっとメロディーを弾くのは合理的とは言えません。ゆっくりの時はともかく、テンポが速いと、それは「無茶」になります。

クリックすると元のサイズで表示します

そこで、ひとつ法則を決めて、身体と頭の働きを調整しましょう。

ジャズの譜面は御覧のようにメロディーとコードネームしかなく、メロディー演奏も、伴奏も、ソロ(インプロ)もそれを見ながら行います。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、ソロの最中にコードを弾く、という目標。
たくさんあるコードの中で、まずはドミナント・コードの時だけコードを入れてみましょう。ここで触れているようにドミナント・コードを克服するとジャズの演奏はグッと楽になるのです。

・たとえばD7(b9)

ソロの最中でドミナント・コードの部分は左手でトライトーンを狙ってみましょう。
それまでは左右交互でもダブルストロークでもメロディーラインを作っているのですが、ドミナント・コードが来ると、その直前のメロディーに一番近い位置のトライトーンを選びます。その時に必ず増4度のトライトーンを左手で同時に演奏。伴奏(カンピング)の常用音域に限らず、です。

クリックすると元のサイズで表示します
D7のトライトーン(バーをヒットする位置はもっとダンパー寄りが好ましい)

すると、上の音がメロディーに聞こえ、下の音が補足のコードサウンドになるわけ。ドミナント・コードの中はそのまま音を伸ばして次のコードまで休みます。

さらに“D7(b9)”だと、トライトーン以外にもコードスケール上に増4度の音程を組めるテンションb9thがあるので、コードトーンと組合わせれば様々なところでメロディーライン+コードが生まれます。

クリックすると元のサイズで表示します
メロディーはトライトーン=b7th(C)に

クリックすると元のサイズで表示します
こちらはb9th(Eb)

クリックすると元のサイズで表示します
トライトーン=3rd(F#)

クリックすると元のサイズで表示します
コードトーン=Aがメロディーに

これだけD7(b9)のところに弾く候補があれば、ソロの途中に挿入するのも楽になります。それぞれの上の音がメロディー(流れとしてはメロディーの解決に該当)に聞こえるように演奏練習を。


左右バラバラも、左右同時も、左右交互も自由自在
赤松敏弘MySpace
世界のマレット奏者を見てみよう

おしまい



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ