2009/5/6

これは驚きで思わず拍手喝采!・・・  水曜:これは好物!


昨日は「こどもの日」でしたがこちらはまったく関係なく一日ヴィブラフォンのレッスン漬けの日でした。
いっその事、6月6日は「大人の日」とかにして二十歳以上の大人が子供に奉仕してもらう日でも作ってみてはどうでしょう?

最後の“新MM嬢改めグリフォレ嬢”が帰ったのはもうすぐ午後8時にならんとする頃。
東京地方は夕方からスコール的な雨で急変した天候も少し落ち着いていました。

さて、「これは好物!」の前に昨日の続きから・・・・

このゴールデンウイークの「1000円高速」騒動について書いていたら、沖縄のユーザーの方から「こちらはまったく蚊帳の外で観光地はGWの客が減って大変そうです。沖縄の高速道路は1000円を超える区間がほとんどないですから・・」というメールを頂きました。

すっかり忘れさせられてましたよ、渋滞報道ばかりでその事を。

沖縄ばかりか北海道も同様で、北海道は「1000円割引」の恩恵はあるものの他の地域からの車の流入が殆ど無いので渋滞は少なく、むしろ歓迎一色なのでは??

それを証明するのがこちらの画面↓
クリックすると元のサイズで表示します
5月5日午後7時55分の高速道路渋滞状況(赤色=渋滞中)

メールチェックのついでに日本道路交通情報センターのHPを覗いてみたら・・・

北海道と沖縄は渋滞ゼロ。
他からの流入車両が殆ど無い地方では「1000円高速」は恩恵あって百害なし・・か?
いや、メールにあったように他からの観光客が減った害はあるような・・・

ザ〜っと見ると西高東低の渋滞状況にも見えますが「日没」に約1時間の差があるという事を加味しないと過ちに。
東京が午後6時には真っ暗でも西日本はやっと夕暮れなんですから。
おのずと人の行動パターンにも影響が出ますね。
西高東低に見えるのは日没の時差による行動パターンの違いが大きいのです。

帰路の混み方から見れば、この「1000円高速」で大量に車が流入した地域が想像出来ますね。

クリックすると元のサイズで表示します
関東から東北道で向える仙台〜盛岡エリア、

クリックすると元のサイズで表示します
関越道と上信越道を中心とした信州〜軽井沢エリア

クリックすると元のサイズで表示します
関東からも関西からも向える北陸エリア、

クリックすると元のサイズで表示します
関西から向える紀伊半島エリア、

クリックすると元のサイズで表示します
同じく関西と山陽から向える明石海峡大橋〜四国〜しまなみ海道エリアと、同じく山陽道で向える東は関西、西は九州エリア、

クリックすると元のサイズで表示します
北九州から向える南九州エリア・・・・

それぞれの上り線でまだ渋滞している様子からこれらの車の行動パターンが読めます。

特に山陽道界隈の渋滞と明石海峡大橋経由で神戸に向う渋滞、しまなみ海道経由で山陽・広島方面に向う渋滞が目立ちます。讃岐うどん食べ周りでもやったのでしょうか?(笑)

ともあれ、今回の狂奏曲からわかったのは、本当に「1000円高速」の恩恵を受けたいなら、

(1)今日(5日)出発でどこかに一泊。明日の夜のんびりと戻るというコース。
(2)GWは北海道に好みの交通機関で移動し、現地でETC付きのレンタカーを調達してドライブ旅行。

このどちらかが一番賢い「恩恵」の受け方でしょう。
今や鉄道でも飛行機でもレンタカーをセットした割引切符が発売されていますからね。

いくら「1000円」でも、渋滞によって走れる距離には限界があり、渋滞で浪費する時間はエネルギーが無駄。
もしもこれが行楽では無く災害などの非常事態だったら・・・・と思うとゾッとしました。
報道機関もこれからは安易な「渋滞予想」などは慎むべきですね。


さてさて・・・・

ここからが本日の本題!

何でもそうですが、「初もの」は大好きです。
ましてや、それが登場を想像出来るもので、尚且つ今まで登場していなかったものとなれば。

パスタ!

そう、

パスタでは、お手軽に作れてしかも満足度の高いものがこれまでありませんでした。

それをインスタント、しかもカップで実現させてしまった!
これは凄い!

そうなんです。

クリックすると元のサイズで表示します
『デュラムおばさんのフィットチーネ・ペペロンチーノ』(サンヨー食品製)

サンヨー食品と言えば即席麺の「サッポロ一番」で有名な即席麺の専門メーカー。
カップ麺も多数あるが、さすがにパスタは初。

しかし、実は以前高崎のライブハウス(実はこの店のパスタが評判)に行った時に、店で提供している麺が美味しいのでいろいろと尋ねたら、近所にあるサンヨー食品から仕入れているという話を聞いていた。
このサンヨー食品、元々は群馬県のメーカーで今も本部がある。

研究熱心で世界中の麺を常に輸入し研究しているとその時も聞いていた。

そのせいかどうか、高崎という街は実に「パスタ」な街で、讃岐うどんの高松に匹敵するほど「パスタ屋」が多い。
そんな「上州の麺な街」で(恐らく)商品開発されて出て来たのがこの商品。

カップ麺スタイルのお手軽パスタはクイックメニューのレンジクック類も含めるとかなりたくさんある。
生麺スタイルや冷凍も合わせれば、数も豊富で別に珍しくもない。
わざわざココで取り上げるものでもない・・・・・・

が・・・・

・・・・・・これは違う!

単なるカップ麺のパスタ版。
特に特別な作法や作り方があるわけでもない。

だから凄い!んだよ。

クリックすると元のサイズで表示します
包装を取ればまるでカップラーメンと同じ。中からソースと“薬味”を取り出す

クリックすると元のサイズで表示します
これだけ?と思うくらい何にもない。仕様はカップラーメンそのものだ。

クリックすると元のサイズで表示します
熱湯5分。ソースを蓋の上に乗せて温める・・・ってラーメンそのものよ、これじゃ。

さて、5分後。湯きり口からお湯を捨ててパスタソースをからめる。
そして「トッピング」(つまり薬味ね)をからませて出来上がり。

クリックすると元のサイズで表示します
ハイ!

いかにも見た目はカップが冴えない感じなんだけど、パスタソース(液体)をからめた辺りから周囲にはただならぬ香りが漂ってパスタ好きならついソラレてしまうハズ。

トッピングもフライドガーリックに赤唐辛子、ソースからは明らかにアンチョビの香りも・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

ヲイヲイ、こりゃ〜いけませン、いけませンって!!

クリックすると元のサイズで表示します

麺もきっちりアルデンテ。
オリーブオイルとアンチョビの風味、ピリッとした赤唐辛子がまたイカス。
これ、本当にカップ麺パスタ??

ヤバイです。

マジ。

実は2月にあるコンビニで先行販売されていてその時に食してその見事さに「あっぱれ!」だったのです。
この春からどこのコンビニ、スーパーでも見掛けるようになりました。

この『デュラムおばさんのフィットチーネ』シリーズにはもう一つ「たらこ」もあるんですが、こちらは今ひとつ感激がありませんでした。

買うなら断然この「ペペロンチーノ」です!

騙されたと思って見掛けたら是非お試しください。
この値段、手軽さでこの味覚。
赤丸急上昇!

これは立派な究極のB級グルメです!


新曲アップでさらに充実!世界のヴィブラフォン奏者へ直結!
赤松敏弘MySpace

そして、オフィシャルサイト
赤松敏弘Vibraphone Connection

チェキラ!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ