2009/10/5

2009ツアー・NAGI MOCA ヴィブラフォン・ソロコンサート満員御礼!  ■ツアー特集:東海道〜南海道右往左往


すっかり更新が遅くなってしまいましたが、只今東京に戻って来ました。

土曜日(10月3日)の、岡山県は奈義町現代美術館でのソロ・コンサートにたくさんの御来場をいたただきましてありがとうござました。

さっそく奈義町から過去16回のコンサート中最大の反響というメールが届き大変嬉しく思っているところです。

クリックすると元のサイズで表示します

今、当日録音された音源を聴きながら更新しているところですが、美術館のオブジェの中にステージをセットする、というシチュエーションにインスパイアーされた特別な日だった事にまず間違いありません。

初めての即興によるヴィブラフォン・ソロも含めて第一部はソロ8曲(内、完全な即興曲4曲)、第二部はソロで6曲(内、完全な即興曲1曲)、ゲストを迎えてバンド編成で3曲、アンコールはソロで1曲、さらに再アンコールをいただき完全な即興曲を1曲。

その昔、キース・ジャレット達がやっていた完全な即興演奏を楽しむ、という事を今やってみたくなったのです。
当時と違ってジャズはもはや普通の音楽。何も特殊ではなく、お酒を飲みながらご飯でも食べながら耳を傾ける音楽になってしまいました。

それも悪くはないのですが、何か、こう・・・

もうちょっと普段着とは違うものはないのかね?
メシなんかいらんから、面白いもんを聞かせてくれ!

という音楽ファンが世の中には増えています。

そこでしか聞けない音楽。

純粋な即興演奏はそういう音楽の一つ。
ピアノの世界ではそう珍しい事ではないのかも知れませんが、ヴィブラフォンの世界では恐らく初に近いでしょう。
それを昔のように演奏者はただ演奏して終わり、という形ではなく行う事。
今回の大きなテーマでした。
オブジェの中というシチュエーションは正にズバリ的中だったと思います。
また、“お題拝借”を即興演奏の入口に据えたのはお客様とのコミュニケーションの点でも個性になったと思います。

もう一つ、僕にとっては第二の故郷とも呼べる津山、美作地方でこの特別な試みにチャレンジ出来たのも大きな励みです。
このコンサートを企画して呼んでくれたのも津山時代に一緒に演奏させてもらっていたベースの小坂さんの発案によるもの。
そして高校・大学時代の友人もたくさん集まってくれて、さらに高校音楽科時代の二人の担任、恩師も会場にお越しいただけた事など、僕がジャズや即興演奏を始めた頃を知る人達がそこかしこに居るわけですから、普段のライブやコンサートとはまったく精神状態が違います。

また、会場には東京から駆けつけてくれた弟子あっきぃ御一行様やHitomi嬢などの姿も。
30年という時間を行き来する顔ぶれが揃っているのも刺激になる。

クリックすると元のサイズで表示します
まもなく開場。美術館のエントランス前には長蛇の列

さて、このような個人的に見てもいやがおうにもテンションの上がるシチュエーションに加えてお集まりいただいた約200人のお客様とどんな一夜が出来るか・・・

クリックすると元のサイズで表示します
夜の美術館とは思えないほど活気で溢れた喫茶室

今夜は観月(美術館の上空を中秋の名月が通過する)のお茶とお菓子がコンサートに付く。
また、普段は入れない夜の美術館(コンサートの後、午後10時過ぎまで開放)も楽しめる。

クリックすると元のサイズで表示します
まもなく開演。本日の司会進行役は主催の岸本学芸員が勤める

クリックすると元のサイズで表示します
第一部がスタート

ワイヤー・アートの「うつろひ」の中に楽器をセットし、そのオブジェと生演奏の融合を楽しむ。
作品の中に立ち入る事は滅多に出来ないので、このシチュエーションだけでもテンションは上がる。

僕から一つアイデアを出した。
照明を真横から当ててほしい、と。
ステージ後方に巨大な影絵が出現。

クリックすると元のサイズで表示します

横長のステージなので端の人からはステージが遠いので影絵で楽しんでもらおうと・・・

クリックすると元のサイズで表示します

今日は何をやったのかをメモしながら進行。既成の曲をやる場合、曲のキーがダブらないようにリストを作ってステージに持参した。演奏したら素早く次にやる曲のキーをチェキラ。

クリックすると元のサイズで表示します
完全な即興演奏をするには曲目リストは必須だった。お客様からいただく最初の“音”が何になるかわからないのと、その演奏が何調になるのか僕も予測できないからだ。極力デタラメに聴こえるフリージャズ風な演奏は避ける為に。


クリックすると元のサイズで表示します

完全な即興演奏をこの場にいるお客様と一緒に創り上げて楽しもうと“お題拝借”を取り入れた。「即興で曲を作りながら演奏したいので誰でもいいからメロディーとなる最初の音をドからシまでの音で、お好きな音をどうぞ」と客席に問いかける。

すると嬉しいことにすぐに反応が返ってくる。
さすが音楽の土壌が豊かな美作地区だ。

そっさくその音から即興演奏に入る。
自分でやりながら、これがとっても楽しい。

クリックすると元のサイズで表示します

次々にお題(音)をいただく。
何だか落語にもこういうやり方があったなぁ、と。

クリックすると元のサイズで表示します

どんどんソロも進み、第一部が終了。

クリックすると元のサイズで表示します
休憩時間に観月の“お茶とお菓子”が振舞われる喫茶室は大わらわ

クリックすると元のサイズで表示します
山の中の美術館は煌々と灯りが点って只今休憩中・・・

第二部がスタートし、後半には本日のゲストをお迎えした。

クリックすると元のサイズで表示します

御登場いただくのは・・・

クリックすると元のサイズで表示します
旧知の音楽仲間、そして今回のコンサート発案者でもあるベースの小坂さん

クリックすると元のサイズで表示します
昨夜津山のセッションで初めて共演したばかりとは思えないフルートの吾郷さん

クリックすると元のサイズで表示します
どんどんオブジェの中に人が増える、というのも面白い構図

そして、

クリックすると元のサイズで表示します
恩師でもあり、僕を東京に送り込んでくれた恩人でもあるドラムの下山さん。下山さんがいなかったらその後の僕の人生はどうなっていたのだろう・・・? 本当にそう思う。そんな人と30年振りに再び演奏出来るなんて!この二日間は感激の連続だった。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ゲストを迎えた3曲で終演の予定でしたが、「まだまだ」との事で急きょアンコールにソロを。
さらにアンコールをいただき、ここで最後の完全な即興演奏の最初の音は高校音楽科の恩師で担任でもあったTOMOYUKI先生に決めていただく事に。

一瞬、お約束的なギャグで会場も沸いたところで(笑)、本当に最後の即興演奏で幕を閉じました。

クリックすると元のサイズで表示します

僕自身としても、今回のチャレンジはとても勇気付けられました。
奈義町現代美術館という素晴らしい環境に、音楽を一生のものと決めた土地で、そしてそのスタートを知っている人達の前で、ジャズとかそういう狭い括りから開放されて、高校の頃のような原点に戻った気持ちで演奏出来た事に、心から感謝。

コンサートに御来場いただいたみなさん、即興演奏の糸口を提供してくれたお客様、このコンサートを企画し運営されている奈義町現代美術館のスタッフのみなさん、津山のミュージシャンのみなさんに、心から感謝。

そして・・・

クリックすると元のサイズで表示します
大切な人。高校二年の時の担任、YOKO先生。御結婚されて何と僕と同じ名前に。思いの丈を当時新任だった彼女にぶつけていた。この日会えるとは思っていなかったので涙が出るほど嬉しかった・・・

クリックすると元のサイズで表示します
大切な人。高校時代1年と3年の時の担任、TOMOYUKI先生。いつもダンディーな先生は都会の空気を吹き込んでいた。そしてあの頃と同じように周りにはあっと言う間に人が集まる。
後列は高校音楽科同窓生軍団、前列の大学同窓生軍団にはホームページの「音楽体験記」で学生時代毎週出演していたテレビ番組に一緒に出演していたベースの吉田君の顔も。彼は高知から駆けつけてくれた。

また一つ、何かが残せたような気がします。

演奏曲目リスト

[第一部]全曲ヴィブラフォン・ソロ

Opening - PERSPEX.......by T.Akamatsu
CORAL.......by K.Jarrett
NAGI MOCA SUITE Oct.2009/part-1/Fa.....by T.Akamatsu
NAGI MOCA SUITE Oct.2009/part-2/La-Ti.....by T.Akamatsu
LONDONDERRY AIR...Traditional
NAGI MOCA SUITE Oct.2009/part-3/Re....by T.Akamatsu
NAGI MOCA SUITE Oct.2009/part-4/Mi-Do....by T.Akamatsu
WE'RE ALL ALONE..........by B.Scaggs

休憩

[第二部]

SOME OTHER TIME(ソロ)..........by L.Bernstein
NAGI MOCA SUITE Oct.2009/part-5/SUN(ソロ)....by T.Akamatsu
MY FUNNY VALENTINE(ソロ)..........by Rodgers/Hart
MY FOOLISH HEART(ソロ)..........by V.Young
THE GLEANER(ソロ)..........by T.Akamatsu

THE GIRL FROM IPANEMA(バンド)........by A.C.Jobim
GREEN DOLPHIN STREET(バンド)........by Kaper
AUTUMN LEAVES(バンド)..........by J.Mercer

アンコール

O GRANGE AMOR(ソロ).........by A.C.Jobim
NAGI MOCA SUITE Oct.2009/part-6/Si(ソロ)....by T.Akamatsu


世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、ちょっぴり秋用に衣替え・オフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

秋のライブツアー。今年は東京・横浜・岐阜・京都(非公開)・大阪・津山・奈義・宇多津(非公開)・松山。
詳細はコチラのブログにも → 『秋到来!ツアー情報』(09年9月4日のブログ)

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します
≪着JAZZフル≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うたフル・ビデオクリップ>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ