2009/3/3

さよならの季節・・・  火曜:街ぶら・街ネタ


3月は卒業やら何やらで何かとお別れの季節。
卒業ならその先の未来へと続く希望に満ちた別れだけど、二度と戻らない物への別れはやはり感傷的になるもの。

3月15日で消えるものがある。
東京駅発のブルートレイン?
もちろんそれもあるけど、完全に無くなるわけじゃない。
車体の色こそブルーではないが、いつも使ってる寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」がちゃんと残ってる。

3月15日で消えるもの・・・・・

梅津寺パーク

梅津寺を「ばいしんじ」と読める人ならご存知だと思うが、小さな遊園地「梅津寺パーク」が46年間の歴史にピリオドを打つ事になった。

昔は全国津々浦々にまで遊園地があったけどバブルの頃までには大半が消えて行った。
「テーマパーク」という呼び名で大人向けの遊園地へと転身したところを除けば、跡地にマンション群が立ち並びその形跡さえも残していないものもある。

「梅津寺パーク」は子供の為の遊園地として一貫した経営で通したのは立派かもしれない。

先月末の松山滞在の最終日に用事を済ませてから夜出発するまでの間にお別れしてきた。
もちろん“足”は伊予鉄高浜線。子供の頃からそれは変らない。

クリックすると元のサイズで表示します
平日午後の高浜線車内。座席は満席で意外と混雑。しかし。。。。

これがみんな梅津寺パークへと向う客なら閉園にはならなかったでしょう。
途中駅でどんどん降りて終点1つ前の「梅津寺」駅に着く頃には車内はガラガラに、、

クリックすると元のサイズで表示します

降りた電車が出てゆく方向、ホームの目と鼻の先に梅津寺パークはある

クリックすると元のサイズで表示します

ローカルな場所ながらテレビドラマのロケで登場するので案外知られているかもしれない。
昔のトレンディー・ドラマ「東京ラブストーリー」(フジ系)や「がんばっていきまっしょい」(同)などでなぜかフジ系のドラマが多い?

けっしてアクセスが不便ではない。

クリックすると元のサイズで表示します

都心から18分、電車はほぼ終日15分間隔で運転されている。
夏は海水浴場もあり、僕等が子供の頃は海水浴と梅津寺パークはセットだった。夕暮れ時に海パンのままジェットコースターとかに乗って遊んだ記憶が多い。

クリックすると元のサイズで表示します

アクセスが悪くないのになぜ閉園するんだろう?

答えは簡単だ。
少子化の影響と、実は今の若い「お母さん」が子供の頃にココで遊んだ記憶がないからだ。
自分の記憶にないものは実践しない。
だから子供を連れて何処へ行くのかと言えば・・・・ショッピングモールか回転寿司屋。
いや、コレ、マジです。
お父さんやお母さんが教えてないのですね。遊園地で遊ぶ方法を。

この辺りでも、海水浴なら直行便のある沖縄、テーマパークなら東京ディズニーランドと相場が決まっています。

いろんな街を見て思ったのは、景気云々の前に、やはり親の影響は大きいという事。
商店街の活性化で躍起になっている土地ほど、この「親子の習慣関係」を分析するといいのでは?

園内は中央部が“本物の電車”高浜線で分断されていて入り口側には梅や桜などの鑑賞区域があります。

鉄道記念物に指定されている本物の“坊ちゃん列車”も展示

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今や松山の新名物となった街中を走る“坊ちゃん列車”の元となったもの。

中央の高浜線の線路をくぐると。。。

クリックすると元のサイズで表示します

乗り物エリア。

平日、夕方となればガラガラを予想していたが、意外といろんなアトラクションが動いている。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

時々、本物の電車(高浜線)もアトラクションに混ざって駆け抜けてゆく

クリックすると元のサイズで表示します

奥には野外ステージがある。

クリックすると元のサイズで表示します

お決まりの「着ぐるみショー」や漫才、歌謡ショーなど、ステージ後方のジェットコースターの騒音を物ともせずに様々なステージがありました。夏休みの夕暮れ時のショーの印象が残っています。

クリックすると元のサイズで表示します

やはり今でもアトラクションの一番人気は・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
キャメルコースター

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
コースターの向こうは海。夕暮れ時のこの光景はきっと忘れないでしょう

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
貸切状態でムービーに記録する派も・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

コースターの先は海水浴場。海岸沿いを梅津寺駅ホームに進入する高浜線。

クリックすると元のサイズで表示します

さて。

駅に戻るとこんな案内板・・・

クリックすると元のサイズで表示します

消え行く梅津寺パークは片隅に・・・・。「坂の上の雲」を前面に押し出した案内図のようです。

クリックすると元のサイズで表示します
やはり僕等はこの図、「高浜線と梅津寺パーク」

海沿いという事もあって施設の老朽化もあるんでしょうが(事実、大観覧車は数年前に撤去された)、子供向けの平和な遊園地が一つ消えて行くのは淋しい限りです。

クリックすると元のサイズで表示します

帰りに乗り込んだ車内。
やはりガラガラ。。。。そうでしょ、そうでしょ、遊園地の終焉なんて誰も興味ないものねぇ、、、

うん?
何か違うぞ?

この電車は伊予鉄のオリジナル車ながら日比谷線を走る東武電車と同じ設計。
でも、なんだか違う。。。。

あ、!

ドア付近とか通路のスタンション・ポールが無いんだ〜。
だから車内がすっきり〜。

まぁ、この乗り具合じゃ、スタンション・ポールなどいらないなぁ、、と思っていると、

クリックすると元のサイズで表示します

次の駅であっという間に満員に。
これじゃ明大前辺りとなんら変らない光景。

でもどことなくのんびりしているのは松山だからかな?

梅津寺パークは無くなっても、梅林や坊ちゃん列車の展示、その他の施設は残るそうです。
3月15日までにお別れ出来る人は是非!

赤松敏弘MySpace

そして、

新装!オフィシャルサイト
赤松敏弘Vibraphone Connection

チェキラ!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ