2009/4/1

ボルガかボストンか?  水曜:これは好物!


全国には面白い御当地モノがたくさんあります。
しかし、いくら週末は高速がどこまで乗っても千円だから、と遠出して見聞を広げるのはちょっと無謀。
やはり時間と余裕の旅で出会うと感激の度合いも違うというもの。

最近はわざわざ出向かなくとも、御当地モノがコチラへ出張してくれることもあります。
駅弁しかり、物産展しかり。

が・・・

やはりその筋での御本家ならいざ知らず、時には、似て非なるもの、、、で思わず目を疑うような「似非」モノに出会う事も。

でも、勇気を振り絞ってその「似非」モノを食してみたら、ありゃりゃ? 案外グッドかも、という別の収穫に繋がることもあります。
B級グルメは変形してもB級グルメなんですね。

ある時、スーパーで見慣れぬパッケージ。うん?

クリックすると元のサイズで表示します

なに?なに?

クリックすると元のサイズで表示します

ヲイヲイ!

本当かよ〜。
これでボルガ・ライスだと〜〜!

って、越前市ってどこよ〜?そんな街ってあったっけ?

うん?武生市の事じゃないか。
また無駄に地名が増えたゾ・・・ブツブツ。。。

それは置いておいて。

クリックすると元のサイズで表示します

まったく似てもない非なるもの。

そもそもボルガライスはB級グルメの宝庫、福井県は武生市(現在は越前市)周辺に広まっている洋食ライス。

本物はコチラ(↓)の有名店の紹介をチェキラ!

ボルガライスならヨコカワ分店・福井県越前市[グルメGyaO]

要するに、オムライスの上にトンカツが乗ってデミグラスソースがかかったライス。
B級グルメの基本のような洋風丼とでも申しましょうか・・・

それがア〜タ、アレンジされてこの姿・・・・
福井県民の皆様が見たらきっと怒るだろうなぁ。。

クリックすると元のサイズで表示します

ちゃんと自ら由縁を書いているのに、
肝心の“船”に見立てたオムライスがスクランブルエッグとケチャップライスで分離しているし・・・・
“荷物”に見立てたカツは荷崩れを起こして端っこに寄っているし・・・
本来“川”に該当すべくかけられるデミグラスソースも由縁とは無縁の位置・・・

まったくもって、こりゃイケません光線を発したくなったのですが、
これも何かの縁。
この変形ボルガライス風スクランブルエッグ・カツ弁当を購入してみました。

ら!

これが案外旨かったりするんですね。

確かに本家本元のボルガライスとは比べ物になりませんが、まったくの別物として、カツとスクランブルエッグとデミグラスソースの相性がバツグンだったのです。

ただ・・・

あまりにも福井のボルガライスとの差があるので、せめて「ボルガライス風洋風カツめし」とでもしてほしかった。そうすれば堂々と紹介できたのになぁ。惜しい!

ところで、福井県はB級グルメの宝庫です。
特に洋食系では「御当地グルメ」が今でもきちんと残っていて、行くと必ず食します。

一つはヨーロッパ軒の「ソースカツ丼」。(このブログ水曜日“これは好物!”の第一弾06年3月22日で紹介
もう一つがこの武生の「ボルガライス」
どちらも東京からダイレクトに伝わった当時のレシピが今日まで残っているようです。

で、どうやらこの「ボルガライス」の元祖は東京・浅草の洋食屋さんらしいのですね。
面白くなってちょっと調べてみたらありました。

東武鉄道が毎月配布している「マンスリーとーぶ」に下町洋食物語という記事があって、それによるとボルガライスはボストンライスとも呼ばれていたようです。
浅草にはたくさんの洋食屋があったので海外の地名を使ったメニューが多かったのでしょう。
ハヤシライスの「ヨシカミ」、ちょっと不思議なチャップッスイの「リスボン」。。。。浅草は洋食屋のメッカですね。

さて、そうなると「ボルガ川」を渡る船をイメージした“ボルガライス”の元が、もしもボストンライスだとしたら・・・

ううん。。。

ボストンだとすれば川はチャールズリバーになりますが、残念ながらボストンは海に面しているので海運のほうが盛ん。そうなるとこの由縁と矛盾してしまいます。チャールズリバーはボート競技程度しか航行が無く、とても水運が栄えたとは思えないほど海運で栄えた街。ボストンには3年住んだのでこれははっきり断言できます。

となると・・・

「ボルガ」という記憶が「ボストン」と間違っていたのではないかな?
(レストラン「藤木」でボストンライスをオーダーした人が・・・)

などと、勝手な憶測を巡らしてしまうのでした。

いずれにせよ、洋風ライスものの「御当地グルメ」、いいですねぇ。
金沢にも「ハントンライス」という洋風御当地ライスがあるんですが、残念ながらこちらはまだ未食。
この分野、北陸方面熱いですねぇ。
そうなると、富山にも何か無いのだろうか?

コチラはヴィブラフォンでもヴァイブでもビブラフォンでも同じ!世界のvibraphone奏者に直結!
赤松敏弘MySpace

そして、

オフィシャルサイト
赤松敏弘Vibraphone Connection

チェキラ!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ