2009/5/9

Have you ever seen the rainbow?  日記


昨日は虹を見ました。
しかも自宅から。

クリックすると元のサイズで表示します

夕方、出掛けようとして部屋から空模様を覗いたら・・・・

外には見事な虹。

思わずシャッターを切ってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

いつ振りでしょう、こんなに見事な虹を見上げたのは。

空に一筆のアクセントのよう・・・

クリックすると元のサイズで表示します

音楽では「虹」が付く曲がたくさんあります。
この自然の立体ショーはいつの時代でも人の心にインパクトを与えます。

"Over the Rainbow"・・・あまりにも有名なミュージカル映画『オズの魔法使い』の劇中歌。♪Somewhere over the Rainbow・・・いい曲です。

クリックすると元のサイズで表示します

"Antonio's Song (The Rainbow)"・・・AORの重鎮マイケル・フランクス70年代のヒット曲でアントニオ・カルロス・ジョビンに捧げられた曲。このアルバム(『Sleeping Gypsy』)は全曲空を眺めながら聴ける傑作だったなぁ。

クリックすると元のサイズで表示します

アメリカのロックバンドCreedence Clearwater Revival(CCR)の70年代のヒット曲に"Have you ever seen the rain?"という曲がありました。別にロック好きでなくても毎日毎晩ラジオから流れていれば中学生程度なら覚えてしまいます。
今日のタイトルはそれを捩ったものなんですが、実際の”Have you ever seen the rain?"(邦題:雨をみたかい?)はベトナム戦争に対する反戦歌だったのでアメリカでは放送禁止だったそうです。
当時、ラジオから流れてもメロディーばかり頭に入って歌詞などはおぼろげながらにしか聴いてなかったのですが・・・

ブリッジの部分にこんな歌詞があります。

I want to know, Have you ever seen the rain?
I want to know, Have you ever seen the rain?
Comin' down on a sunny day?

中学生の耳には天気雨の事だろう、くらいにしか受け止めていなかったこの「天気に降る雨」というのが、ベトナム戦争で使われたナパーム弾の事を意味するんだそうです。

そうだったのかぁ・・・・



ああ、この曲かぁ。。と思い出せる人は僕と同じようにこれが反戦歌だったとは知らなかったのでは?
ブリッジの ever〜 と seen〜 の所を妙に強調する歌い方でこの曲とクリーデンス・クリアーウォーター・リバイバルという長〜いバンド名を今でも覚えているのです。

戦争などない21世紀でありますように。
空に架かる虹を見上げながらそう思いました。

クリックすると元のサイズで表示します


新曲アップでさらに充実!世界のヴィブラフォン奏者へ直結!
赤松敏弘MySpace

そして、「音楽体験記」アップとちょっとだけ衣替えのオフィシャルサイト
赤松敏弘Vibraphone Connection

チェキラ!
タグ: 時事 ネタ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ